2010年04月14日

綾辻行人先生、次回作は「奇面館の殺人」!!

「Another」で話題の綾辻行人先生。
その次回作は館シリーズ最新作「奇面館の殺人」で決まりのようです!!

「奇面館の殺人」といえば「どんどん橋、落ちた」等で何度か取り上げられたタイトルですが、進捗状況が見えず幻とされていました。

ところが、4月12日発売の「野性時代」5月号(78号)。その特集「もっと楽しく読むためのミステリ小説再入門」内「ミステリ作家の思考方法 作家解剖インタビュー」という綾辻先生の記事にて執筆について触れられていました。「(奇面館の)創作ノート」なる語句も飛び出してます。
これは来年くらいには「館シリーズ」最新作が手許に届くかも……。

他にも「水車館の殺人」は当初タイトルが「風車館の殺人」であったことも明かされています。

<野生時代5月号(78号)目次>

特集 もっと楽しく読むためのミステリ小説再入門
1時間目 課外授業 あの名作の現場へ
軍艦島 『puzzle』 恩田 陸
人形町 『新参者』 東野圭吾
円形大広間 『ロスト・シンボル』 ダン・ブラウン
2時間目 公開講座 特別対談 桜庭一樹×道尾秀介 ミステリが好きな理由
3時間目 集中講座 ミステリ小説の歴史と変容 国内編
4時間目 専門講座 ミステリ作家の思考方法 作家解剖インタビュー 綾辻行人
5時間目 中間テスト 科目:シャーロック・ホームズ ベイカー街の謎
6時間目 集中講座 ミステリ小説の歴史と変容 海外編
7時間目 自由課題 どちらでも楽しめる! 原作vs.映画
8時間目 課題図書案内 まずはこれから読んでみよう
国内外計30冊ブックガイド
9時間目 期末テスト 科目:ミステリ全般
10時間目 特別寄稿 米澤穂信 割り切れないんですよ
Cover Interview 大野 智
11時間目 創作 六つの謎・六つの挑戦――最新ミステリ短篇
貴志祐介|歪んだ箱
海堂 尊|マニッシュ・リーパーの変容
石持浅海|復讐者
曽根圭介|義憤
初野 晴|ヴァナキュラー・モダニズム(日常に根ざした建築様式)
伊岡 瞬|やわらかい甲羅

米澤穂信先生も特別寄稿されてますね。
野生時代78号に要注目!!

2011年10月23日追記:『奇面館の殺人』の発売時期が明かされました。
詳しくは下の記事よりどうぞ!!

『奇面館の殺人』発売日決定か!?2012年1月初旬、講談社ノベルスにて発売予定!!

◆関連リンク(外部サイトに繋がります)
野生時代公式HP(角川書店)
http://www.kadokawa.co.jp/yasei/

インタビューの掲載された「野性時代 第78号(5月号)」です!!
野性時代 第78号 KADOKAWA文芸MOOK 62331-80





「どんどん橋、落ちた (講談社文庫)」です!!
どんどん橋、落ちた (講談社文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さん情報!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。