2010年04月14日

謎の作家「越前魔太郎」さんの正体は?

謎の作家「越前魔太郎」さんが話題になっています。

ソースの「asahi.com」さんによれば―――

ライトノベルの世界でいま勢いがある「講談社ノベルス」と「電撃文庫」(アスキー・メディアワークス)という二つのレーベルが手を組んで、謎の覆面作家をデビューさせた。

その名は、越前魔太郎。やはり正体不明の作家として知られる舞城王太郎が、映画の原案のために創造した人気作家の名前をもらった。

越前魔太郎は講談社ノベルスが6日に刊行した『魔界探偵 冥王星O(オー) ヴァイオリンのV』、電撃文庫が10日に出した『魔界探偵 冥王星O ウォーキングのW』でお披露目され、8月までに合わせて6作品を刊行する。

凝っているのは、6作品はすべて別の作家が書くこと。越前魔太郎は6人いるわけだ。「ライトノベルの世界では有名な作家たち。正体を明かした方が何倍も売れる人たち」らしい。

両者のコラボレーションは、出版界を元気にするための「祭り」という。この競作は、越前魔太郎の正体暴きとともに注目を集めそうだ。(西秀治)
(asahi.comさんより)


果たして「越前魔太郎」さんの正体とは?

2010年9月3日追記:ついに「越前魔太郎」さんの正体が判明しました。

それは……「乙一先生、秋田禎信先生、新城カズマ先生、入間人間先生、御影瑛路先生、折口良乃先生、相生生音先生」という錚々たるメンバーでした。
そしてラストを飾るのはもちろん、舞城王太郎先生です。

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・〈本の舞台裏〉「越前魔太郎」で競作(asahi.comさん)
http://book.asahi.com/news/TKY201004130310.html

「魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV (講談社ノベルス)」です!!
魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV (講談社ノベルス)





「魔界探偵冥王星O―ウォーキングのW (電撃文庫)」です!!
魔界探偵冥王星O―ウォーキングのW (電撃文庫)



ラベル:越前魔太郎
【関連する記事】
posted by 俺 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 既刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック