2010年04月19日

月曜ゴールデン「湯けむりバスツアー桜庭さやかの事件簿2 『連続女子高生殺人〜復讐の鬼と化した父VS追う刑事!金沢・能登緊迫のバスツアーが哀しき家族の絆を救う』」(4月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「湯けむりバスツアー桜庭さやかの事件簿2
『連続女子高生殺人〜復讐の鬼と化した父VS追う刑事!金沢・能登緊迫のバスツアーが哀しき家族の絆を救う』」(4月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

湯けむりバスツアー桜庭さやかの事件簿1

気は強いが人情に厚いベテランバスガイド・桜庭さやか(萬田久子)と、イケメンなのにへタレの年下運転手・富田林太郎(葛山信吾)コンビは、今回「金沢・能登・山代温泉3泊4日」のバスツアーの担当になった。今回の添乗員は、さやかが苦手としている牧野(渡辺いっけい)。出発前日、さやかは、このツアーに客として捜査一課の刑事・田之倉(逢坂じゅん)と目黒西署の江坂(中林大樹)が同行することになったと牧野から紹介された。殺人容疑のかかっている柿沢幸一(五代高之)という男の妻・咲江(坂口良子)がバスツアーに参加することが分かり、現在逃走中の夫に接触するためではないかと、彼女を尾行することになったのだ。
翌日、最初の目的地・金沢に向けツアーは出発した。兼六園に到着して間もなく、さやかたちは、咲江が見学もせず近くのコーヒー店で娘の元担任だった中原(宮本大誠)という男と一緒にいるところに遭遇した。咲江は、中原に娘の最後の日記を見せ、「加納有希、5269」と書かれたメモの意味を教えて欲しいと頼んでいた。そんな時、金沢市内では、咲江の娘をいじめていたもう一人の女子高生の他殺死体が発見された。警察は、柿沢幸一の犯行で金沢に潜伏中だと疑いを強める。その後、咲江から福浦港にいる義理の母に会いに行くと聞いたさやかは、無理やり富田林に彼女を尾行させた。そして、咲江が「明日、幸一に会うことになっている」と義母に伝えているのを聞いてしまう。
その一方で、さやかは偶然、能登金剛で柿沢幸一と書かれた遺書を発見し、愕然とする。幸一は、自殺したのだろうか…!?
(公式HPより)


では、続きから……。

中原も殺害され、警察は柿沢幸一の偽装自殺を疑い幸一を追う。

湯けむりバスツアー桜庭さやかの事件簿2

そんな中ひょんなことから、さやかは咲江の娘の死の真相を知る。
咲江の娘は中原と同級生が交際しているのを偶然目撃。
それを相手に知られてしまい口封じに殺害されてしまったのだ。
だが、この殺人は自殺として片づけられてしまっていた。
幸一と咲江による復讐殺人ではないかと考えるさやか。

咲江を追及するさやかだが何かがおかしいと疑念を抱く。
そこからある推理へと到達したさやかは崖の上へと駆け出す。

湯けむりバスツアー桜庭さやかの事件簿3

そこには咲江がいた。
咲江は自殺しようとしていたのだ。
咲江の自殺を止めたさやかは自らの推理を述べる。
「幸一さんはすでに亡くなってますね」
幸一は娘の後を追い自殺してしまっていた。
咲江は幸一の自殺を伏し、自らの手ですべての復讐を行っていたのだ。
その際、相手を警戒させないために幸一の犯行に見せかけ、姑をも騙しさも幸一が生きているかのように仕組んだのだった。
「すべては復讐のためだった」と語る咲江に姑を引きあわせるさやか。
「もう、この世の中に家族は私たちしかいない」と訴える姑に咲江は説得され出頭することに。

こうして事件は解決した―――。

ツアー客はそれぞれが抱えていた悩みをこの旅行中に解決し、晴れやかに旅の終わりを迎えた。
ツアー客の残したさやかへのアンケートにはすべて高評価が記されていた―――エンド。

<感想>
ミステリ的には……微妙。
が、肩の力を抜いて気軽に観られるドラマ。

<キャスト>
桜庭 さやか(さくらば さやか):萬田 久子
富田林 太郎とんだばやし たろう :葛山 信吾

田之倉 周吉(たのくら しゅうきち):逢坂 じゅん
柿沢 とよ(かきざわ とよ):草村 礼子
柿沢 幸一(かきざわ こういち):五代 高之
桜庭 瞳(さくらば ひとみ):池田 光咲
桜庭 純平(さくらば じゅんぺい):永嶋 柊吾
本多 稔(ほんだ みのる):潮 哲也

牧野 安男(まきの やすお):渡辺 いっけい
柿沢 咲江(かきざわ さきえ):坂口 良子
(公式HPより、敬称略)


「バスツアー完全ガイド (別冊ベストカー)」です!!
バスツアー完全ガイド (別冊ベストカー)





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック