2010年05月09日

「ミアタリ」って?

「ミアタリ」って知ってますか?

警視庁捜査共助課「見当たり捜査班」さんのことです。
そんな「ミアタリ」さんを「MSN産経ニュース」さんが取り上げました。

長期間逃亡する殺人犯など、500人もの指名手配犯の特徴を頭にたたき込み街中から捜し出す男たちがいる。DNA型鑑定やNシステム(自動車ナンバー自動読み取り装置)など、科学捜査の手法が日進月歩の発展を遂げる一方で、男たちは驚異的な記憶力と鋭い勘だけを頼りに犯人を追いつめていく。男たちが所属するのは警視庁捜査共助課「見当たり捜査班」。古い手法のように思えるが歴史は意外と浅い。発足から10年を迎え、蓄積された経験と練度により最近、摘発の数が急増している。捜査の現場で何が起きているのか。職人技に迫った。(中村昌史)
(MSN産経ニュースさん)


ドラマ「相棒」でいうと、第三の男こと陣川さんの捜査手法がコレかな。
凄い記憶力が要求されそう。

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・【衝撃事件の核心】指名手配犯を追いつめる街頭の“眼光” その名は「ミアタリ」(MSN産経ニュースさん)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100508/crm1005081201014-n1.htm

「ミアタリ」を扱った「二重逆転の殺意―見当たり捜査25時 (トクマ・ノベルズ)」です!!
二重逆転の殺意―見当たり捜査25時 (トクマ・ノベルズ)





ラベル:ミアタリ
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ小説の種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。