2010年05月10日

誉田哲也先生「ストロベリーナイト」ドラマ化!!

「ストロベリーナイト」(誉田哲也著、光文社刊)がドラマ化されるとのことです。

2010年11月14日追記土曜プレミアム ストロベリーナイト「大ベストセラー小説初ドラマ化!!連続猟奇殺人事件のカギを握る感染死体…真相に迫る孤高の女刑事悲しみの過去と驚愕の結末!!」(11月13日)ネタバレ批評(レビュー)追加しました。
リンクよりどうぞ!!

「ストロベリーナイト」とは―――

詳しく知りたい方は「ネタバレ書評(レビュー)」がありますのでそちらをどうぞ!!

「ストロベリーナイト」(誉田哲也著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・続編「ソウルケイジ」はこちら。
「ソウルケイジ」(誉田哲也著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・短編集「シンメトリー」です。
「シンメトリー」(誉田哲也著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・「インビジブルレイン」はこちら。
「インビジブルレイン」(誉田哲也著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

とりあえずあらすじ等を知りたい方は続きをどうぞ!!

<あらすじ>

ストロベリーナイト1

溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された! 警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件で終わらないことに気づく。捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」が意味するものは? クセ者揃いの刑事たちとともに悪戦苦闘の末、辿り着いたのは、あまりにも衝撃的な事実だった。人気シリーズ、待望の文庫化始動!
(光文社公式HPより)


作者の誉田哲也先生は先頃映画になった「武士道シックスティーン」の原作者。青春小説から警察小説まで手広く扱う作家さんです。

姫川玲子シリーズは現在までに4冊刊行されています。
本作「ストロベリーナイト」に始まり、「ソウルケイジ」、短編集「シンメトリー」、「インビジブルレイン」がそれ。

本作「ストロベリーナイト」はシリーズの始まりに相応しく、各登場人物のキャラクターが色濃く出ていてなかなかの良作。
ただし、一部グロテスクなシーン等があり、映画ならばR15指定は堅い作品。
そのドラマ化とは?

ドラマ化ソースの「asahi.com」さんによれば―――

女優竹内結子(30)が、フジテレビスペシャルドラマ「ストロベリーナイト」(秋放送)で刑事役に初挑戦することが9日、明らかになった。60万部以上を売り上げた誉田哲也氏のベストセラーミステリーが原作で、連続殺人事件に直感と行動力で挑む捜査一課の女性刑事を演じる。ラブストーリーのイメージが強い竹内にとって初の刑事役で「今から緊張していますが、出演者の皆さんに助けていただきながら良いチームワークで撮影できたらと思います」と抱負を語っている。

竹内が演じるのは、ノンキャリアでありながら、鋭い直感と行動力を武器に捜査一課の主任警部補となったヒロイン、姫川玲子。自らもつらい過去を抱えながら、難事件に挑んでいく果敢な姿が見どころのひとつとなる。同局の成河広明プロデューサーは「竹内さんには、たおやかで、しなやかで、凜(りん)とした強い存在感があり、警察という男性社会の中で生きる女性刑事を魅力的に演じていただけると思う」と期待を寄せる。ヒロインと敵対する“ガンテツ”こと勝俣刑事役を武田鉄矢(61)が演じるなど、豪華キャストも話題になりそうだ。
(asahi.comさんより)


同じくソースの「サンスポ」さんによれば―――

女優、竹内結子(30)が今秋放送のフジテレビ系スペシャルドラマ「ストロベリーナイト」に初の刑事役で主演することが9日、分かった。

原作は作家、誉田哲也氏の同名ミステリー小説で60万部のベストセラー。ノンキャリアでスピード出世した警視庁捜査一課の女性刑事、姫川玲子が、殺人事件の捜査で浮上したキーワード「ストロベリーナイト」の謎解きに挑む。

これまで看護師、雑誌記者、医師など多彩なキャラクターを演じてきた竹内だが、刑事は初挑戦。フジ編成部の成河広明氏は「竹内さんにはたおやかでしなやかで、凛とした存在感があり、警察という男性社会の中で生きる女性刑事を魅力的に演じてくれると思います」と期待。竹内も「初の刑事役ということで緊張していますが、出演者のみなさんに助けていただきながら、よいチームワークで撮影できたら」と意気込んでいる。共演は武田鉄矢(61)、西島秀俊(39)ら。
(サンスポさんより)


主人公・姫川玲子に竹内結子さん。勝俣役に武田鉄矢さん。
キャストは他にも西島秀俊さん、桐谷健太さん、宇梶剛士さん、林遣都さん、生瀬勝久さん、嶋政宏さん、遠藤憲一さん、渡辺いっけいさん、国仲涼子さん、津川雅彦さん、谷村美月さんと錚々たるメンバーが名を連ねます。

竹内さんは玲子役としては線が細そうな気がしますが果たして……。
武田さんは嵌まり役でしょう。
これは楽しみです!!

詳細を知りたい方は「ネタバレ書評(レビュー)」がありますのでそちらをどうぞ!!

「ストロベリーナイト」(誉田哲也著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・続編「ソウルケイジ」はこちら。
「ソウルケイジ」(誉田哲也著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・短編集「シンメトリー」です。
「シンメトリー」(誉田哲也著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・「インビジブルレイン」はこちら。
「インビジブルレイン」(誉田哲也著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

2010年8月20日追記:ドラマ「ストロベリーナイト」の放送月と主題歌が決定しました!!

ソースの「ナタリー」さんによれば、「ストロベリーナイト」放送月は11月。
主題歌は柴咲コウさんの「EUPHORIA(ユーフォリア)」(11月3日発売)とのこと。

・柴咲コウ7カ月ぶりシングル「EUPHORIA」編曲はandrop(ナタリーさん)
http://natalie.mu/music/news/36448

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・誉田哲也原作の人気ミステリー『ストロベリーナイト』をフジテレビがドラマ化! この秋放送! 主役クラスの俳優、大集結!(フジテレビ公式HPさん)
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2010/100510-strawberry.html

・竹内結子テレビドラマで刑事役初挑戦(asahi.comさん)
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201005100037.html

・竹内結子ノンキャリ初刑事!フジSPドラマ(サンスポさん)
http://www.sanspo.com/geino/news/100510/gnj1005100505008-n1.htm

「ストロベリーナイト (光文社文庫)」です!!
ストロベリーナイト (光文社文庫)





「ソウルケイジ (光文社文庫)」です!!
ソウルケイジ (光文社文庫)





「シンメトリー」です!!
シンメトリー





「インビジブルレイン」です!!
インビジブルレイン





【関連する記事】
posted by 俺 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。