2010年05月16日

第10回本格ミステリ大賞発表!!

第10回本格ミステリ大賞(小説部門、評論・研究部門)の受賞作品が発表されました!!

受賞作については次のとおり。

・第10回本格ミステリ大賞小説部門受賞作
『密室殺人ゲーム2.0』歌野晶午(講談社)
『水魑の如き沈むもの』三津田信三(原書房)

・第10回本格ミステリ大賞評論・研究部門受賞作
『戦前戦後異端文学論』谷口基(新典社)


おめでとうございます!!

ソースの「読売オンライン」によれば―――

第10回本格ミステリ大賞(本格ミステリ作家クラブ主催)は15日、小説部門が、歌野(うたの)晶午さんの「密室殺人ゲーム2.0」(講談社)と三津田(みつだ)信三さんの「水魑(みずち)の如(ごと)き沈むもの」(原書房)に、評論・研究部門は、谷口基(もとい)さんの「戦前戦後異端文学論」(新典社)に決まった。

歌野さんは第4回以来2度目の受賞。
(読売オンラインさんより)


ソースにある通り歌野先生は2度目の受賞になります。
これは記録です。
受賞作は下記に商品リンクありますので興味のある方はどうぞ!!

ちなみにノミネートされていた作品はこちら。

第10回本格ミステリ大賞小説部門候補作
『Another』綾辻行人(角川書店)
『追想五断章』米澤穂信(集英社)
『花窗玻璃』深水黎一郎(講談社)
『密室殺人ゲーム2.0』歌野晶午(講談社)
『水魑の如き沈むもの』三津田信三(原書房)

第10回本格ミステリ大賞評論・研究部門候補作
『アジア本格リーグ』島田荘司選【出版企画に対して】(講談社)
『英文学の地下水脈』小森健太朗(東京創元社)
『戦前戦後異端文学論』谷口基(新典社)
『都筑道夫ポケミス全解説』小森収編集(フリースタイル)
『ミステリ・ジョッキー2』綾辻行人・有栖川有栖(講談社)

「水魑の如き沈むもの」「追想五断章」については過去記事ありますね。
(「水魑の如き沈むもの」ネタバレ書評はこちら。 「追想五断章」ネタバレ書評はこちら。)

◆関連過去記事
第10回本格ミステリ大賞(小説部門、評論・研究部門)ノミネート作品発表!!

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・本格ミステリ大賞決まる(読売オンラインさん)
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20100516-OYT1T00156.htm

・本格ミステリ大賞:小説部門は歌野晶午氏と三津田信三氏(毎日jpさん)
http://mainichi.jp/select/today/news/20100516k0000m040015000c.html





「戦前戦後異端文学論―奇想と反骨― (新典社研究叢書)」です!!
戦前戦後異端文学論―奇想と反骨― (新典社研究叢書)





【関連する記事】
posted by 俺 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説賞関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。