2010年05月18日

「三國志」魏の武将・曹休の墓発見か?

「三國志」における魏の有力武将(演義では不遇ですが……)である曹休の墓と思しきものが発見されたとのニュースです!!

曹休といえば曹操の族子にして「わが家の千里の駒」と称された将軍です。主に呉方面を担当していました。

ソースの「MSN産経ニュース」さんによれば―――

曹休1

18日付の中国紙、新京報によると、河南省文物局は17日、同省洛陽市孟津県で「三国志の英雄」として知られる曹操(155〜220年)の武将である曹休の墓を発見したと発表した。「曹休」と刻印された2センチ四方の銅製の印が出土したことから特定したという。

曹休2
「曹休の印」


墓は東西約50メートル、南北約20メートルで、50歳前後の男性と40歳前後の女性の遺骨が見つかった。

同紙によると、曹休は曹操とは血縁関係はないが、実子のようにかわいがられた。魏の武将として活躍し、228年に洛陽で病死した。生年は不明。

河南省文物局は昨年12月、安陽市安陽県で曹操の陵墓を発見したと発表したが、専門家から疑問の声も出ている。(共同)
(MSN産経ニュースさんより)


曹操の陵墓発見は以前当ブログでも取り上げましたね。
過去記事はこちら。
「三國志」の英傑、曹操の陵墓が発見さる!!

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・中国で曹休の墓発見 「三国志の英雄」曹操の武将(MSN産経ニュースさん)
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100518/chn1005181318003-n1.htm

「伊勢屋 鉄扇一尺・掛台付 三国志 諸葛孔明 出師の表 白 T1-W/S」です!!
伊勢屋 鉄扇一尺・掛台付 三国志 諸葛孔明 出師の表 白 T1-W/S





ラベル:三國志 曹休
【関連する記事】
posted by 俺 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他ミステリ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。