2010年05月20日

TBS7月期ドラマに「うぬぼれ刑事」襲来!!

TBS系列7月期ドラマは「うぬぼれ刑事」が旋風を巻き起こすのか?

ソースの「asahi.com」さんによれば―――

TOKIO長瀬智也(31)が、人気脚本家の宮藤官九郎氏(39)が書き下ろした7月期TBS系連続ドラマ「うぬぼれ刑事(でか)」(金曜午後10時)に主演することが19日、同局から発表された。

本作は宮藤氏が初めて手掛けた刑事ドラマで、長瀬は超恋愛体質で捜査に支障をきたすほどほれっぽく、うぬぼれやすいことから「うぬぼれ」と呼ばれる刑事を演じる。基本的に1話完結で、ほとんど殺人事件絡み。サスペンス要素だけでなく、宮藤氏お得意のコメディーや人間ドラマがふんだんに盛り込まれる。

うぬぼれ刑事が毎回、犯人(女性)に一目ぼれする物語だ。事件解決よりも、彼女に会いたい一心でまとわりついているうちに、その相手が犯人という証拠をつかんでしまう。逮捕状と婚姻届を同時に差し出し、「結婚してくれるなら逮捕しない」とプロポーズ。さらに「そこを何とか」と手錠と婚約指輪を同時に差し出すのが、お約束パターンになりそうだ。犯人は15〜65歳までの女優が演じるが、男優の登場もある。長瀬は性別や年齢を問わず、毎回プロポーズすることになる。

長瀬は「この『血が騒ぐ』感じ! 宮藤さんと磯山プロデューサーと一緒に仕事をする時はいつもこんな感じだったなとつくづく思いました。今回もキャラクターに魂を込め、すべてをかけてやるつもりです」と意気込んでいる。うぬぼれ刑事の元恋人を中島美嘉、父親を西田敏行、行きつけのバーのうぬぼれ仲間たちを生田斗真、荒川良々、おぎやはぎの矢作兼、坂東三津五郎、要潤が演じる。
(asahi.comさんより)


事件に対するスタンスは「時効警察」に近いものがあるようです。
TBSでの宮藤官九郎脚本ドラマと云えば「うぬぼれ」と同じ金曜22時だった東野圭吾原作「流星の絆」が記憶に新しいところ。
果たして「うぬぼれ刑事」はTV史に名前を残す名作ドラマとなれるでしょうか?

6月15日追記:ゲスト出演する犯人役に蒼井優、加藤あい、小泉今日子、戸田恵梨香、中村七之助、樋口可南子、三田佳子、薬師丸ひろ子(敬称略)の8人が決定しました。
下記関連外部リンクよりどうぞ!!

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・長瀬智也×クドカン=うぬぼれ刑事(asahi.comさん)
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201005200039.html

・長瀬智也×クドカン、5年ぶり黄金タッグ(MSN産経ニュースさん)
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100520/tnr1005200652001-n1.htm

・うぬぼれ“長瀬刑事”女性犯人に毎回恋(asahi.comさん)
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201006140083.html

「流星の絆」です!!
流星の絆





ドラマ「流星の絆 DVD-BOX」です!!
流星の絆 DVD-BOX





【関連する記事】
posted by 俺 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック