2010年05月29日

土曜プレミアム 刑事・鳴沢了〜ベストセラー初映像化!東京テロ史上最悪の24時間「不死身の刑事VS青梅新宿…連続爆破テロ犯人質は都民1300万人!迫るタイムリミット」(5月29日)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム 刑事・鳴沢了〜ベストセラー初映像化!東京テロ史上最悪の24時間「不死身の刑事VS青梅新宿…連続爆破テロ犯人質は都民1300万人!迫るタイムリミット」(5月29日)ネタバレ批評(レビュー)です!!

・ドラマ原作「讐雨 刑事・鳴沢了」ネタバレ書評(レビュー)あります。こちら。
「讐雨 刑事・鳴沢了」(堂場瞬一著、中央公論新社刊)ネタバレ書評(レビュー)

<あらすじ>
世間を騒がせた連続女性殺人鬼を逮捕。しかし起訴直前に捜査本部にかかってきた一本の爆破テロ予告−。これが全ての悪夢の始まりだった。要求は逮捕したシリアルキラーの釈放。人質は東京都民1300万人。警察の威信をかけた捜査をあざ笑うかのように繰り返される第二、第三の爆破事件。極秘捜査にも関わらず、爆弾テロ予告の情報が漏れて都民がパニックに! 犯人の真の目的は? 連続殺人鬼と爆弾魔の関係は?
親子三代警察官という警察一家に育ち、型破りなまでにストイックな刑事魂を持つ主人公の鳴沢了。その鳴沢と共に捜査に当たる敏腕の若手女性刑事。殺人への激しい憎悪をむき出しにする独断専行型のベテラン刑事。捜査周辺で暗躍する謎の男の影…。事件に関わるものたちの様々な想いが渦巻く中、隠されていた悲しい真実が明らかになっていく。そして、警察に突きつけられるタイムリミット! 善良な都民の安全か、殺人鬼の釈放か? 物語は一気にクライマックスへと加速し、鳴沢は、犯人の真の目的と事件の恐るべき真相の目撃者となる。
(フジテレビ公式HP)


では、続きから……

女刑事・萩尾と共にいる所を爆弾で狙われた鳴沢。 
“タカハシ”を名乗る犯人の要求は連続女性殺害犯・間島の釈放。
被害者遺族の神田を疑う鳴沢だが、神田は爆薬を盗んで姿を消していた。

犯人”タカハシ”から再度の要求が。
中野、新大久保、新宿と焼き肉屋やシネコンというヒントをもとに飛び回る。
新宿シアターシネマの爆破を阻止した鳴沢は負傷するがそれでも捜査を続ける。

そんな中、容疑者だった神田が射殺体で死亡。
現場で鳴沢と萩尾も謎の集団に襲われる。
襲撃者の車のナンバーとそれを追っていた謎の男を目撃した鳴沢。

捜査本部に戻った萩尾は石井の腕に光る時計を見て軽口を叩く。
「フランクミュラーのマスタースクエアですね」
そんな萩尾をさらっと受け流す石井。
「冗談も言えないの……」
消沈する萩尾。

タカハシの情報が流出。
都内は大パニックに陥る。
誰が情報を流したのか―――まさか、警官が?
捜査本部は疑心暗鬼に。

鳴沢の記憶から車の持ち主が「株式会社シャインコーポレーション」のものと判明。
シャインコーポレーションは平岡会が本体となっていた。
組織の関与を知り冷や汗を流す鳴沢たち。

そんな折、現場で見かけた謎の男を見つけ跡をつける鳴沢。
男の正体は萩尾が組織について聞きだす為に呼んだ4課の伊崎だった。
伊崎は自分がスパイではないことを告げた上でその場を去る。

「暴走は簡単だ。一度踏み外せば戻れない。だが、お前ならタカハシを突き止められるだろう」
そう口にする石井に鳴沢は許可を得て間島に接触する。
組織に追われていることを告げ、間島に余罪を吐かせようとする鳴沢。
間島は激しく動揺する。

伊崎に情報を訊く鳴沢。
平岡会の榎本という幹部が間島逮捕直後から行方不明だと知る。
その別れた妻の名がタカハシだった……。
「榎本こそがタカハシか」そう確信する鳴沢に伊崎は「頭が切れて狂っている奴こそが一番恐ろしい」と口にする。

間島の釈放が決定。
石井はタカハシの指示に従い鑓水へと護送するメンバーを選出する。

タカハシが鑓水を指定したことに疑問を抱いた萩尾はそこで起こった過去の事件を洗い出すことに。
当時妊娠中のOLが殺害された事件が浮かびあがる。
手口は間島に似ているが野坂という男が犯人で既に捕まっていた。
妊娠した子供の父親が今回の事件に関わっているのではと疑う萩尾。

嫌がる間島を問い詰める鳴沢。
遂に間島は余罪を告白する。
間島は榎本の元妻・タカハシを殺害していたのだ。

鑓水へとダミー車2台を向かわせる石井。
一方で自ら3台目を駆り密かに間島を護送する。
同行する鳴沢。

その頃、鳴沢は石井が爆弾処理の経験を持つことを聞き微かな疑念を抱く。

萩尾も鑓水のOL殺人事件の被害者の遺留品(フランクミュラーの腕時計)から石井が犯人だと確信する。
石井と榎本に関係があったことも判明。

連絡を受けた鳴沢は石井を警戒するが不意を突かれ気絶させられる。
その隙に連れ去られる間島。

車を調達し石井を追う鳴沢は単身で榎本の拠点へと乗り込む。
「間島を釈放させ自らの手で間島を裁くつもりだ」
鳴沢は榎本を糾弾する。
「なぜ、爆弾や襲撃まで行ったのか」尋ねる鳴沢に「よく乗り切った」とその健闘を称える石井。
「自分の婚約者を殺害されたが犯人は生きている。すべてはアピールだった。被害者遺族の気持ちを世間に知らせる為だ」と語る石井。
「絶対に守るべき一線を踏み越えてしまったんですよ」
「お前も同じだ。俺と同じ憤りを感じた筈だ!!」
「でも……」
「理屈じゃないんだ!!」
銃を抜く石井。銃口は間島へ向いている。
そんな石井に鳴沢も銃を向ける。
「捕まるならお前に……ほら、撃てよ。撃つんだよ」
銃口を引く石井。

響く銃声は―――ひとつだけ―――。

撃ったのは鳴沢。

そこには腕を撃ち抜かれ跪く石井の姿が。
「なぜ、心臓を撃ち抜かなかった?」
鳴沢に問いかける石井―――エンド。

<感想>
結論として犯人の変更はありませんでしたが、間島の犯行内容が変更されていたり、バイクが車に変更されたり、状況が変更されていたり、その他もろもろに大幅なアレンジが加えられていた本作。

鳴沢了のキャラクター造詣が原作に比べて弱いのはご愛嬌。
犯行内容が変更され間島のキャラが弱くなったのもご愛嬌。
最後のアクションが無くなったのもご愛嬌。
石井の動機が弱くなったのもご愛嬌。
榎本が単なる悪役に変わったのもご愛嬌。
おかげで問題提起が薄れたのもご愛嬌……ですむか〜〜〜い。

改悪だろ〜〜〜。
鳴沢了知らない人が見ても設定解からないんじゃなかろうか?
知ってる人には不満だろうし。
確かにオシャレでしたが全てにおいて原作に押し負けていました。
迫力が違う……。
2時間では無理だったのかも、連続ドラマにすべきだった。

原作を知りたい方は本記事下部の「◆過去記事リンクよりネタバレ書評(レビュー)」をどうぞ!!

<キャスト>
坂口憲二
矢田亜希子
ゴリ(ガレッジセール)
YOU
長谷川初範
福田転球
寺島 進
遠藤憲一
竹中直人ほか
(順不同、敬称略)


萩尾役の矢田亜希子さんの記事です。どうぞ!!



◆関連過去記事
・「讐雨 刑事・鳴沢了」については過去記事でネタバレ書評(レビュー)があります。
「讐雨 刑事・鳴沢了」(堂場瞬一著、中央公論新社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・そしてドラマ化第一報も。
「讐雨―刑事・鳴沢了」(堂場瞬一著、中央公論新社刊)がフジテレビにてドラマ化!!

・第二報。
「刑事・鳴沢了〜東京テロ、史上最悪の24時間」がフジテレビ系列29日午後9時放送決定!!

驚愕のお値段がそこに……石井が着けていた「フランクミュラー マスタースクエア カジノ クロコレザー ブラック メンズ 6050 K CSN [並行輸入品]」です!!
フランクミュラー マスタースクエア カジノ クロコレザー ブラック メンズ 6050 K CSN [並行輸入品]





「【5年保証付】フランクミュラー マスタースクエア PG金無垢 レザー ブラック レディース 6002 SQZ [並行輸入品]」です!!
【5年保証付】フランクミュラー マスタースクエア PG金無垢 レザー ブラック レディース 6002 SQZ [並行輸入品]





「FRANCK MULLER マスタースクエア 6002SQZ シルバー レリーフローマン [並行輸入品]」です!!
FRANCK MULLER マスタースクエア 6002SQZ シルバー レリーフローマン [並行輸入品]





「讐雨―刑事・鳴沢了 (中公文庫)」です!!
讐雨―刑事・鳴沢了 (中公文庫)





「久遠〈上〉―刑事・鳴沢了 (中公文庫)」です!!
久遠〈上〉―刑事・鳴沢了 (中公文庫)





「久遠〈下〉―刑事・鳴沢了 (中公文庫)」です!!
久遠〈下〉―刑事・鳴沢了 (中公文庫)





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。