2010年05月31日

「007」新作は「リンカーン・ライムシリーズ」で知られるジェフリー・ディーヴァーの手に!!

「007」新作はジェフリー・ディーヴァーさんの手に委ねられることが判明しました!!

ジェフリー・ディーヴァーさんといえば、映画化もされた「ボーン・コレクター」で有名な「リンカーン・ライムシリーズ」や「ルーン3部作シリーズ」などを著したアメリカの作家さん。
その彼があの「007」最新作を手掛けることになりました。

ソースの「AFP通信」さんによれば―――

上品で洗練された物腰の英国スパイ、ジェームズ・ボンド(James Bond)の小説シリーズの新作を、米ミステリー作家ジェフリー・ディーヴァー(Jeffery Deaver)氏が執筆することになった。出版元が28日、発表した。

新作の仮題は「プロジェクトX(Project X)」。1964年に死去したボンドの原作者イアン・フレミング(Ian Fleming)の誕生日に合わせ、来年5月28日に発売される。

筋金入りのボンドファンたちは、英国で最も有名なキャラクターの1つを米国人が手がけることに眉をひそめるかもしれないが、幼少期からボンドのファンだというディーヴァー氏は、依頼を受けてうれしかったと話している。

52年発表の「カジノ・ロワイヤル(Casino Royale)」から続く「007」小説シリーズに新風を吹き込もうと、2年前には英作家セバスチャン・フォークス(Sebastian Faulks)氏が同様に新作を書いている。

■細部描写とアクションに注目

小説ボンド・シリーズは全世界で1億部以上を売り上げているが、最近ではダニエル・クレイグ(Daniel Crai)がボンドを演じる映画シリーズの成功の方が目立っている。

ボンドを冷戦時代の旧敵ソ連に立ち向かわせたフォークス版とは違うというディーヴァー版の内容は、発売当日までは明かされない予定だ。

出版社ホッダー・アンド・スタウトン(Hodder & Stoughton)のジェイミー・ホッダー・ウィリアムズ(Jamie Hodder-Williams)社長は、「ディーヴァー氏を選んだのは見事だ。彼の細かい調査とハイスピードなアクション描写の融合が、フレミングに敬意を表しながらも同時に徹底して現代的なスリラーを生みだすだろう。出版が待ちきれない」と語った。(c)AFP
(AFP通信さんより)


「007シリーズ」はイアン・フレミングさん原作のスパイ小説。
2010年5月31日現在の最新作はセバスチャン・フォークスさんによる「猿の手を持つ悪魔(原題Devil May Care)」になる。



◆関連記事
「007」の愛車が競売に……

2010年5月31日現在の最新作「007猿の手を持つ悪魔」です!!
007猿の手を持つ悪魔





洋書「Devil May Care (Vintage)」です!!
Devil May Care (Vintage)





「Devil May Care (James Bond)」です!!
Devil May Care (James Bond)





「ボーン・コレクター〈上〉 (文春文庫)」です!!
ボーン・コレクター〈上〉 (文春文庫)





「ボーン・コレクター〈下〉 (文春文庫)」です!!
ボーン・コレクター〈下〉 (文春文庫)





ハードカバー版「ボーン・コレクター」です!!
ボーン・コレクター





「ボーン・コレクター [DVD]」です!!
ボーン・コレクター [DVD]





【関連する記事】
posted by 俺 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック