2010年06月07日

夏樹静子先生原作「見えない貌」が「月曜ゴールデン」にてドラマ化!!6月7日放送!!

夏樹静子先生原作「見えない貌」が「月曜ゴールデン」にてドラマ化されました!!
タイトルは「見えない貌〜イソ弁里村タマミの事件簿〜」!!
6月7日(本日)21:00より放送予定です。

2010年6月7日追記月曜ゴールデン 夏樹静子サスペンス「見えない貌〜イソ弁里村タマミの事件簿〜ダムに美しき水死体!出会い系美人妻の孤独と禁断愛…真相を追う母を襲う新たな殺人…真実のカギは親子愛」(6月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)追加しました。リンクよりどうぞ。

<あらすじ>

見えない貌2


専業主婦の溝口晴菜(石原あつ美)が殺され、ダム湖に死体が上がった。弁護士の里村タマミ(沢口靖子)は事件の容疑者、真田智一(松田賢二)の弁護を担当する。
フリーライターの真田は晴菜と携帯電話の出会い系サイトで知り合い、メールで連絡をとりながら不倫を楽しんでいた。真田は晴菜と会ってはいたが、殺していないと主張する。
タマミが晴菜の母、日野朔子(筒井真理子)を訪ねると、寂しい思いをしていた晴菜を支えてやれなかったと、朔子は自分を厳しく責める。
その翌日、事件は意外な展開を見せる。朔子があるホテルの一室で、ナイフで刺されて殺されていたのだ。警察は電話の通話記録などから晴菜のもう一人の不倫相手、永沢悟(新井康弘)を逮捕する。永沢には、朔子と晴菜の二人を殺した嫌疑がかけられた。
ただちに真田は釈放されるが、タマミは引き続き、永沢の弁護を引き受けた。
永沢は大筋で容疑を認めているが、犯行時の記憶があいまいだった。タマミは永沢の息子、彰(坂本恵介)から詳しく事情を聞く。
タマミは晴菜と永沢のメールの記録を詳しく調べているうちに、ある疑問がわいてくる…。永沢は本当に晴菜の交際相手だったのか…。
タマミは弁護士事務所の所長、塔之木善隆(古谷一行)のアドバイスとアシスタント椎名麻衣子(山田麻衣子)の協力を得て、真相の究明を進めるのだが…。
(公式HPより)


ドラマ原作となる「見えない貌」は当ブログにてネタバレ書評(レビュー)済みですね。
ドラマと原作を比較したいなど、興味のある方はこちらをどうぞ!!

「見えない貌」(夏樹静子著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

この放送を見越してか、6月5日(土)には同じく夏樹静子先生原作、菅野美穂さん主演「Wの悲劇」の再放送が関東で行われました。

月曜ゴールデン「Wの悲劇」(1月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

ちなみにドラマ版キャストは次の通り。
古谷一行さんは6月4日の金曜プレステージ「十津川刑事の肖像2」に続いての二時間ドラマ出演です。

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像2「都民1300万人を誘拐した…都知事への脅迫電話で始まる連続殺人事件…死体に隠された秘密とは?愛と憎しみの復讐劇」(6月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

本編放送まで一日を切りました。放送が楽しみです!!

<キャスト>
里村タマミ(さとむらたまみ):沢口靖子

塔之木善隆(とうのきよしたか):古谷一行

椎名麻衣子(しいなまいこ):山田麻衣子

日野朔子(ひのさくこ):筒井真理子

永沢悟(ながさわさとる):新井康弘
永沢彰(ながさわあきら):坂本恵介
秋元康介(あきもとこうすけ):中原丈雄
溝口晴菜(みぞぐちはるな):石原あつ美
溝口輝男(みぞぐちてるお):一條 俊
真田智一(さなだともかず):松田賢二

タマミの母 岡本 麗
(順不同、敬称略、公式HPより)


◆関連過去記事
「見えない貌」(夏樹静子著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「てのひらのメモ」(夏樹静子著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

月曜ゴールデン夏樹静子原作「Wの悲劇」(1月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像2「都民1300万人を誘拐した…都知事への脅迫電話で始まる連続殺人事件…死体に隠された秘密とは?愛と憎しみの復讐劇」(6月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「見えない貌 (光文社文庫)」です!!
見えない貌 (光文社文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。