2010年06月09日

映画「告白」、カンヌ国際映画祭で絶賛など世界に向け4つの朗報!!

当ブログにて行われた「告白」映画公開記念(非)公認イベント「湊かなえ先生祭」も無事終了を迎えました。
期間中にご訪問頂いた閲覧者のみなさま、ありがとうございました〜〜〜(^O^)/。

映画「告白」公開記念!!「ミステリ通信 創刊号」にて「湊かなえ先生祭」開催!!(過去記事です)

件の映画「告白」ですが、出だしも順調、大変好調のようです。

ソースの「シネマトゥデイ」さんによれば―――

今週は松たか子主演の映画『告白』が首位を獲得。邦画作品の首位獲得は、4月5日付の『映画ドラえもん のび太の人魚大海戦』以来、邦画の実写で考えると、昨年の10月26日付の映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』以来のこととなる。全国266スクリーンの公開で、初日2日間の興収は2億6,983万5,200円、動員は19万4,893人という結果となった。テレビCMでラストシーンを見せてしまうという斬新な宣伝戦略が功を奏し、文字通り「どっかーん!」とトップに躍り出た。
(シネマトゥデイさんより)


公開初日にはこんな出来事も……。

ソースの「シネマトゥデイ」さんによれば―――

4日、TOHOシネマズ日劇にて映画『告白』の初日舞台あいさつが行われ、主演の松たか子、岡田将生、木村佳乃、そして中島哲也監督が登壇した。

まず冒頭に配給の東宝から、本作がカンヌ国際映画祭でのマーケット試写会で大絶賛を受けたことや、海外5か国7映画祭(アメリカ、カナダ、スウェーデン、スペイン、韓国)から招待を受けていること、イギリス、アイルランド、台湾、香港で配給が決定し、さらにハリウッドからリメイクのオファーが殺到中であることなど、世界から熱い注目を浴びていることが報告された。その話題にちなんで、中島監督がもしハリウッドリメイクするなら、どの俳優に演じてもらいたいかを発表することに。中島監督は、松演じる復讐(ふくしゅう)のヒロイン役にはニコール・キッドマンを希望すると語り、「松さんは日本のニコール・キッドマンです」と宣言。それを聞いた松は「そんなことないですよ(笑)!でも(ニコールのような)より美しい人がやると恐ろしさが増していいかもしれないですね」と恐縮しまくり。ちなみに岡田演じる熱血教師はダニエル・ラドクリフ、木村演じる過保護な母親役はサラ・ジェシカ・パーカーを希望するとのこと。

さらにこの日は、今月の10日で33歳となる松の誕生日直前ということでサプライズのお祝いが行われた。お祝いされることを事前に知らされていなかった松はびっくりして、またも恐縮。しかし、ケーキが運ばれ、木村と岡田から花束を渡されると、感激のあまり涙ぐんでいた。

『告白』は2009年の本屋大賞に輝き、累計200万部を突破した同名タイトルの小説を映画化した衝撃作。教え子にまな娘を殺された中学校の女性教師(松)が、自らの手で犯人に処罰を与えようと趣向を凝らした復讐(ふくしゅう)劇を展開していく様を描く。

映画『告白』は全国公開中
(シネマトゥデイさんより)


これによれば、次の4つの朗報が確認されています。

@カンヌ国際映画祭でのマーケット試写会で大絶賛を受けた。
A海外5か国7映画祭(アメリカ、カナダ、スウェーデン、スペイン、韓国)から招待を受けている。
Bイギリス、アイルランド、台湾、香港で配給が決定。
Cハリウッドからリメイクのオファーが殺到中である。


いくつかは以前にも記事にした情報が含まれていますが、それ以外は初耳の情報ばかり。
う〜〜〜ん、映画「告白」は世界に羽ばたくのか?

告白1





◆関連過去記事
・小説版「告白」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「告白」(湊かなえ著、双葉社刊)

・コミック版「告白」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
コミック版「告白」(湊かなえ原作、木村まるみ画、双葉社刊)ネタバレ批評(レビュー)

「少女」(湊かなえ著、早川書房刊)ネタバレ書評(レビュー)

「贖罪」(湊かなえ著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・「告白」コミック化等の情報はこちら。
映画「告白」は2010年6月5日全国東宝系にて公開!!

・「告白」映画化過去記事はこちら

湊かなえ先生の「告白」文庫化!!&主題歌決定!!主題歌はレディオヘッドの「ラスト・フラワー」に!!

◆関連リンク(外部サイトに繋がります)
・「告白」(シネマトゥデイさん)
http://www.cinematoday.jp/movie/T0008221

・「告白」(シネマカフェさん)
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/22756/

・「告白」(Gooさん)
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD16122/index.html

・映画「告白」なぜかピンク色なポスター解禁!木村佳乃は過保護すぎる母親役、岡田将生はウザい新人教師役(シネマトゥデイさん)
http://www.cinematoday.jp/page/N0022153

・松たか子主演映画『告白』の主題歌に、レディオヘッド幻の名曲が決定!日本映画へ楽曲提供は初(シネマトゥデイさん)
http://www.cinematoday.jp/page/N0023757

・女優泣かせで知られる中島哲也監督、松たか子の魅力にメロメロ!?(シネマトゥデイさん)
http://www.cinematoday.jp/page/N0023834

・木村佳乃が衝撃の告白!血まみれになったまま家に帰宅!?(シネマトゥデイさん)
http://www.cinematoday.jp/page/N0024430

・岡田将生が初の教師役で衝撃の告白、「マイクが混線したのは僕のせい」(シネマトゥデイさん)
http://www.cinematoday.jp/page/N0024435

・松たか子 衝撃“告白”第2弾は「鼻血出ちゃった」(シネマカフェさん)
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/report/2010/05/8294/

・松たか子の表情がコワ過ぎ!東宝の映画史上初!『告白』禁断のラストシーンを15秒公開!(シネマトゥデイさん)
http://www.cinematoday.jp/page/N0024741

・松たか子、女子高生とのガチンコ討論会で「本当の復讐だと思う」とすごみをみせる(シネマトゥデイさん)
http://www.cinematoday.jp/page/N0024771

・松たか子VS中島監督 告白イベントで激論抗争勃発!?(シネマカフェさん)
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/report/2010/06/8391/

・松たか子、33歳のサプライズ誕生日祝いに思わず涙!『告白』世界公開続々決定、ハリウッドリメイクオファー殺到!(シネマトゥデイさん)
http://www.cinematoday.jp/page/N0024814

・松たか子 トリプルサプライズに感極まり涙 『告白』初日(シネマカフェさん)
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/report/2010/06/8402/

・『告白』2日で2億超えでどっかーんとトップに降臨!『アリス』が首位から陥落【映画週末興行成績】(シネマトゥデイさん)
http://www.cinematoday.jp/page/N0024882









「コミック版 告白」です!!
コミック版 告白





「告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)」です!!
告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)





レディオヘッドの「イン・レインボウズ(2枚組)」です!!
イン・レインボウズ(2枚組)





原作「告白」の著者・湊かなえ先生最新作6月発売されたばかりの「夜行観覧車」です!!
夜行観覧車





ラベル:告白 湊かなえ
【関連する記事】
posted by 俺 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

告白
Excerpt: 「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」と言う衝撃的な台詞が印象的な、2009年度「本屋大賞」授賞作品が原作。実は、「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」のセリフが物凄く印象に残ったので..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2010-06-13 15:34

映画:告白
Excerpt:  予告編の短い告白だけで惹き付けられてしまった映画、告白を観てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2010-07-29 07:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。