2010年06月16日

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第2話(ヤングマガジン28号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第2話(ヤングマガジン28号掲載)ネタバレ批評(レビュー)です!!

三億円事件奇譚 モンタージュ1


<第2話あらすじ>

過去―――3億円事件のあらましが語られる。
白バイ警官になりすました犯人による現金輸送車強奪シーン。

現代―――主人公・大和は幼馴染み・未来と共に未来の両親のもとで生活していた。

そんな彼の心の中はいつもあの死んだ刑事の残した言葉、「おまえの父が3億円事件の犯人だ」に囚われていた……。

ある日、大和は困っていた未来の父を見かねて父・鉄也の遺品である剣道具一式を譲り渡そうとする。
大和の好意をありがたく受け取る未来の父だったが、「鳴海」と入った垂(ネーム)だけは大和に持っているよう促す。

これが、運命の分岐点だった―――。

未来の父は小手から何かが書かれたメモを手に入れる。
顔色を変える未来の父。

一方、大和も垂(ネーム)に縫い付けられていた血塗れの札を入手。
番号を確認したところ、3億円事件で盗まれたとされる紙幣だった―――2話おわり。

<感想>

2話目もなかなかのペースです。
メモと紙幣が揃って本来の意味を持つというパターンでしょうかね。
それぞれ単独だと誤解を招きかねないようなものだと見ました。
引っ張ります(まぁ、2話目ですからね)。

鉄也が生きているとして、彼が追う側なのか追われる側なのかが焦点になりそう。
どちらの解釈を取るのか気になりますね〜〜〜。

今後の未来の父の安否も気にかかります。
「ヤングマガジン」29号に期待です。

◆関連過去記事
「ヤングマガジン27号」(講談社刊)より「三億円事件奇譚 モンタージュ」連載開始!!

「講談社ヤングマガジン」連載「三億円事件奇譚 モンタージュ」第1話(ヤングマガジン27号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

本作の作者である渡辺潤先生が描き伝説のラスト(○○○落ち)を迎えた「代紋TAKE2(62)<完> (ヤングマガジンコミックス)」です!!
代紋TAKE2(62)<完> (ヤングマガジンコミックス)





全巻セットはこちら。
「代紋TAKE2 全62巻完結(ヤングマガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]」です!!
代紋TAKE2 全62巻完結(ヤングマガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]





「RRR(10) <完> (ヤングマガジンコミックス)」です!!
RRR(10) <完> (ヤングマガジンコミックス)






【関連する記事】
posted by 俺 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック