2010年06月17日

第1回創元SF短編賞は松崎有理さん「あがり」に!!

東京創元社による第1回創元SF短編賞は松崎有理さん「あがり」に決まりました。

受賞おめでとうございます!!

ソースの「東京創元社」さん公式HPによれば―――

第1回創元SF短編賞 松崎有理「あがり」

佳作 高山羽根子「うどん キツネつきの」


第1回創元SF短編賞の募集は、2010年1月12日(火)に締め切りました。
応募総数は612作でした。
たくさんのご応募ありがとうございました。

最終選考は大森、日下選考委員に加え、ゲスト選考委員として山田正紀氏を迎えて5月10日に行い、受賞作1編、佳作1編を上記のとおり決定しました。
受賞作は2010年7月刊行の『量子回廊 年刊日本SF傑作選』巻末に収録いたします。
また受賞者は、受賞を機に筆名を応募時の「松崎祐」よりあらためました。

*  *  *

受賞のことば 松崎有理

長年こっそりSFを愛しつづけてきましたので、この賞をいただけましたことを心よりよろこんでおります。まだまだ筆歴が浅く、勉強することがたくさんあります。ご意見、ご批評をおよせください。今後もよろしくお願いいたします。

*  *  *

■プロフィール
松崎有理(まつざきゆうり)
1972年茨城県生まれ。東北大学理学部卒。現在、会社員。
http://yurimatsuzaki.com/

高山羽根子(たかやまはねこ)
1975年富山県生まれ。多摩美術大学美術学部絵画学科卒。現在ウェブ関連職に従事。

さらに、最終候補作のうち下記の作品に、選考委員より個別に特別賞が贈られました。

大森 望賞 坂永雄一「さえずりの宇宙」
日下三蔵賞 山下 敬「土の塵」
山田正紀賞 宮内悠介「盤上の夜」

なお、佳作と特別賞3編をはじめとして、惜しくも受賞を逸した最終候補作の中から全9編をアンソロジーに編み、創元SF文庫の1冊として2010年内に刊行いたします。

選考経過等の詳細は、2010年6月発売の『ミステリーズ!vol.41』をご覧ください。
(東京創元社公式HPより)


受賞作が7月発売の「量子回廊」に掲載されるとのこと、楽しみです!!

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・東京創元社公式HP
http://www.tsogen.co.jp/sftanpensho/

http://www.tsogen.co.jp/news/2010/06/10061413.html

受賞作「あがり」が掲載される「量子回廊 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)」です!!
量子回廊 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説賞関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック