2010年06月21日

「湯河原文学賞」作品募集!!

「湯河原文学賞」が作品を募集中です!!

ソースの「カナロコ」さんによれば―――

湯河原町は20日から、「湯河原文学賞」の小説、俳句部門の作品を募集する。夏目漱石ら文豪が訪れた「文化の薫り高いまち」を目指そうと、同賞は2001年に創設され、10回目を迎えた。締め切りはそれぞれ11月30日、10月10日。

両部門ともに未発表の自作に限る。小説部門のテーマは自由で、400字詰め原稿用紙40枚以上80枚以内の短編が条件。ミステリー作家・西村京太郎さんや祥伝社編集者らが最優秀賞1本を選考。賞金50万円が贈られ、同社月刊誌「小説 NON」に掲載される。

俳句部門のテーマは「駅」。同町出身の俳人・黛まどかさんが最優秀賞(賞金10万円)など29本を選考する。入賞者は黛さんと町内をめぐる11月の吟行会に招待される。

入選者はともに町ホームページで公表される。同賞の応募作は年々増え、前回は小説が193作、俳句が4533作集まった。問い合わせは、町地域政策課電話0465(63)2111。
(カナロコさんより)


興味のある人、チャレンジしたい人は申し込まれてはいかがでしょう。

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・「湯河原文学賞」小説と俳句部門の作品募集へ/湯河原町(カナロコさんより)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1006170032/

「湯河原文学賞アンソロジー」です!!
湯河原文学賞アンソロジー





ラベル:湯河原文学賞
【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説賞関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。