2010年06月23日

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第3話(ヤングマガジン29号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第3話(ヤングマガジン29号掲載)ネタバレ批評(レビュー)です!!

三億円事件奇譚 モンタージュ1


<第3話あらすじ>

父の遺した防具から血塗れの一万円札を見つけた大和。
(やはり、父が三億円事件の犯人なのだろうか―――?)
大和の不安は募るばかり。

そんな中、鈴木泰成という知り合いの塾講師が未来の家を訪れる。
しばし歓談する未来と泰成。

しかし、和やかな時間は続かなかった。
未来の父が忽然と姿を消したのだ。
大和の脳裏を血塗れの一万円のことが過る。

泰成の協力を得て未来の父の行方を追う大和たち。
未来の父の残したメモから、彼が端島に向かったことを突き止める。
端島―――そこはまたの名を“軍艦島”と呼ばれる場所だった―――3話おわり。

<感想>

やはり、未来の父が何かに気付いて消えてしまいました……。
そして出て来た鈴木泰成。
彼は敵か味方か(敵だろうなぁ……やっぱり)。
キーワードは“軍艦島”。
大和と未来の明日はどっちだ!!

ヤングマガジン30号に期待です!!

◆関連過去記事
「ヤングマガジン27号」(講談社刊)より「三億円事件奇譚 モンタージュ」連載開始!!

「講談社ヤングマガジン」連載「三億円事件奇譚 モンタージュ」第1話(ヤングマガジン27号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第2話(ヤングマガジン28号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

本作の作者である渡辺潤先生が描き伝説のラスト(○○○落ち)を迎えた「代紋TAKE2(62)<完> (ヤングマガジンコミックス)」です!!
代紋TAKE2(62)<完> (ヤングマガジンコミックス)





全巻セットはこちら。
「代紋TAKE2 全62巻完結(ヤングマガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]」です!!
代紋TAKE2 全62巻完結(ヤングマガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]





「RRR(10) <完> (ヤングマガジンコミックス)」です!!
RRR(10) <完> (ヤングマガジンコミックス)






【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック