2010年06月30日

「のぼうの城」(和田竜著、小学館刊)

「のぼうの城」(和田竜著、小学館刊)ネタバレ書評(レビュー)です!!

ネタバレあります!!注意!!

<あらすじ>

のぼうの城1

戦国期、天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じた。そのなかで最後まで落ちなかった支城があった。武州・忍城。周囲を湖で取り囲まれた「浮き城」の異名を持つ難攻不落の城である。秀吉方約2万の大軍を指揮した石田三成の水攻めにも屈せず、僅かの兵で抗戦した城代・成田長親は、領民たちに木偶の棒から取った「のぼう様」などと呼ばれても泰然としている御仁。城代として何ひとつふさわしい力を持たぬ、文字通りの木偶の棒であったが、外見からはおおよそ窺い知れない坂東武者としての誇りを持ち、方円の器に従う水のごとき底の知れないスケールの大きさで、人心を掌握していた。武・智・仁で統率する従来の武将とは異なる、新しい英傑像を提示したエンターテインメント小説。
カバー・イラストはオノ・ナツメ。
(小学館公式HPより)


<感想>
「やぼう」にあらず「のぼう」の城。

管理人も発売直後に表紙に惹かれて読みました。
管理人の中で主人公は「銀河英雄伝説」のヤン・ウェンリー風の人物になってます。
“能ある鷹は爪を隠す”的主人公のひとりかな。
味方よりも敵に評価され、少しずつ実力を顕にするところは熱い!!

それと、ラストで示される姫との恋の行方なども必見!!
この恋の結末にみられる点こそが本書が歴史小説である由縁なのでしょうね。

2011年に全国公開予定で映画化されるそうです。
キャストは「のぼう様」こと成田長親に野村萬斎さん。
共演に佐藤浩市さん、山口智充さん、成宮寛貴さんとのこと。

詳細は過去記事リンク和田竜先生の「のぼうの城」が映画化!!よりどうぞ。

◆「和田竜先生」関連過去記事
「忍びの国」(和田竜著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

<ネタバレあらすじ>

時は戦国時代末期。
豊臣秀吉は天下統一に向け、関東を拠点とし自らに歯向かう後北条氏を討つべく兵を起こした。

その中には後に関ヶ原にて東海一の弓取りとの異名を持つ徳川家康と雌雄を決することになる若き日の石田三成の姿もあった。
関ヶ原でも取り沙汰されるが目立つ武功が無かった三成はこの際に武勲を挙げようと意気揚々関東へと乗り込んだ。

彼の目の前にはひとつの城が―――それが忍城だった。

忍城代・成田長親はその人柄から領民に侮られつつも親しまれ「のぼう様」(でくのぼうの意)と呼ばれていた。
こんな武士にとって耐えがたい恥辱も当の「のぼう様」にとってはどこ吹く風、むしろ名誉と思っているぐらいであった。

そこへ三成を大将とする2万の豊臣方が来襲。
抗戦、非戦意見が割れるも「のぼう様」に似合わぬ意志の強さで長親は抗戦を決断。
こうして、長親にとっても三成にとっても運命の戦は幕を開けた。

再三に渡る城攻めに対して支え切る忍勢。
三成は遅々として進まぬ攻略に痺れをきらし、強硬手段に出る。
主君である秀吉を真似、備中高松城のように忍城を水没させようというのだ。
実行にあたり近隣住民を強制的に借り出し堤を作り始める石田方。
焦る忍勢だが、思わぬ事件が発生。
長親がこっそり城外へと逃がした筈の農民たちが石田方に発見され殺害されてしまったのだ。
これに怒った長親は意外な手に。

すっかり水浸しとなった周囲にぽっかり浮かぶ忍城。
そこから一艘の小舟が出てくる。
乗っているのは長親だ。
長親は小舟の上で小器用に踊りを踊っていた。
相手が城方の大将と知らない石田方はその豪胆ぶりに感心していたものの、長親と知って仰天。
見せつけるような舞を踊る長親に「馬鹿にされた」と怒った三成は鉄砲の名手に射かけさせる。

弾は長親にあたり、長親は城内へと収容される。
だが、堤作りに駆り出されこの様子を見ていた周辺の農民たちは“我らが”のぼう様が射たれたことに激怒。
有志が動いたその夜、堤を切り水を抜いてしまう。

折角の水攻めも失敗に終わり焦る三成のもとへ急使が。
なんと後北条の本拠地・小田原城に出向いていた忍城主が豊臣方に寝返ったのだ。
そのため忍城は降伏することに。

長親と三成の対面が実現。
長親の容貌に内心がっかりする三成だったが、長親は戦後処理においても「略奪あれば坂東武者の意地で討ち死にするまで戦い抜く」と宣言。
これを聞いた三成は「あれこそ苦戦した相手」と長親の実力を認め、その要望を容れる。

とはいえ、長親は敗軍の将となり、長親と互いに惹かれ合っていた甲斐姫は秀吉の妾として徴収される。
長親自身も銃創により腕があがらなくなった。
一矢報いたものの多大な犠牲を出し忍攻城戦は終わりを告げたのだった。

これは秀吉の小田原攻めに伴う悲喜交々の1エピソードに過ぎない―――エンド。

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・野村萬斎、7年ぶりの映画主演で佐藤浩市と初共演!ベストセラー小説「のぼうの城」が映画化決定!(シネマトゥデイさん)
http://www.cinematoday.jp/page/N0025152

映画原作「のぼうの城」です!!
のぼうの城





「美味しんぼ」の作画を担当される花咲アキラ先生によるコミック版「のぼうの城 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)」です!!
のぼうの城 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)





和田竜先生の「小太郎の左腕」です!!
小太郎の左腕





「戦国武将ペンダント・のぼり旗『石田・大一大万大吉』」です!!
戦国武将ペンダント・のぼり旗『石田・大一大万大吉』





【関連する記事】
posted by 俺 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

和田竜「のぼうの城」を読破!!
Excerpt: のぼうの城 上 (小学館文庫)(2010/10/06)和田 竜商品詳細を見る のぼうの城 下 (小学館文庫)(2010/10/06)和田 竜商品詳細を見る これも映画化されるよ
Weblog: タヌキおやじの日々の生活
Tracked: 2010-10-31 15:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。