2010年07月11日

講談社が新子会社・星海社を設立!!

講談社が新子会社・星海社を設立したとのことです!!

ソースの「マイコミジャーナル」さんによれば―――

講談社は7日、Webサイトを中心とした出版事業"WEBLISHING"の確立を目指す新会社、星海社の設立を発表した。小説や漫画などコンテンツのWeb無料公開、出版、イベント展開を事業化し、インターネットにおける新たな出版ビジネスの構築を狙う。

星海社は今後、事業の中核となるWebサイト『最前線』を今年9月上旬にプレオープン。小説や漫画などのコンテンツを無料で公開するほか、同11月以降には各コンテンツを星海社ブランドとして文庫や新書、コミックスといった形態で刊行していく。2011年度は30〜40点を刊行、同社売上の9割以上を占める予定。紙媒体の出版業務は親会社となる講談社に委託される。また、2011年内にはWebサイトと読者をつなぐリアルのイベント拠点を立ち上げる。これらデジタル、出版、イベントの3事業を通じて、3年後に30億円の売上を目指す。

星海社の代表を務める杉原幹之助 代表取締役社長CEOと太田克史 代表取締役副社長COOは、それぞれ講談社では営業畑と編集畑の出身。「未来の出版社像はWebにある」という両人の提案に端を発し、講談社100%出資会社として星海社が設立された。こうした起業ケースは講談社では初の試みという。野間省伸 講談社代表取締役副社長は「さまざまな実験の舞台と考えている」と説明。星海社の事業を通じて、Webならではの商品開発、新たな編集者像の構築、海外展開などの道を模索することも狙いとしている。
(マイコミジャーナルさんより)


今後はミステリもネットで気軽に全てが読める時代が来るのかも……。




“星海社”ということで「世界樹の迷宮III 星海の来訪者 公式ベーシックガイド (アトラスファミ通)」です!!
世界樹の迷宮III 星海の来訪者 公式ベーシックガイド (アトラスファミ通)





ラベル:講談社 星海社
【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他ミステリ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。