2010年07月19日

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第7話(ヤングマガジン33号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第7話(ヤングマガジン33号掲載)ネタバレ批評(レビュー)です!!

三億円事件奇譚 モンタージュ1


<第7話あらすじ>

謎の二人組に追われていたところを泰成に救われた大和と未来。
そのまま、彼の勤め先に匿われることに。

泰成がメモのみを手掛かりにボート小屋に現れたことを疑問に思う大和。
泰成は手掛かりをもとに推理した結果辿り着いたと説明する。
だが、大和は泰成への警戒を解かない。
大和の脳裏には1話で死んだ刑事の言葉―――「誰も信じるな」が甦っていた。

一晩を過ごし一息ついたのも束の間、気分転換につけたテレビには意外な光景が。
大和と未来がボート小屋のオヤジ殺害容疑で全国に指名手配されていたのだ!!
驚く大和と未来―――7話おわり。

<感想>

ついに追われる身になってしまった大和と未来。
そして、やっぱり怪しい泰成。
やはり暗闘が行われているのか?

前話に続き、なんやかんやで盛り上がりを見せる7話。
これで8話も楽しみに。

大和と未来の明日はどっちだ!!
ヤングマガジン34号に期待です!!

◆関連過去記事
「ヤングマガジン27号」(講談社刊)より「三億円事件奇譚 モンタージュ」連載開始!!

「講談社ヤングマガジン」連載「三億円事件奇譚 モンタージュ」第1話(ヤングマガジン27号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第2話(ヤングマガジン28号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第3話(ヤングマガジン29号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第4話(ヤングマガジン30号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第5話(ヤングマガジン31号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第6話(ヤングマガジン32号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

本作の作者である渡辺潤先生が描き伝説のラスト(○○○落ち)を迎えた「代紋TAKE2(62)<完> (ヤングマガジンコミックス)」です!!
代紋TAKE2(62)<完> (ヤングマガジンコミックス)





全巻セットはこちら。
「代紋TAKE2 全62巻完結(ヤングマガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]」です!!
代紋TAKE2 全62巻完結(ヤングマガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]





「RRR(10) <完> (ヤングマガジンコミックス)」です!!
RRR(10) <完> (ヤングマガジンコミックス)






【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。