2010年07月30日

ネット上での書籍無料公開化に追い風!?「柏艪舎」さんも一部を公開に!!

ネット上での書籍無料公開化に追い風が吹くかもしれません。
札幌の出版社「柏艪舎」さんも一部を公開するとのことです。

ソースの「asahi.com」さんによれば―――

札幌市の出版社「柏艪(はくろ)舎」が30日から、自社の既刊書籍をインターネット上で全文無料公開する。公開は10冊程度で、9月30日までの期間限定にする予定だ。電子書籍が話題を集めるなか、ネットで“立ち読み感覚”で本に親しんでもらうことで「紙の本」の販売促進にもつなげようという試みだという。

同社は、海外ミステリーの翻訳本や国内文芸、ノンフィクションなど約180点を刊行している。

無料公開するのは太宰治の作品101編を収めた「太宰治選集」のほか、エッセー集の「64の犬物語」、ルポルタージュ「旭山動物園のつくり方」、実用書「らくらく風水トラベル北海道編」など。同社のホームページにアクセスし、読みたい本を選んでメールアドレスを登録すると、パソコンやiPad(アイパッド)などの画面上で読むことができる。ファイルのダウンロードや印刷はできないようになっている。8月と9月で読める本を入れ替える。

書籍のネットでの無料公開は東京の一部の出版社などが始めているが、地方出版社では珍しいという。同社の山本光伸社長は「デジタルで読まれるページ数が増えるほど紙の本の販売も増えるというデータもあり、電子書籍は追い風ととらえたい」と話す。

ホームページは次。http://www.hakurosya.com(吉住琢二)
(asahi.comさんより)


期間限定ネット上での無料公開された書籍といえば、角川書店さんでも「“菜々子さん”の戯曲(シナリオ)Nの悲劇と縛られた僕」が8月3日までの期間限定で無料公開されたばかり、今後一層この動きに拍車がかかることは時代の必然となりそうです。

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・わが社の本、ネット「立ち読み」どうぞ 札幌の出版社(asahi.comさん)
http://www.asahi.com/culture/update/0728/HOK201007280001.html

◆関連過去記事
無料で読めるライトノベルはいかが?「“菜々子さん”の戯曲(シナリオ)Nの悲劇と縛られた僕」!!

期間限定で無料公開される本の一冊「週末温泉で開運!らくらく風水トラベル 北海道編 (アウル実用書シリーズ)」です!!
週末温泉で開運!らくらく風水トラベル 北海道編 (アウル実用書シリーズ)





◆こちらは「柏艪舎」さんの本です!!


ラベル:柏艪舎
【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。