2010年08月04日

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第9話(ヤングマガジン35号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第9話(ヤングマガジン35号掲載)ネタバレ批評(レビュー)です!!

三億円事件奇譚 モンタージュ1


<第9話あらすじ>

出頭した大和と未来の前に現れたのは―――あの関口!!
未来の両親の行方を知っている素振りを見せ未来を揺さぶると、そのまま一方的に話を打ち切り立ち去ってしまう。

廊下で大和たちを待っていた泰成とすれ違う関口。
「あんたの目的はなんだい?」
思わせぶりな表情で問う関口に唇を噛み締める泰成。

一方、大和たちはそのまま拘束され連行されることに。
車で移送されるらしい。

幸い泰成との面談が許可された大和は、事前に用意しておいた計画を実行に移すべく、泰成や未来に方法を打ち明ける。
驚く泰成。

車に乗せられた大和たちはそのまま運び出される。
途中、計画通りトイレを訴える未来。
急遽、近くにあったコンビニ(8話で大和が寄った場所)に停まることに。
トイレで一人きりになった未来は大和より教えられていたツール(黒い棒のようなもの)を入手するのだった―――。

ハシラの煽り「謀略には策略で対応だ」―――9話終わり。

<感想>

今週号で関口が1話に出て来た警察官だったことに初めて気付きました。
ど〜りでどこかで見た顔だと思ったら……。
そうすると当時関口の相棒だった森田も敵?
(詳細は過去記事よりどうぞ)

しかも、泰成と関口は所属している組織が違うっぽい。
敵対関係なのかな?
ひょっとすると泰成は死んだとされている大和の父・鉄也の部下なのかなと思ったり……なんとなくだけど。

で、9話ラスト。
8話でポイントとして挙げていたうちのひとつ、コンビニでの仕込みが発動しそうなところで次週に持ち越し。
未来が実行するらしいけれど、その正体は?
とりあえず、脱走するためにとる行動として催涙スプレーか発煙筒の類が隠してあったとみるが、果たして?
まさか、スタンガンの可能性も!?
これに泰成の手引きで逃亡か。
どっちにしろ大和と未来は指名手配の逃亡犯になりそうです……。

ここでふと思った。
関口は作者である渡辺先生が描くキャラとしてはよく見かけるタイプの顔。
一方、大和と未来の顔は渡辺先生のこれまでのどの作品の中でも余り見たことないような気がする。
作品と共に先生御自身が新境地に挑んでらっしゃるのかもしれないなぁ。

前々話、前話に続き、盛り上がりを見せる9話。
大和と未来の明日はどっちだ!!
ヤングマガジン36号に期待です!!

◆関連過去記事
「ヤングマガジン27号」(講談社刊)より「三億円事件奇譚 モンタージュ」連載開始!!

「講談社ヤングマガジン」連載「三億円事件奇譚 モンタージュ」第1話(ヤングマガジン27号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第2話(ヤングマガジン28号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第3話(ヤングマガジン29号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第4話(ヤングマガジン30号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第5話(ヤングマガジン31号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第6話(ヤングマガジン32号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第7話(ヤングマガジン33号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第8話(ヤングマガジン34号掲載)ネタバレ批評(レビュー)

本作の作者である渡辺潤先生が描き伝説のラスト(○○○落ち)を迎えた「代紋TAKE2(62)<完> (ヤングマガジンコミックス)」です!!
代紋TAKE2(62)<完> (ヤングマガジンコミックス)





全巻セットはこちら。
「代紋TAKE2 全62巻完結(ヤングマガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]」です!!
代紋TAKE2 全62巻完結(ヤングマガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]





「RRR(10) <完> (ヤングマガジンコミックス)」です!!
RRR(10) <完> (ヤングマガジンコミックス)






【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。