2010年08月07日

「熱海の捜査官」2話「バスごと4人失踪!!美しき包帯少女の正体」(8月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「熱海の捜査官」2話「バスごと4人失踪!!美しき包帯少女の正体」(8月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

というわけでネタバレあらすじを……と思ったのですが、コレ、公式に「おさらい」としてあらすじが全部記載されていますね。
折角なのでそこから転載しておきます。
どうぞ!!

<あらすじ>

吊り上げられたバスの中から、遺体などは発見されず、酷い錆で指紋等の検出も不可能な状態だった…。広域捜査庁鑑識課のエース・坂善正道(田中哲司)が調べたところ、窓枠4カ所の錆がほかの部分より進行。どうやら何者かがバスを沈めるために使ったワイヤーで部分的に塗装が剥がれ、錆が進んだようだ。さらに奇妙なことに、運転手の新宮寺有朋(山中聡)が引いたはずのサイドブレーキは解除してあった。

星崎剣三(オダギリ ジョー)は甘利市長(団時朗)に呼び出され、南熱海市役所を訪れていた。捜査に全面協力すると申し出る甘利に、星崎は未だ行方不明の3人の女生徒の中に面識があった子はいるか尋ねる。否定しようとする甘利市長を尻目に、市長の娘・甘利レミー(二階堂ふみ)は、ペラペラと口を滑らす。「椹木みこ(山田彩)さんはお父様のお知り合いの陶芸クラブにも入っていたんです。」

一方、北島紗英(栗山千明)は事件発生時に新宮寺が介抱しようとした老人・蛇川方庵(小野栄一)に会うため、怪しげな見世物小屋『南熱海天然劇場』へ。蛇川はバスの箱に入って消えるという、事件を彷彿とさせる手品を披露していた。しかも不思議なことに劇場の時間の流れは早く、手品を見た北島が劇場を出るとすでに7時間が経過していた…。

翌日、星崎は包帯少女・東雲麻衣(三吉彩花)に発見されたバスを見せると、東雲に変化が! 突然「ライン」という言葉を口にしたのだ。ラインとは何なのか…。事件前日の写生以外に、東雲ら女生徒4人には何か共通点があり、それがラインと関係しているのではないか…。星崎は気になって仕方がない。
星崎は拾坂修武(松重豊)とともに、椹木が所属していた『レプス陶芸クラブ』へ向かった。拾坂の元カノで経営者の洲崎道代(広田レオナ)によれば、品格の備わった女性の育成を目的にした陶芸クラブだという。しかし、陶芸にいそしむ女子高生たちの手つきは誘うように妖しく、朱印組の組長・朱印頭(松尾スズキ)も出入りしている。さらに、クラブの中にあった灰皿には葉巻が置いてあった。葉巻を吸う人間といえば偉い人――拾坂の言葉に反応して、星崎はつぶやく。「そういうことか。だいたい分かりましたよ」。
そんな折、バスの後部座席の下から、ビニール袋に入ったカセットテープが発見された。それを受け、星崎と北島らはバス消失地点を再び訪れる。そこで周囲を見渡した北島は『空と海と虹の会』の建物に目をつけ、代表の平坂歩(萩原聖人)を訪ねることに。しかし、平坂はバスが消えた日、特には何も気付かなかったという。

同日、東雲の包帯が取れ、ついにその素顔を晒す。そして、永遠の森学園に復学することが決まった。そして南熱海警察署では、星崎らが遺留品のカセットテープを再生するため顔を揃えていた!
(公式HPより)


<感想>

思わせぶりな台詞が続出。
風呂敷を広げる広げる。
視聴者が回収できるのだろうかと心配になるほどの大風呂敷を広げていった2話。

先の読めない展開が面白いのは確かですが、逆に読め無さ過ぎて(無理に伏線を張ることにより)健全なストーリー展開を阻害している様にも感じます。
この辺りは視聴者の感じ方ひとつなんでしょうが、匙加減が難しそう。
こうなると「熱海の捜査官」は“大当たり”か“大外れ”のどちらかしか存在しないように思えてきました。
今のところはなんとかついていけていますが……3話で多少なりとも回収(あるいはその目途)してくれないとキツイかも。

で、公式の3話予告によれば次回のポイントはこちら。

バスが消える為に必要な条件とは?
消えた蛇川方庵の行方は?
蛇川宅の床下から見つかるある物とは?

果たしてどういった展開を迎えるのか、3話に期待です。

<キャスト>

●星崎剣三(オダギリジョー)
広域捜査官。本線の捜査から外され、スクールバス失踪事件の捜査のために南熱海警察署に派遣される。謎の機械「イエスノーランプ」と生まれながらの直感を頼りに、些細なことから大体のことを理解してしまうという特技の持ち主。コーヒーが嫌い。

●北島紗英(栗山千明)
広域捜査官。本線の捜査を外され、星崎の相棒として南熱海警察署に赴任する。クールな美人で仕事もできるが、性格に難ありで男には縁がない。

●拾坂修武(松重豊)
南熱海警察署署長。3年前のスクールバス失踪事件の発生直後から捜査に当たっている。

●朱印頭(松尾スズキ)
南熱海興行、通称“朱印組”の組長。善良な市民を主張するも、カタギには全く見えない。裏では南熱海市長・甘利と密通している。

●坂善正道(田中哲司)
広域捜査庁鑑識課のエース。スクールバス失踪事件の陣頭指揮を執ることになる。

●平坂歩(萩原聖人)
自然保護活動を行うNPO法人「空と海と虹の会」代表で、甘利市長の抵抗勢力。不要な道路や堤防の建設反対を訴えている。
(MSNエンタメさんより)


◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・「熱海の捜査官」公式HP
http://www.tv-asahi.co.jp/atami/

◆関連過去記事
「熱海の捜査官」1話詳細判明!!

「熱海の捜査官」1話「時効警察から3年……美少女が失踪!?」(7月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「熱海の捜査官 (オダギリジョー 主演) [DVD]」です!!
熱海の捜査官 (オダギリジョー 主演) [DVD]





「熱海の捜査官 オリジナル・サウンドトラック」です!!
熱海の捜査官 オリジナル・サウンドトラック





「時効警察 DVD-BOX」です!!
時効警察 DVD-BOX





「帰ってきた時効警察 DVD-BOX」です!!
帰ってきた時効警察 DVD-BOX





「帰ってきた時効警察オフィシャル本」です!!
帰ってきた時効警察オフィシャル本





熱海が舞台の「DS西村京太郎サスペンス 新探偵シリーズ『京都・熱海・絶海の孤島 殺意の罠』」です!!
DS西村京太郎サスペンス 新探偵シリーズ「京都・熱海・絶海の孤島 殺意の罠」





【関連する記事】
posted by 俺 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
これ僕も観ています。

「時効警察」コンビという事もあり、
小ネタ満載だなあと思って観てます。

ただ確かに仰るとおり伏線と小ネタがありすぎ(笑

1つの謎を解くと、また謎が・・・ではなく、謎だらけな感じですね。

登場人物も多く、見逃すともうついて行け
なくなりそうです・・・

2話はマグカップのいたづらが笑いましたけど(笑

Posted by コースケ at 2010年08月08日 13:30
Re:コースケさん

コメントありがとございます(^o^)/。

「熱海の捜査官」小ネタが多いですね。
管理人はじわじわ笑いに繋がる系のものがお気に入りです。

当初は「時効警察」を念頭に置いて視ていたので戸惑いましたが、今では「熱海の捜査官」なりの楽しみ方を見出しつつあります。怒涛のごとく現れる謎を楽しむ番組なのかもしれませんね。

「熱海の捜査官」は全8話とのことなので、残りは6話。
果たしてどんな結末を迎えるのか固唾を飲んで注目しています。

管理人の俺でした〜〜〜。
Posted by 俺 at 2010年08月08日 21:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。