2010年08月20日

ハリウッド版「ミレニアム」、リスベット役決まる!!

ダニエル・クレイグさんがミカエル・ブルムクヴィスト役を演じるハリウッド版「ミレニアム」。
以前お伝えしたヒロイン・リスベット役がついに決まりました!!

同時に前回の記事の謎―――公開日も確定。
そちらもご確認を!!

ソースの「シネマトゥデイ」さんによれば―――

スウェーデンで大ヒットした映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のハリウッドリメイク版の主役が、新人女優ルーニー・マーラに決まったことがMTV.comによって明らかになった。

ルーニー・マーラ2
「ルーニー・マーラさん」


同作は、スウェーデンの孤島に住む大企業ヴァンゲル・グループの一族の娘が、40年前にこつ然と姿を消してしまい、その失踪(しっそう)原因を知るためにヴァンゲル前会長が裁判で有罪となり失業中の記者ミカエルに調査を依頼する。ミカエルは、背中にドラゴンのタトゥーを入れた天才ハッカー、リズベットと組んで失踪(しっそう)事件を明らかにしていくというドラマ作品。3部構成になるスティーグ・ラーソンのベストセラー小説の第1弾にあたる。

主演を演じることになったマーラは、マイケル・ベイ製作による映画『エルム街の悪夢』で注目を浴びたアメリカ出身俳優で、ナタリー・ポートマン、キャリー・ミリガン、エマ・ワトソンなど以前に候補に挙がっていた知名度のある俳優を押しのけて、天才ハッカー、リズベット役を獲得することになった。彼女は、3部作全て主演を演じることになっている。

すでに、記者ミカエル役には映画『007/慰めの報酬』のダニエル・クレイグが演じ、監督は、デヴィッド・フィンチャーがメガホンを取ることになっている。撮影は、ソニー・ピクチャーズの発表によると、来月からスウェーデンで行われ、2011年の12月21日の公開を予定しているそうだ。
(シネマトゥデイさんより)


リスベット役はルーニー・マーラさんに決定。
公開予定日は2011年12月21日!!

今後の続報に注目!!

◆関連過去記事
クイズです。「ミレニアム」映画化、最大の難問とは何でしょう?

「ミレニアム」シリーズ完結は2010年9月!!

リメイク版「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」に「007」が登場!?

ハリウッド版「ミレニアム」リスベット役候補出揃う!!

ハリウッド版「ミレニアム」ミカエル役決定!!&原作者スティーグ・ラーソンさんがキンドル向け電子書籍にて初の100万部を達成!!

ハリウッド版「ミレニアム」キャストの行方は―――そしてもうひとつの謎とは?

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」(シネマトゥデイさん)
http://www.cinematoday.jp/movie/T0008056

・「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女(The Girl with the Dragon Tattoo )」(シネマカフェさん)
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/22667/

・「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」(Gooさん)
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD15353/index.html

・「ミレニアム2 火と戯れる女(Millenium 2: The Girl Who Played with Fire)」(シネマトゥデイさん)
http://www.cinematoday.jp/movie/T0008941

・「ミレニアム2 火と戯れる女(Millenium 2: The Girl Who Played with Fire)」(シネマカフェさん)
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/22963/

・「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士(Millenium 3: The Girl Who Kicked the Hornet's Nest)」(シネマトゥデイさん)
http://www.cinematoday.jp/movie/T0008942

・「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士(Millenium 3: The Girl Who Kicked the Hornet's Nest)」(シネマカフェさん)
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/22965/

・「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のハリウッドリメイク版の主役はこの美女に決定!(シネマトゥデイさん)
http://www.cinematoday.jp/page/N0026285

スウェーデン版映画第一作「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]」です!!
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]





◆原作はこちら。


【関連する記事】
posted by 俺 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。