2010年09月04日

新機軸の学習参考書「教科書よりやさしい日本史」(旺文社刊)が日本史を変える!?

「教科書よりやさしい日本史」(旺文社刊)が話題になっています。

教科書よりやさしい日本史2
「教科書よりやさしい日本史」


ソースの「MSN産経ニュース」さんによれば―――

教育出版の大手「旺文社」とアニメ製作大手「プロダクションI.G」が協力し、この夏、ユニークな学習参考書を出版した。タイトルは『教科書よりやさしい日本史』(石川晶康著・1000円)。卑弥呼、聖徳太子や源頼朝、田中角栄ら古代から現代までの人物を人気アニメーターが独特のタッチで表現した異色の内容。「アニメ世代の中高生たちが抱く『日本史は難しい』という思いを変えたい」と、旺文社は狙いを説明している。

教科書よりやさしい日本史1


若者の活字離れは進み、日本史に苦手意識を持つ中高生は多いという。「少しでも楽しく日本史を学べる方法はないだろうか」。旺文社で高校文系の参考書などを担当する編集者の岡崎有里さんは、アニメで育った中高生向けにビジュアル面を意識した参考書の企画を思いつく。社内会議では「なぜ参考書にアニメが必要か」など反対の声も出たというが、岡崎さんは「文章だけでは無味乾燥な史実でも、アニメでイメージできれば歴史に親近感を抱けるはず」と有効性を訴え、許可を得た。そして、「戦国BASARA」シリーズなど戦国アニメのブームを作った「プロダクションI.G」に相談を持ちかけたという。

同社は、カンヌ国際映画祭コンペ部門にノミネートされたアニメ映画「イノセンス」など数々の大作を手掛けてきた国内最大手のアニメスタジオ。学習参考書を手掛けるのは初の試みだったが、人気アニメーターの西尾鉄也さん(42)は「日本史は好きで自分なりに研究もしていたので、よくぞこの企画を持ってきてくれたという思いでした」と快諾した。

豊臣秀吉や坂本龍馬ら歴史上の人物に加え、吉田茂ら昭和の首相まで登場。日本の歴史に影響を与えた要人15人をカラーのイラストでキャラクター化し、再現した。西尾さんは、4コマ漫画で史実を紹介する学習コーナーの作画なども担当。「それぞれのキャラクターをアニメで動かしてもおかしくない造形を目指しました」と明かすように、躍動感あふれる人物像は、読者の想像力をふくらませてくれる。

旺文社の岡崎さんは「日本史を勉強し直したい大人にも勧めたい。好評なら、世界史の参考書なども考案してみたい」と、次の企画も検討している。(戸津井康之)
(MSN産経ニュースさんより)


「プロダクションI.G」が参加した日本史参考書……「すげ〜〜〜っ!!」としか言いようがありません!!

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・旺文社さん公式HP
http://www.obunsha.co.jp/

・キャラ化で歴史に親しみ 人気アニメーター起用し学習参考書(MSN産経ニュースさん)
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/100830/acd1008300743002-n1.htm

「教科書よりやさしい日本史」です!!
教科書よりやさしい日本史





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 既刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。