2010年09月09日

映画「悪人」、書店員の勧める“みどころ”はここ!!&深津絵里さん凱旋帰国!!

9月11日に公開を控える映画「悪人」。
原作を既読でも未読でも「“みどころ”を知りたい」とお思いの方は多いのでは?
そんなあなたに公式HPにて書店員さんからオススメの“みどころ”が紹介されました。

ソースの「シネマトゥデイ」さんによれば―――

7日、モントリオール世界映画祭にて深津絵里が主演女優賞を受賞したことで話題になっている映画『悪人』だが、オフィシャルサイトにて、原作「悪人」の「本屋さんお薦め名シーン5選」が、映画の場面写真と共に掲載され、映画の見どころが紹介されている。

本作は、長崎のさびれた漁村で生まれ育った土木作業員・清水祐一(妻夫木聡)が犯してしまった殺人事件を軸に、人間関係が希薄となった現代に「いったい誰が本当の『悪人』なのか」を問い掛ける意欲作。深津はそんな清水と恋に落ちてしまう女・馬込光代を演じている。

今回、「本屋さんお薦め名シーン5選」として紹介されているのは、「馬込光代が、清水祐一と初めて出会う場面」「逃げ切れない、幸せになれないと知りつつ、光代が『わたしだけ置いていかんで!』と祐一にせがむ場面」「二人で過ごすときの終わりを悟った祐一が、二人の別れを作った場面」「娘の気持ちを踏みにじった学生を追いかけた父親が、その学生の親友に対し『あんた、大切な人はおるね?』と尋ねる場面」の5つだ。原作のおすすめシーンとして紹介されている、この5つの場面だが、原作者の吉田修一が脚本を手掛けた本作は、原作の世界観を見事に映画化しており、原作の名シーンがそのまま映画の名シーンにもなっている。特に光代の「わたしだけ置いていかんで!」というセリフ、柄本明演じる被害者の父親の「あんた、大切な人はおるね?」というセリフは、映画の中でも、観客の心に訴えかける、役者の演技が光る名シーンになっている。

また、『悪人』携帯オフィシャルサイトでは、この5選の動画を見て、「あなたが心ひかれたシーン」の投票を受け付けており、8日20時時点では、「二人の別れを作った場面」が投票数62件で、ほかの場面に20以上の差を付け、1位となっている。11日の公開を前に、この動画で、深津のモントリオール世界映画祭主演女優賞受賞の演技に触れてみるのもよいかもしれない。

映画『悪人』は9月11日より全国公開
(シネマトゥデイさんより)


確かに原作でも印象的なシーンばかり。
やっぱり、あの原作を読んだ人は似たような感想を持つんだなぁ……。
そう思うと、「うちの過去記事にあるネタバレ書評(レビュー)はいくらあらすじとはいえバッサリやり過ぎたかもしれない」とか考えちゃったり……。
でも、原作はほぼすべてが名シーンだしなぁ。
それに、あれはあれで雰囲気を伝えることは出来てると思う……少なくとも大筋は外してない筈!!
ちなみに気になる方は過去記事リンクより「悪人」ネタバレ書評(レビュー)を見てね。

で、次の話題が「モントリオール映画祭」にて「最優秀女優賞」を受賞した深津絵里さんが凱旋帰国されたとのニュース。

ソースの「MSN産経ニュース」さんによれば―――

第34回モントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞した女優、深津絵里(37)が8日、千葉・成田空港に帰国。「最高です!」と喜びを改めて報告した。

深津絵里さんと妻夫木聡さん
「凱旋帰国を果たした深津絵里さん(右)と妻夫木聡さん(左)」


午後3時過ぎに李相日監督(36)、妻夫木聡(29)とともに到着ゲートに姿を見せた深津は、詰めかけた報道陣約30人を見渡し、「みなさんを見て実感がわきました」とニッコリ。

ワールド・コンペティション部門に出品された出演作「悪人」(11日公開)での熱演が評価され、日本人女優としては1983年の田中裕子(55)以来、27年ぶり2人目の快挙となる受賞に、「みんなで獲った賞なのでうれしいです」と目を細めた。

現地時間6日に行われた授賞式後にはスタッフ、キャストらとトロフィーを食卓の中央に置いて祝杯を挙げたといい、隣でほほえんでいた妻夫木も「自分のことのようにうれしいです」と心から喜んだ。

報道陣から「ご褒美に何がほしい?」と問われた深津は、「映画を見てもらうことかな」とキッパリ。自信作に胸を張った。
(MSN産経ニュースさんより)


快挙を成し遂げた深津絵里さん、お写真の顔も晴れやかです。
その雄姿を映画館で拝見しましょう!!
映画「悪人」は9月11日(土)より公開!!

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・深津絵里主演女優賞の『悪人』、見どころはここだ!本屋さんお薦め名シーン5選(シネマトゥデイさん)
http://www.cinematoday.jp/page/N0026766

・深津絵里「最高です!」モントリオールから妻夫木と凱旋帰国(MSN産経ニュースさん)
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100909/tnr1009090728002-n1.htm

・深津絵里が凱旋帰国「最高です」(asahi.comさん)
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201009090021.html

◆関連過去記事
「悪人」(吉田修一著、朝日文庫)ネタバレ書評(レビュー)

吉田修一さんの長編小説「悪人」映画化!!

映画「悪人」主題歌決まる&公開は9月11日に!!

映画「悪人」完成報告会見行われる!!

吉田修一先生の「悪人」が絵本に!?束芋先生による「惡人」が発売!!

映画「悪人」モントリオール映画祭出品!!

映画「悪人」ジャパンプレミア行われる!!

9月11日公開映画「悪人」について李相日監督がコメントを寄せられました!!

映画「悪人」について原作者・吉田修一先生がコメントを寄せられる

映画「告白」&「悪人」の仕掛け人、その正体とは!?

映画「悪人」出演の深津絵里さん、「モントリオール映画祭」にて「最優秀女優賞」受賞!!

「悪人(上) (朝日文庫)」です!!
悪人(上) (朝日文庫)





「悪人(下) (朝日文庫)」です!!
悪人(下) (朝日文庫)





絵本「惡人」です!!
惡人





「妻夫木聡が悪人だったあの2ヶ月 [DVD]」です!!
妻夫木聡が悪人だったあの2ヶ月 [DVD]





映画「悪人(サントラ)」です!!
悪人(サントラ)






【関連する記事】
posted by 俺 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

映画「悪人」誰かと出合いたかった、それだけなのに
Excerpt: 「悪人」★★★★☆オススメ 妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、柄本明、樹木希林出演 李相日監督、139分 、2010年9月11日公開、2010,日本,東宝 (原題:悪人」)     ..
Weblog: soramove
Tracked: 2010-10-28 08:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。