2010年09月12日

サラ・パレツキーさん来日記念イベント続々開催!!

2010年「国際ペン大会」で来日予定であるアメリカの著名ミステリ作家サラ・パレツキー女史。
女史の来日を記念して様々なイベントが行われる予定です。

ソースの「早川書房公式HP」さんによれば―――

東京で開催される国際ペン大会2010のゲストとして、女性探偵V・I・ウォーショースキー・シリーズで知られるアメリカのミステリ作家、サラ・パレツキーが来日します。

サラ・パレツキー女史
「来日されるサラ・パレツキー女史」


■略歴
サラ・パレツキーは1947年アイオワ州エームズに生まれ、カンザス州コー・ヴァレーで育った。カンザス大学を卒業後、シカゴ大学で政治学の博士号を取得し、以来シカゴに住む。1982年に『サマータイム・ブルース』で作家デビュー。ハードボイルド小説の主人公に、自立した女性私立探偵V・I・ウォーショースキーを起用して、注目を集め、高く評価された。1988年に『ダウンタウン・シスター』で英国推理作家協会(CWA)のシルヴァー・ダガー賞を獲得。2002年には同賞のダイヤモンド・ダガー賞(巨匠賞)を受賞し、さらに2003年の『ブラック・リスト』で同ゴールド・ダガー賞も受賞した。V・I・ウォーショースキー・シリーズは、1991年に第2作『レイクサイド・ストーリー』を基にしたオリジナル脚本で「私がウォシャウスキー」(キャスリーン・ターナー主演)として映画化されている。また、著作活動以外にも女性作家地位向上のための団体〈シスターズ・イン・クライム〉の創設に関わり、初代会長を務めた。
日本では〈ヴィク・ファン・クラブ〉が結成されるほどの人気で、キャスターの小宮悦子氏やエッセイストの温水ゆかり氏などがファンとして知られている。今回は1994年のハヤカワ国際フォーラム以来、16年ぶりの来日となる。
写真:(c) Steven Gross

●サラ・パレツキーさん来日記念ミニトーク&サイン会
2010年9月22日(水)18:30〜20:00
場所:MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店(東急百貨店本店7階)特設会場
定員:先着50名(整理券を持参の方)。入場:無料
整理券:9/8(水)よりサラ・パレツキーの8月、9月刊の新刊3作品(『サマータイム・ブルース』『ミッドナイト・ララバイ』『沈黙の時代に書くということ』)いずれかをお買い上げの方、先着50名様。メインカウンターにてご予約承ります。また、電話でもご予約いただけます(TEL:03-5456-2111)

●文学フォーラム 朗読劇とスピーチ「沈黙の時代の作家」
人を、人種や性別という〈檻〉に囲い込む社会制度への反抗が米国の人気ミステリ作家を育て上げた。初めて語る生い立ちと、9.11以降の米国社会への違和感、そして、孤立を乗り越える人々への静かな共感。朗読=山根基世(ことばの杜 元NHKアナウンス室長)、脚本・演出=吉岡忍、画・ライブドローイング=茂本ヒデキチ、作曲=森ミドリ、パーカッション=定成誠一郎・淡紅子、※朗読後、パレツキー本人のスピーチがあります。
2010年9月23日(木 祝日)16:00〜17:30
場所:早稲田大学大隈講堂(地下鉄東西線早稲田駅下車3分)
入場料:無料※ただし、インターネットによる事前の登録申込みが必要。
http://www.japanpen.or.jp/convention2010/
(asahi.comさんより)


有名作家であるサラ・パレツキー女史のお顔を拝見するチャンス!!
興味のある方は是非参加を!!

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・サラ・パレツキー来日!(ハヤカワ・オンラインさん)
http://www.hayakawa-online.co.jp/news/detail_news.php?news_id=00000372

◆関連過去記事
「国際ペン大会」今年は東京で開催、ミステリ作家のサラ・パレツキーも参加!!

2010年国民読書年宣言集会!!

講演会「本と読書、その歴史と未来」は9月7日午後2時より開催

サラ・パレツキー女史のエッセイ「沈黙の時代に書くということ―ポスト9・11を生きる作家の選択」です!!
沈黙の時代に書くということ―ポスト9・11を生きる作家の選択





こちらはV・I・ウォーショースキーシリーズ「ミッドナイト・ララバイ ((ハヤカワ・ミステリ文庫))」です!!
ミッドナイト・ララバイ ((ハヤカワ・ミステリ文庫))





同じく「サマータイム・ブルース〔新版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)」です!!
サマータイム・ブルース〔新版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)





◆サラ・パレツキーさんのその他の作品はこちら。




【関連する記事】
posted by 俺 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。