2010年09月19日

麻耶雄嵩先生最新作「隻眼の少女」は2010年9月30日発売!!

「貴族探偵」も好評な麻耶雄嵩先生の最新作「隻眼の少女」。
9月頃とアナウンスされていたその正式な発売日が決定しました。
発売日は9月30日です!!

2010年10月1日追記「隻眼の少女」(麻耶雄嵩著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)追加しました。リンクよりどうぞ。

それに伴い版元である「文藝春秋社」さん公式HPではあらすじと共に表紙カバー絵が公開されました。

「隻眼の少女」(麻耶雄嵩著、文藝春秋社刊)とは―――

<あらすじ>

隻眼の少女


新本格界のプリンスが放つ超絶ミステリーの頂点

寒村でおきた殺人事件の犯人と疑われた大学生・静馬を救った隻眼の少女探偵・みかげ。事件は解決したが、18年後に再び悪夢が…

自殺する場所を求め寒村の温泉宿を訪れた大学生の種田静馬は、少女の首切り事件に遭遇する。犯人の罠により殺人犯と疑われた静馬を見事な推理で救った、水干姿の隻眼の少女探偵・御陵みかげ。静馬は助手見習いとして、みかげと共に事件の謎に挑む。みかげは父を失いながらも難事件を解決するが、18年後に同じ村で再び惨劇が……。本格ミステリ界のプリンスが放つ、超絶の問題作登場です!(AK)
(文藝春秋社さん公式HPより)


とりあえず、あらすじからストーリーを妄想すると、18年後の事件の真相は城平京先生「名探偵に薔薇を」や法月倫太郎先生のアノ作品の系統かなぁとか思っちゃいますが果たして……。

「名探偵に薔薇を」(城平京著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)
(過去記事に繋がります)

価格は1995円。
ファンは刮目して待て!!

◆麻耶雄嵩先生関連過去記事
[メルカトルと美袋シリーズ]
「メフィスト 2010 VOL.1」より「メルカトルかく語りき 第二篇 九州旅行」(講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「貴族探偵」(集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

話題の新作「TRICK×LOGIC(トリックロジック)」収録シナリオが明らかに!!

麻耶雄嵩先生最新作「隻眼の少女」は9月発売!?

「隻眼の少女」です!!
隻眼の少女





◆麻耶雄嵩先生の作品はこちら。



【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。