2010年09月26日

遂に来た!!「TSUTAYA」が中古書籍に参入開始!!

「TSUTAYA」の屋号で知られるCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)が遂に中古書籍への参入を開始しました。

ソースの「asahi.com」さんによれば―――

CDやDVD、本の販売・レンタル店「TSUTAYA」を展開するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)は24日、中古本の買い取り・販売に新たに乗り出した。中古本市場での競争激化が予想され、新刊書市場への影響を指摘する声もある。

横浜市の「TSUTAYA横浜みなとみらい店」内に開店した「ecobooks」(エコブックス)1号店の中古本の品ぞろえは約10万冊。新刊書、レンタル本を含めた約22万冊から、お客は好きな商品を選べる。1カ月間の売り上げ目標は800万円。今年度中に首都圏や大阪府内などに10店舗を開店し、5年以内に全国で200店舗に広げる計画だ。

現在、中古本市場の規模はネット販売を除いて推定800億円強。ブックオフが6割のシェアを占めているが、TSUTAYAの参入で競争が激しくなりそうだ。全国にブックオフが914店舗あるのに対して、TSUTAYAは1391店舗。TSUTAYAの参入にブックオフは、「新刊書店が中古本の販売に参入している流れの一つ。当社の仕入れ力と、圧倒的な在庫量で自分たちの強みを生かしていく」とコメントした。

一方、新刊書の売り上げがさらに減るのではないかとの懸念もある。講談社の森武文常務は「資本力のあるTSUTAYAがリサイクルビジネスに本格参入することで、新刊への影響は避けられない」と話した。(西秀治)
(asahi.comさんより)


遂に始まった中古書籍業界へのTSUTAYAの参入。
ブックオフに強敵現るか?

電子書籍化の波に、中古書籍の台頭。
まさに前門の虎、後門の狼状態。
新書販売にとっては受難の時代が続きそうです。

とはいえ、消費者にとっては選択の幅が広がることは何にしろ良いこと。
今後の推移に要注目!!

「カルチュアコンビニエンスクラブの仕事大解剖 (就職ジャーナル人気企業シリーズ)」です!!
カルチュアコンビニエンスクラブの仕事大解剖 (就職ジャーナル人気企業シリーズ)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他ミステリ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。