2010年10月11日

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第18話ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第18話ネタバレ批評(レビュー)です!!

三億円事件奇譚 モンタージュ1


<第18話あらすじ>

各メディアに送り付けられた三億円事件のものと思われる旧紙幣。
それは各所で話題を呼び、今も特別番組が放送されていた。

「これは三億円事件の犯人じゃないよ〜〜〜愉快犯の犯行だよ、君ィ」
ゲストとして呼ばれているらしい丸顔に眼鏡、髭のミステリ作家・土居が余裕綽々に笑う。
「しかし、これらの旧紙幣がどうもあちこちの郵便局から送られていることから複数犯を示唆しており、かなり信憑性があるのではとの声もあるようですが?」
そんな司会者の問いにも動じない土居は笑いを絶やさない。
「いやいや、そんなのは関係ないよ。そもそもこれが本当の三億円事件の犯人だとしたら何故、番号が公的に判明している例の五百円札を出さないのかね?それこそ正真正銘の証拠だろうに」

そこに突如、灰皿が投げ込まれ途切れる土居の得意顔。
後には砂嵐が続く。
ここは関口の部屋。
関口が怒りのあまりテレビに向かって灰皿を投げ込んだのだ!!
「肝心の証拠は僕が握ってますってことかよぉぉぉ、えぇぇぇぇ!!」
ひとしきり土居の言う正真正銘の証拠を持っている大和への怒りをぶつける関口。
ややあって。
「まぁいい。今すぐ会いに行くよ」
自分を取り戻すとそう呟くのだった。

数時間後―――大和と未来はといえば、前回泰成が気付いたとおりホテルに隠れていた。
テレビ局に旧紙幣を送り付けた後、事の推移を眺めているようだ。
そこへ忙しないノックの音が。
マズイ……顔を見合わせる大和と未来が渋々扉を開け放つと、飛び込んできたのはあの夏実。
どうも憤っているらしく大和に詰め寄る。
「太郎さん(大和が15話に使用した偽名)!!あれは、どういうことなんですか?」
夏実の剣幕にたじろぐ大和に夏実の追い打ちが続く。
「無実の証拠を捜すためだって聞いたから協力したんですよ!!それなのに、あんなお金なんて……」
「いや、あれはここから移動する為に相手を混乱させようとやった事なんだ。手配されてる僕たちじゃ出来なかったよ。君には確かに感謝してる。」
慌てる大和はともかく夏実を宥めることに必死だ。
大和の弁明に一応、落ち着いた様子を見せる夏実。
すかさず、危険だから以降は関わらないようにと伝える大和だったが……。
「だって太郎さんのこと好きになっちゃったんだもん」
と、夏実は一歩も譲らない。
「とりあえず明日も協力してもらうとして、疲れただろうから一旦家に帰って休んだ方がいい」
仕方なく、夏実の言い分をその場は飲んだかに見えた大和。
夏実は大和の言葉を信じ、その場を去る。
大和の安請け合いに心配顔の未来。
そんな未来に大和が呟く。
「大丈夫、明日には此処には居ないんだから……居なければ捜しようもない」

一方、半ば追い出されるような形で家路へとつく夏実。
「あたしって馬鹿だな。名前も知らない人のこと好きになっちゃうなんて……」
少し肩を落とした様子で悄然と街中を歩いている。
その肩へ差しのべられた手が。
「ひっ!!」
驚きながら振り向くとそこには警察手帳を掲げた関口の姿……その眼はどこか暗く沈んだ喜びに浸っていた―――19話に続く。

<感想>

ついに夏実に届いた関口の魔手。
前回の聞き込み調査が実を結んでしまったようです……。
夏実はどうなってしまうのか?

ありえるのは、関口とすれば往来で夏実を脅して自白させるわけにもいかないだろうから、素知らぬふりで大和たちの事を明かし、その場は夏実の話に合わせておいて、泳がすんじゃないでしょうか?
それで大和たちの潜伏先を突き止める、と。
で、いいところで別方向から大和たちを追っていた水原が割って入り大和たちに逃げられるパターン?

あるいは、ここでもう「検挙率100%男・水原」の登場か。
水原は関口を知らないだろうから正義感で夏実を助けようとするのかな?

どちらにしろ、水原は本人の思惑はどうあれ大和たちを助ける結果に終わりそうかな。
もし、上記予想が当たってれば、関口の怒りをかうであろう水原の安否が心配だ……。

それにしても、夏実は報われないな。
関口と会わなければ大和たちとあの場でお別れ。
会ったら会ったで被害に遭ってしまう。
何より、大和の名前を知らないのもつらい。
ここで気付いたが、大和たちは未成年だから手配がかけられてても名前は公開されていないのか。
“指名手配”ってぐらいだから公開されているものと思っていました。
この点でも、夏実は報われないなぁ。

そうそう、そろそろ未来の両親の安否も気にかかるところですが……。
未来の両親にについては発売済みの1巻が詳しいと思うので興味のある方はそちらを。
ちなみに過去記事にもありますよ。

グイグイ面白くなっている「三億円事件奇譚 モンタージュ」。
逃亡し続ける大和と未来の明日はどっちだ!!
19話に期待です!!

◆関連過去記事
「ヤングマガジン27号」(講談社刊)より「三億円事件奇譚 モンタージュ」連載開始!!

・各回ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第1話から10話までまとめ

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第11話ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第12話ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第13話ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第14話ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第15話ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第16話ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第17話ネタバレ批評(レビュー)

遂に単行本に!!
10月6日発売された「三億円事件奇譚 モンタージュ(1巻)」です!!
モンタージュ(1) (ヤンマガKCスペシャル)





本作の作者である渡辺潤先生が描き伝説のラスト(○○○落ち)を迎えた「代紋TAKE2(62)<完> (ヤングマガジンコミックス)」です!!
代紋TAKE2(62)<完> (ヤングマガジンコミックス)





全巻セットはこちら。
「代紋TAKE2 全62巻完結(ヤングマガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]」です!!
代紋TAKE2 全62巻完結(ヤングマガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]





「RRR(10) <完> (ヤングマガジンコミックス)」です!!
RRR(10) <完> (ヤングマガジンコミックス)





◆渡辺潤先生の作品はこちら。



【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。