2010年10月15日

湊かなえ先生「告白」が「高校生が友人に読ませたい本」に選ばれる&朝日新聞にて「往復書簡」が取り上げられる

湊かなえ先生「告白」が「高校生が友人に読ませたい本」に選ばれたそうです。
正直、「おおっ!!」と納得すると共に「いいのかな……」と不安にも思う結果のような気がします。

このニュースは「北海道新聞」さんがソース。
「北海道新聞」さんの記事をまとめると次のような感じになります。

10月13日まで函館市内で開かれた「全道高校図書研究大会」。
その「道高文連図書専門部」が「全道の図書局員が選ぶ『友だちに読ませたい本』」の調査を初めて実施した結果、1位が湊かなえ先生の「告白」だったとのこと。

ちなみにこの調査は大会の参加校115校を対象に行い、57校より回答を回収。
各校ごとにベスト3を挙げ、1位5点、2位3点、3位1点とポイントを割り振った上でランキングを決定したもの。
結果はベスト6まで公表したとのこと。

「北海道新聞」さんでは、その他の5作について触れられていないものの、「上位は発刊から数年以内のミステリーなどが占めた」そうです。

・高校生が友人に読ませたい本 1位は湊さん「告白」 新作志向、ミステリー人気(北海道新聞さん)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/culture/255354.html
(外部サイトに繋がります)

「上位をミステリが占めた」ということで、これまで意識してみませんでしたが、映画化される「インシテミル」然り「白夜行」然り、現代はミステリ隆盛の時代なのかもしれませんね。

それにしても1位が「告白」。
確かに主な登場人物は高校生が中心とはいえ、管理人なんかはあれを友人に読ませるのは抵抗があるんだけど……そうでもないのかなぁ……。

だけど、読後感を共有したいという意味では理解できる行動かもしれない。
あの負の感情だけを刺激する作品は誰かと分かち合いたい衝動に駆られないこともないんだよな。
あれを読んだ感想を多くの人に知ってもらいたいとの欲求は確かにあった。
だから、管理人もブログの記事に残したワケだし。
話題性重視で友人に教えてあげたいとの気持ちも理解できる。

そうだな、「告白」は友人よりも自分と感性の近い親友と一緒に読んで感想を共有するのが一番かもしれないな。
その意味ではこの結果は至極真っ当な結果なのかもしれない。

そんな「告白」の著者・湊かなえ先生「往復書簡」が朝日新聞さんで取り上げられました。

それによれば、「往復書簡」は「自身が初めて描く希望が見える終わり」を形にしたものだとか。

「告白」は、事件の「負の連鎖」が続き、最後は「ある境界線」をも踏み越えてしまう物語。
「夜行観覧車」は、その「境界線」の手前で踏みとどまる物語。
「往復書簡」は、「負の連鎖が続いても、これから良くなると想像できるようにしたかった」物語。

湊先生は「(『告白』を受けて)他にどうにかできなかったのか、ずっと考えていました」とのこと、その結果が「往復書簡」となるようです。
他にも、ソース記事では湊先生の作品の作り方などファンには興味深い内容が書かれているので興味のある方は是非、チェックを。

・手紙で交わす「告白」 湊かなえさん新作『往復書簡』(asahi.comさん)
http://book.asahi.com/clip/TKY201010140245.html
(外部サイトに繋がります)

ちなみに「往復書簡」については「『手紙だから言えること』キャンペーン」を実施中です。

「『手紙だから言えること』キャンペーン」とは―――

家族へ、友人へ、恋人へ、まだ会ったことのない人へ、もういなくなってしまった人へ。「ありがとう」という感謝、なかなか言えなかった「ごめんなさい」というお詫び、「実は……」という、今、手紙だからできる告白など。ご自分のお好きなレターセットに「手紙だから言えること」を自由に綴ってお送りください。
(幻冬舎公式HPより)


のこと。締切は2010年11月30日まで。興味のある方は下記サイトより詳細をどうぞ。

・「手紙だから言えること」キャンペーン(幻冬舎さん公式HP)
http://www.gentosha.co.jp/pickup/letter/index.php
(外部サイトに繋がります)

一応、こちらの過去記事にも詳細は載ってます。

湊かなえ先生「往復書簡」発売記念「『手紙だから言えること』キャンペーン」実施中&湊かなえ先生サイン会開催!!

◆関連過去記事
・小説版「告白」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「告白」(湊かなえ著、双葉社刊)

・コミック版「告白」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
コミック版「告白」(湊かなえ原作、木村まるみ画、双葉社刊)ネタバレ批評(レビュー)

「少女」(湊かなえ著、早川書房刊)ネタバレ書評(レビュー)

「贖罪」(湊かなえ著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「往復書簡」です!!
往復書簡





「コミック版 告白」です!!
コミック版 告白





「告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)」です!!
告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)





「告白 オリジナル・サウンドトラック」です!!
告白 オリジナル・サウンドトラック





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さん情報!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。