2010年10月15日

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像3 危険な判決「許されざる復讐心…容疑者への憎悪が生む第2の殺人…ナイフに刻まれたギリシャ語が示す真犯人の殺意」(10月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像3 危険な判決「許されざる復讐心…容疑者への憎悪が生む第2の殺人…ナイフに刻まれたギリシャ語が示す真犯人の殺意」(10月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

新宿・歌舞伎町で刺殺事件が発生。現場に急行する十津川省三刑事(高嶋政伸)と亀井定男刑事(古谷一行)。ナイフで刺殺された若い男性は上条雄一郎(岡本光太郎)と判明、しかも上条は、強姦殺人の容疑者だった。
早速聞き込みを開始する十津川と亀井は、強姦殺人事件の被害者の姉・島野篤子(滝沢沙織)を訪ねた。そこで篤子は「妹は上条に殺された。絶対許さない」と十津川たちに話す。十津川は、復讐の可能性がある篤子のアリバイを聞く。

そのころ、多摩北署管内で上条を刺殺した同じようなナイフが同封された脅迫状がビルメンテ社長の西沢豊(野村宏伸)あてに送りつけられていた。多摩北署の八木刑事(金山一彦)と角田刑事(六平直政)とともに向かう十津川と亀井。脅迫状の内容は「金森を殺した証拠を握っているから現金500万円を用意しろ」というものだった。金森とは西沢と仕事でトラブルを起こしていた男だ。

そして犯人が西沢に現金渡しの指示をしてきた。指定された場所へ向かう西沢と十津川たちだったが、犯人の車を使った巧妙な作戦で現金を奪い去られてしまう。捜査を進め逃走車の持ち主宅をつきとめ向かう十津川だったが、その持ち主は遺体となって発見される。

徹底的に事件を洗い直す十津川と亀井、そして意外な人物が浮かび上がってくる。さらには十津川のところに「角田刑事が変死体で発見された」という情報が入ってくる…。
(金曜プレステージ公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

脅迫状の主、TKの正体を探る十津川。
現金受け渡しを経て“小池徹也”という男性が浮上、イニシャルはTK。
ホンボシではと意気込む十津川達が自宅を訪ねたところ小池は既に死亡していた。
室内からは例のナイフも発見。
青酸カリを服用した物で自殺かと思われたが……。

小池鉄也にも前科があることが判明。
薬物のバイヤーだったらしい。
しかも、同棲相手の女性を殺害した疑いも持たれていた。

十津川は小池の性格から自殺はありえないと判断、他殺を疑う。
上条、西沢、小池の共通項が「殺人の容疑者であること」に気付いた十津川は西沢が危ないと察知。
影ながら警護を続ける。

麻薬パッチの台紙がきっかけで角田刑事が捜査線上に浮上。
しかも、上条、西沢、小池の関与した事件すべての捜査に関わっていたことから疑惑は深まるばかり。
正義感の強い角田の暴走を疑う十津川。

矢先、当の角田が変死体で発見。
死亡時刻に西沢が現場を訪れていたことが判明し、西沢が連行される。
証拠はすべて西沢の犯行を指し示していた。
西沢はたまたま知り合った名前も知らない女に嵌められたと主張。
角田の身体に防御創などがあったこと、角田が余命わずかであったことから作為を感じた十津川は角田の自殺を看破する。

島野篤子を訪ねる十津川。
西沢を嵌めたのは彼女だった。
自殺した角田を他殺に偽装したことを指摘する十津川。
だが、「角田の正義こそが正しい」と主張する島野は譲らない。
しかも、「角田は別としても金森を殺害した西沢を見逃すのか?」と挑発。

十津川はこの挑戦を受け、金森殺害犯が西沢であることを立証しようとする。

事件当日、金森を事務所まで送り届けた西沢。
金森と別れた後、死亡推定時刻にはバーで飲んでいたとの西沢のアリバイは完璧。

しかし、バーのママによれば、普段現金で飲む西沢があの日に限ってはカードで支払いを済ませたと言う。
午前1時の控えを貰う為にカードを使用したと考える十津川。
西沢のアリバイに作為を感じた亀井は死後経過時間がコントロールされたのでは……と推理。
死亡推定時刻の絞り込みに金森の胃の内容物が決め手となっていたことに注目した十津川は消化をコントロールする方法を発見。
「西沢は金森を二度殺害した!!」と興奮気味に語る。

西沢と対決する十津川。
胃の消化が極端に遅くなる場合がある―――そう語り出すと十津川の目の前の西沢は動揺を隠せない。
犯行当日、送り届け別れる直前に金森を半殺しにした西沢。
仮死状態になった金森は胃の内容物の消化が遅くなった。
西沢はバーでアリバイを作った後に犯行現場に舞い戻り止めを刺したのだった。

それでも犯行を否認する西沢に十津川は指紋という切り札を持ち出す。
西沢の指紋が金森の事務所から検出されていたのだ。
金森を事務所に送った際についた指紋だと主張する西沢。
だが、西沢の知らない所でその可能性は否定されていた。

金森の事務所の清掃を担当していたのは西沢の会社。
本来の清掃日は事件の前日、つまり月曜の筈だった。
しかし、西沢は部下の仕事に厳しく清掃結果については直接の上司の検査を受け合格しない限り再清掃という決まりだった。
しかも、これを複数回繰り返すとクビになってしまう。
事件当日も上司は検査を行い不合格と判定した。
とはいえ、このままでは担当者がクビになってしまうと考えた上司は西沢に報告せず、西沢がアリバイを作っていた時間ピッタリに清掃を行っていた。
つまり、事務所に送った際の指紋はその際に消されていたのだ。
当然、検出された指紋はそれ以降になる。

弁明できなくなった西沢は罪を認め逮捕される。
それを知った島野は角田から預かった十津川宛の手紙を手渡す。
そこには角田が上条や小池を殺害し西沢を罠に嵌めたこと、角田が脅して協力させたもので島野に罪が無いことも記載されていた。
「どこで道を間違えたのだろうか?」と結ばれた手紙は十津川の心を大きく揺さぶる。

そんな十津川に「角田さんをそこまで追い詰めたのは私です」と訴える島野。
上条が逮捕されないことに業を煮やし、角田を責め立てたらしい。
自らの意志で角田に協力したと語る島野は角田の工作に加担した罪で逮捕される。

これが彼女なりの正義だったんだ……そう呟く十津川―――エンド。

<感想>
原作を読んでいなかったのでまっさらな気持ちで視聴できました。

複数の事件をひとつのストーリーに無理矢理まとめたような印象で違和感があった。
ちょっと継ぎ接ぎ感が強いが……その分、1話で2度も3度も楽しめたと考えれば……アリかもしれない。

金森殺害時のアリバイトリック自体は酷かった(狙い通りいくか不確定な上に曖昧過ぎるだろう)が、それを暴く際の社員の清掃云々のくだりは良かった。
中の上くらいの評価。
なかなか満足。

ちなみに、金曜プレステージ次回は「東野圭吾ドラマスペシャル 探偵倶楽部」とのこと。

東野圭吾先生原作「探偵倶楽部」がドラマ化!!

「探偵倶楽部」(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

公式を確認しましたが、原作とはほぼ別物の様子。
原作では名前を名乗らなかった探偵に名前がついてますし、元助手とかいろいろ設定が付加されていますね。

あの原作の特徴が窺えないような……とても、嫌な予感がします……これらの改変が吉と出るかどうか?
次週(10月22日)に注目!!

<キャスト>

十津川省三:高嶋政伸
島野篤子:滝沢沙織
西沢 豊:野村宏伸
平塚八重子:山村紅葉
八木刑事:金山一彦
牛込刑事:梨本謙次郎
角田啓吾:六平直政
亀井定男:古谷一行 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


◆関連過去記事
【シリーズ前作はこちら】
金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像2「都民1300万人を誘拐した…都知事への脅迫電話で始まる連続殺人事件…死体に隠された秘密とは?愛と憎しみの復讐劇」(6月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【土曜ワイド劇場の十津川はこちら】
土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー 伊豆の海に消えた女(西村京太郎スペシャル 伊豆の海に消えた女特急踊り子160分間の殺意!遺書と指紋の罠十津川警部vs謎の5人の美女)」(10月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎スペシャル 山形新幹線・つばさ111号の殺人!謎の駅に途中下車のトリック十津川警部vs黒い帽子の女…」(2月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【原作者・西村京太郎先生関連記事】
・関連するドラマはこちら。
金曜プレステージ 西村京太郎スペシャル警部補・佐々木丈太郎「告白〜狙われた小学校…次々殺される育児放棄の親達!容疑者は女教師、生徒が目撃者崩壊した教室で何が」(8月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・関連するその他の事柄はこちら。
西村京太郎先生が選ぶ自身のベスト3作品とは?

「湯河原文学賞」作品募集!!(審査員をされてます)

「第二回麻雀トライアスロン 雀豪決定戦」に綾辻行人先生&西村京太郎先生が参加!!

「十津川刑事の肖像 (徳間文庫)」です!!
十津川刑事の肖像 (徳間文庫)





「十津川刑事の肖像 (トクマ・ノベルズ)」です!!
十津川刑事の肖像 (トクマ・ノベルズ)





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。