2010年10月21日

アガサ・クリスティ「ポアロにうんざり」発言にファン「え〜〜〜っ!!」と叫ぶ

アガサ・クリスティが創作した稀代の名探偵エルキュール・ポアロ。
その創造主であるアガサ・クリスティが「ポアロにうんざり」していたことが明らかになりました。

これは、クリスティの孫であるマシュー・プリチャードさんが英誌ラジオ・タイムズに明かしたもの。

マシュー・プリチャード1
「マシュー・プリチャード氏」


それによればクリスティはあくまでポアロを“生計の手段”として考えていたとのこと。
「でも、エージェントや出版社、資産管理者らはポアロを大好きだった」ともプリチャードさんは語られています。

マシュー・プリチャードさんと言えば以前の記事で「忘られぬ死」の創作秘話についても語っていらっしゃった方です。

アガサ・クリスティー生誕120年展覧会開催中!!

知りたかったような知りたくなかったような秘話がどんどん明かされて行くなぁ……ちょっと、複雑。

詳細は下記「AFP通信」さんへのリンクよりどうぞ(外部サイトに繋がります)!!



◆関連過去記事
映画原作「ホロー荘の殺人」ネタバレ書評(レビュー)あります!!
「ホロー荘の殺人」(アガサ・クリスティー著、中村能三訳、早川書房刊)よりどうぞ!!

ポアロシリーズ最終作「カーテン」ネタバレ書評(レビュー)はこちらから。
「カーテン」(アガサ・クリスティー著・中村能三訳 、ハヤカワ書房刊)

イベントも開催中!!
アガサ・クリスティー生誕120年展覧会開催中!!

早川書房、アガサ・クリスティー賞を新設!!

金沢にてアガサ・クリスティー原作「検察側の証人」舞台上演決定!!

舞台「検察側の証人」東京公演決定!!

「名探偵ポワロ」ニュー・シーズン DVD-BOX3は2010年12月3日発売開始!!

「カーテン (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
カーテン (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さん情報!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。