2010年10月30日

第1回山田風太郎賞受賞作決まる!!栄冠は貴志祐介先生に

10月29日、角川書店さんが主催する第1回山田風太郎賞受賞作が決定しました。

第1回の栄冠は貴志祐介先生「悪の教典」に輝きました!!

おめでとうございます!!

第1回山田風太郎賞候補作は次の通りでした。
この激戦を潜り抜けての受賞となると価値も高いですね。

【候補作】(著者、書名、出版社名の順)

綾辻行人 『Another』(角川書店)
有川浩 『キケン』(新潮社)
海道龍一朗 『天佑、我にあり』(講談社)
貴志祐介 『悪の教典』(文藝春秋)
森見登美彦 『ペンギン・ハイウェイ』(角川書店)
(著者五十音順、敬称略)


実は管理人はこの候補作の中では「Another」以外読んでいない……ので、作品間の優劣については分かりません。
で、困った時のネット情報源というワケで早速調べてみたところ「悪の教典」はなかなかの評価の様子。
「衝撃的」とか「革新的」とか文字が躍っています。
こりゃ、訳知り顔で語る為には読まなきゃダメかなぁ……と思う次第。

上記の理由で作品内容は別にして感想を述べると……。

貴志先生といえば、既に日本ホラー小説大賞、日本SF大賞、日本推理作家協会賞を受賞済み。
今回の受賞で更なる飛躍が見込めるか。

さらに「青い炎」や「硝子のハンマー」、「黒い家」など代表作の多くが角川書店発であることもあり角川書店自身にもメリットの大きい受賞となったかも。

そういえば、米澤穂信先生の「インシテミル」が映画化され話題になっているように貴志先生の「クリムゾンの迷宮」も映画化するんじゃなかろうか。

などなど、貴志先生にはメディアミックスも狙える作品が多く今後の露出も増えそう。
要注目の作家さんです。

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・第1回山田風太郎賞公式HP
http://www.kadokawa.co.jp/award/yamada/

◆関連過去記事
第1回山田風太郎賞候補作品決まる。選考会は10月29日!!

受賞作「悪の教典 上」です!!
悪の教典 上





同じく「悪の教典 下」です!!
悪の教典 下





【関連する記事】
posted by 俺 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説賞関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。