2010年10月31日

2011年1月4日からスタートされるNHKドラマ10は「フェイク 京都美術事件絵巻」に決定!!脚本は「相棒」や「科捜研の女」で知られる岩下悠子先生に!!

2011年1月4日からスタートされるNHKドラマ10が「フェイク 京都美術事件絵巻」に決定されました。

2011年1月5日追記NHKドラマ10「フェイク〜京都美術事件絵巻」1話「幻の伊藤若冲」(1月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)追加しました。リンクよりどうぞ!!

「フェイク 京都美術事件絵巻」はNHKと東映が共同制作するミステリーとのこと。
脚本は「相棒」や「科捜研の女」で知られる岩下悠子先生が担当されるとか。

おおおおおおおおおおおおおおおおおおっ……。
何だか本格っぽいぞ……。

そして主役は5年ぶりの連続ドラマ主演となる財前直見さん。
演じるのは鋭い美術品鑑定能力を持った大学非常勤講師の主人公・浦沢右役。
名前の由来は「右に出るものなし」から付けられたとかでその名の通り類稀な鑑定ぶりで事件を解決していくとのこと。

NHK公式HPさんによれば、財前さんの他に南野陽子さん、佐野史郎さん、寺田農さん、藤村志保さんが出演されるらしい。

「フェイク」というタイトルや古美術界を舞台にした作品とのモチーフで思い出すのはジャンルが違いますが漫画の「ギャラリーフェイク」。
アニメ化された「Gu-Guガンモ」で知られる細野不二彦先生の作品です。
藤田という主人公が助手のサラと共にさまざまな有名美術品を巡り、時に殺人、時に誘拐などの犯罪に巻き込まれながらも依頼を達成する作品でした。
「ギャラリーフェイク」はすでに完結しており、その終盤はちょっとと思いますが初期から中盤にかけてはかなりの良作。管理人のオススメ作品です。
あちらも相当な完成度を誇っていた人気作ですがこちらは違うアプローチとなるのか?

おそらく世界を股にした「ギャラリーフェイク」に対し、「フェイク 京都美術事件絵巻」は府内に限定し日本の陶磁器や掛け軸、蒔絵などを対象にするのかなぁ……とか妄想しますが。

そういえば、同じく漫画になりますがゴルゴ13みたいな天才贋作家を描いた里見桂先生の「ゼロ THE MAN OF THE CREATION」も贋作を通じて事件を解決し人の闇を暴いたり、人を癒したりする作品。
各エピソードが「感謝します、ムッシュゼロ……」で完結するあの作品ですね。
他にも「ツッッッッッっ」なども多用されてて特徴的。
「ギャラリーフェイク」同様、こちらもオススメです。
ただし、最近はちょっとマンネリ気味なので初期の頃の作品が面白いと思う。
それと独特なテンポで進むので初期の2、3作を読んでみて肌に合うか確認することも重要。
おっと話が逸れた。

う〜〜〜ん、「フェイク」に拘らなければもっと似たモチーフは多そうだぞ。
如何にしてオリジナリティを出しつつドラマとして成立させるのか?
続報に注目すべし!!

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・ドラマ10『フェイク 京都美術事件絵巻』制作開始のお知らせ
http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/22000/63857.html

「ギャラリーフェイク (1) (ビッグコミックス)」です!!
ギャラリーフェイク (1) (ビッグコミックス)





「ゼロ 73 THE MAN OF THE CREATION (ジャンプコミックスデラックス)」です!!
ゼロ 73 THE MAN OF THE CREATION (ジャンプコミックスデラックス)





アニメ化された「ギャラリーフェイク BOX RED [DVD]」です!!
ギャラリーフェイク BOX RED [DVD]





同じく「ギャラリーフェイク BOX GREEN [DVD]」です!!
ギャラリーフェイク BOX GREEN [DVD]





同じく「ギャラリーフェイク BOX BLUE [DVD]」です!!
ギャラリーフェイク BOX BLUE [DVD]





【関連する記事】
posted by 俺 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。