2010年11月16日

月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ9「坂本龍馬殺人事件〜11月15日は龍馬の命日今宵京都で連続殺人!変死体は狩矢の親友…辞表を胸に復讐の炎を燃やす!カギは龍馬」(11月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ9「坂本龍馬殺人事件〜11月15日は龍馬の命日今宵京都で連続殺人!変死体は狩矢の親友…辞表を胸に復讐の炎を燃やす!カギは龍馬」(11月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

京都府警、狩矢荘助警部(船越英一郎)の友人で、弁護士の才谷良雄(橋爪淳)が太秦映画村の控室で死体となって発見された。才谷は映画村で行われる食品会社のパーティーの余興で、坂本龍馬の寸劇に出演することになっており、龍馬の扮装のまま死んでいた。毒を飲み、部屋は密室だった。
食品会社は才谷が勤める弁護士事務所の重要なクライアントである。才谷の上司、西片一郎(螢雪次朗)は才谷が別の顧客の資産を着服していたようだと打ち明ける。悪事が発覚することを悟った才谷が自殺したようにも見えるが、親友の無実を信じる狩矢は、懸命に捜査を進める。
才谷の同僚弁護士、薬師寺小夜(安達祐実)と岡田陽一(辻本祐樹)の証言や才谷の遺品から、才谷が食品会社を揺るがせる重大な犯罪の証拠をつかみ、告発しようとしていたことが分かった。さらに、坂本龍馬の像と龍馬の墓に、謎を解く手がかりが隠されていた。
狩矢は食品会社の会長で関西財界の大物、南信彦(神山繁)にその事実を突きつけるが、南の守りは堅く、狩矢は上司から捜査の打ち切りを命じられる。
信念を貫くため辞表を提出した狩矢を、部下の皆川悠子(雛形あきこ)と橋口健太(黄川田将也)たちが支える。捜査が難航する中、関係者が相次いで殺され、さらに疑惑が深まるが…。
(金曜プレステージ公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

才谷に続き岡田も殺害。

捜査の結果、才谷が担当する食品会社・京阪フーズの食品偽装を告発しようとしていたことが判明。
これが殺害される動機となったと考える狩矢は、京阪フーズの経営者・南に面会。
挑戦状を叩きつける。

才谷死亡時の状況を再現しその密室トリックに気付く狩矢。
そのトリックは事前に鍵を取り換えておき、死体発見時に元に戻すというものだった。

密室の謎も解け、いよいよ容疑者を絞り込むことに。
捜査線上には西片が浮上するが……。

矢先、西片も青酸カリで死亡してしまう。
被疑者死亡で送検しようとする上司と衝突する狩矢は退職覚悟で単独の捜査を続行する。

ガソリンスタンドの店員の証言により西片が死の直前に愛車にガソリンを満タンまで補充していたことが判明。
自殺する人間が帰りを考えてガソリンを補充する筈がない。
西片の死が自殺ではないと見抜いた狩矢は犯人に目星をつける。
ただ、動機が分からない。

ひとり奔走する狩矢。
そんな狩矢を志同じく支える皆川ら部下たち。
橋口の調査により、西片が金融会社とグルになり被害者を一家心中にまで追い込んでいたことも明らかに。
その被害者の名は薬師寺と言った―――。

その頃、西片の死により西片の弁護士事務所との顧問契約を解消した南は新たに薬師寺と顧問契約を結ぶ。

絶頂にある薬師寺を呼び出す狩矢。
才谷、岡田、西片の3人を殺したと告発する。
薬師寺の動機は家族の仇である西片を殺害しそっくりそのままその座を奪うこと。
その為には食品偽装を告発させるワケにはいかず才谷と西田を殺害したのだ。

西片の車から検出された指紋を証拠に追い詰める狩矢だが薬師寺は過去についたものだと言い逃れる。
だが、西片の車は死の直前にガソリンスタンドで清掃されており指紋は綺麗に拭きとられている筈だった。
にも関わらず、指紋が残っていたということは……。

こうして、言い逃れることも出来なくなった薬師寺はあっさりと罪を認める。

家族が心中して以来、親戚をたらいまわしにされ続けた薬師寺は西片への復讐を糧に生きて来た。
そこで才谷を殺害後、南と取引し西片の座を奪う約束を結ぶ。
南は全力で薬師寺をバックアップすることを明言。
その後、才谷殺害で脅迫してきた岡田を殺害。
当初の計画通り西片を殺害したのだった。

自身の復讐を正義として語る薬師寺に才谷の志を伝えようとする狩矢だが、薬師寺はそれを否定。
そのまま連行される。
そんな薬師寺の心を救えなかったことを悔やむ狩矢。

こうして今回の事件の全貌が明かされ南も逮捕される。

事件は解決したとはいえ、南を敵にまわしたことで退職を覚悟する狩矢。
だが、課長の取りなしにより職を続けられることに。

才谷、ひいては坂本竜馬の志を継ぎ、今日もまた狩矢は京都の街を守るのだった―――エンド。

<感想>
原作は山村美紗先生「坂本龍馬殺人事件」(光文社刊)。
1994年文庫版が発売されています。

原作「坂本龍馬殺人事件」あらすじは―――

坂本龍馬の命日十一月十五日、その墓前で切腹事件が起きた。京都霊山護国神社の境内で、龍馬研究会の会員・坂本竜が割腹死したのだ。竜には生前、龍馬と同じく複雑な女性関係が…。数日後、同会の桂秋子も毒物死。さらに、龍馬の隠れ家「寺田屋」で第三の惨劇が。名探偵キャサリンが、龍馬暗殺の謎と、彼を取りまく女性群像を追いつつ、意表をつく真犯人に迫る。
(アマゾンドットコム公式HPより)


キャサリンシリーズの一冊。
しかも被害者は坂本竜と直球だったようです。

この原作を見る限り、かな〜〜〜り改変を加えた様子なのがドラマ版。

主人公も違えば、その設定も、被害者すらも違う。
これは原作よりも原案レベル。
いや、どこから何を抽出してきたのか疑うほどなのでそれすら怪しいか……。
ただ、坂本竜馬で才谷はアリだと思う(“才谷梅太郎”は坂本竜馬の変名のひとつ)。

安達祐実さん、怪演でしたね。
犯人役か……。
そう言えば、今週20日の土曜ワイド劇場「火災調査官・紅蓮次郎」も船越さんと安達さんの共演。
あちらも安達さん犯人だったらどうしよう……。

あとはいつも通り。
ただ盛り込み過ぎてメインテーマが浮いていた感あり。
シリーズ補正かけて中の下くらいの評価かな。

<キャスト>

狩矢荘助:船越英一郎

狩矢澄江:山村紅葉
狩矢和美:前田亜季

皆川悠子:雛形あきこ
橋口健太:黄川田将也

春田浩:古原靖久
梶谷三郎:草川祐馬
山根大介:山口竜央
神山行雄:南雲勝郎
福田隆一:松井幸世

佐久間朗:渋谷天外
小岩井博光:浅野和之

南信彦:神山繁

西片一郎:螢雪次朗

才谷良雄:橋爪淳

遠藤美津子:山下容莉枝
岡田陽一:反田孝幸
朝倉真紀:魏涼子

薬師寺小夜:安達祐実 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


◆「山村美紗先生」関連過去記事

【ドラマ】
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 京都源氏物語殺人絵巻「香のかおりに殺意をのせて…男と女の狂った愛情と欲望が起こす殺人連鎖!死体に残された源氏物語の謎と哀れな過去」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車26最新作!「黒い同窓会〜25年の憎悪が女達を狂わせる次々殺される同級生…嘘で塗られた青春時代卒業旅行で何が?死体が握る百人一首の謎」(10月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス「狩矢警部シリーズ8京都西大路通り殺人事件〜京の椿四姉妹連続殺人!椿の幽霊と密室アリバイトリックに狩矢と娘和美が挑む!」(5月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・美人女優連続殺人事件〜主役は2度殺される!?ガラス張りの密室殺人トリックを“股のぞき”が暴く」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【イベント】
「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展、ふたたび!!
(2010年11月28日まで開催)

娘・紅葉さんプロデュース!!「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展4月24日土曜より開催!!(すでに終了)

山村美紗原作「京都花灯路 恋の耀き」公演中!!

「坂本龍馬殺人事件 (光文社文庫)」です!!
坂本龍馬殺人事件 (光文社文庫)





◆山村美紗先生の作品はこちら。



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。