2010年11月13日

土曜ワイド劇場「新聞記者・鶴巻吾郎(4)青梅〜磐梯山に徳川埋蔵金を探す…伝説が呼ぶ湯煙り連続殺人!!土湯こけしが唄う民謡にお宝の謎!?」(11月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「新聞記者・鶴巻吾郎(4)青梅〜磐梯山に徳川埋蔵金を探す…伝説が呼ぶ湯煙り連続殺人!!土湯こけしが唄う民謡にお宝の謎!?」(11月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

新聞記者・鶴巻吾郎


鶴巻吾郎(村上弘明)は、大手新聞社の社会部記者。現在は立川支局に勤務し、森下支局長(伊東四朗)のもと、同僚記者の河合真美(床嶋佳子)とともに、数々の難事件解明に関わってきた。
ある日、青梅の梅祭りの取材に出かけた鶴巻は、会場で引ったくりに狙われた女性を助ける。被害を免れた女性は、陶芸家の鷹橋弥生(金子さやか)で、鶴巻は弥生に誘われるまま、彼女の工房を訪れる。
鶴巻はそこで弥生から、意外な話を聞かされる。彼女の父親・鷹橋昭弘(成瀬正孝)は福島の大学の教授で、趣味で徳川埋蔵金の研究に没頭していたのだが、3年前に埋蔵金を探しに行った先の会津磐梯山で滑落死したという。そして鷹橋教授は死の直前に、埋蔵金が眠っているとされる『源次郎の井戸』を見つけたという電話を弥生にかけてきたというのだ。
弥生によると、父の死後、工房に何者かが侵入した跡があったり、誰かに尾行されている気配があったり気味の悪いことが続いているという。どうやら弥生は、父親が殺されたのではないかと疑っていて、新聞記者と知った鶴巻に関連する一連の出来事を調べてもらいたいらしい。
そのころ支局では、福島県選出の北田武治代議士(石田太郎)の第一秘書・小出和生(小磯勝弥)が立川疎水で変死体で発見されたというニュースに騒然としていた。警察の発表では小出の体内から薬物が検出されたということで、自殺と事件の両面から捜査が進められているらしい。
北田は次期総裁候補の一人と目される与党の大物で、このところ政治資金をめぐってきな臭い噂が流れていた。そんな中での第一秘書の不審死だけに、様々な憶測が飛び交っていた。
新人記者・藤原千晶(河本千明)からの連絡で支局に呼び戻された鶴巻は、支局長から山本沙耶香(真瀬樹里)という女性を紹介される。沙耶香は支局長行きつけのバーのバーテンダーで、彼女の話では、死の前日に小出が自分の店に来たという。そしてそのとき、小出は持参の鞄からこけしを取り出し、それを見ながら涙ぐんでいたというのだ。小出が見入っていたというこけしには何の意味があるのだろうか?
真美とともに記者会見の行われる立川中央署に向かった鶴巻は、そこで顔見知りの望月刑事(丹羽貞仁)を見かけて声をかける。望月は浮かない顔をしており、どうやら北田代議士から捜査に圧力がかかっているらしい。望月によると、小出の遺留品の中にはこけしなどなかったということだった。
やがて鶴巻は、小出が鷹橋教授の教え子で、弥生とも顔見知りだったことを知るにおよんで、一連の事件の鍵は北田代議士の地元であり、こけしや徳川埋蔵金伝説につながっている会津磐梯山の地にあると考え、福島・土湯温泉への出張許可をもらうのだった。
(土曜ワイド劇場公式HPより)


では、続きから(一部、あらすじと重複あり)……

山本さやかも殺害され、吉村までもが殺害される。
動揺する鶴巻。
事件の裏に大きな陰謀があると察知し、調査を続ける。

一方、小出の婚約者・かじかも独自の調査を進めており、彼女は北田シュウトを疑う。

北田シュウトを問い詰めるかじか。
そこへ現れた松崎警部。
彼もシュウトの仲間だった。

かじかが殺されかけそうになった所へ危機一髪飛び込んで来る鶴巻たち。
こうして北田シュウトと松崎は逮捕される。

北田は覚醒剤常用者だった。
松崎は県警警部の地位を利用し覚醒剤取引に関与していたのだ。

小出、北田シュウト、松崎ら同級生の3人は親友だった。
しかし、シュウトは何をやっても小出に勝てず父親・武治のプレッシャーもあり覚醒剤に手を出してしまう。
小出はそんなシュウトを叱咤し、一時は収まったかに見えた。
だが、シュウトと松崎の行為は続いていた。
その取引方法はこけしを使うという巧妙なモノ。

だが、それをたまたま埋蔵金を調べていた鷹橋昭弘が誤って持ち去ってしまう。
そこで彼を殺害し取り戻したのだ。

しかし、今度は小出に取引を知られ口封じにこれも殺害。
そして、秘密を知る山本さやかをも殺害。
吉村も秘密を掴んだので殺害。

こうして事件は解決。
北田武治は議員辞職することに。

そして、当の鶴巻は今日もいつも通り自由人ぶりを発揮するのだった―――エンド。

<感想>
お分かりの通りです。
正直、裏番組の「ストロベリーナイト」視てました、テヘッ(おっさんがやっても可愛くは無い)。

というわけで飛び飛びの視聴となりました。

それにしても、大量殺人。
しかも、その全員が秘密を知られた為という怖ろしい動機。
まさに驚異でした。

しかし、本当にラスト15分の視聴で何となく全体の話の筋が分かったのには驚いた。
普段の2時間ドラマではとても無理だったろう。
この番組は伝説になるな……。

<キャスト>

鶴巻吾郎:村上弘明
河合真美:床嶋佳子
鷹橋弥生:金子さやか
芸者・かじか:堀まゆみ
北田武治:石田太郎
陣野原こけし工人:西田 健
沙耶香:真瀬樹里
吉村剛史:有薗芳記
松崎警部:飯田基祐
森下支局長:伊東四朗 ほか
(敬称略、順不同、公式HPより)


「新聞記者という仕事 (集英社新書)」です!!
新聞記者という仕事 (集英社新書)





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック