2010年12月08日

森村誠一先生「正義の証明」(幻冬舎刊)ドラマ化!!

森村誠一先生「正義の証明」(幻冬舎刊)がドラマ化されるそうです。

2011年9月26日追記
月曜ゴールデン「森村誠一サスペンス 正義の証明 私刑人が起こす連続狙撃事件、法か?個人か?2つの正義に心がゆれる刑事たち、人として本当の正義とは何なのか?」(9月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)
追加しました。リンクよりどうぞ!!

ドラマ化される原作「正義の証明」とは―――

幻冬舎刊行、上下巻。
2004年単行本、2006年ノベルス、2008年文庫本発売。

<あらすじ>

社会的に非難を浴びる人物に麻酔弾を撃ち込む「私刑人」。彼はなぜ執拗に犯行を重ねるのか?法に庇護されなかった弱者と、暴力団、警察との壮絶な闘いを描く、森村ミステリーの金字塔。

上巻:あらゆる悪の手口を詳述したベストセラー『悪魔のガイドブック』にそそのかされた少女輪姦事件が発生。世間の批判は版元社長・金山に集中するが、責任を認めない彼はある日、「私刑人」と名乗る謎の人物に襲われる。社会的に批判を浴びる人物に、法に代わって天誅を加える私刑人とは?法と私物化した正義の手に汗握る攻防戦がついに始まった。

下巻:「私刑人」の捜査は混迷を極めていた。そんなある日、次期政権を射程に入れた大物政治家・隴岡の私設秘書殺害事件が発生する。エスカレートする天誅に一気に高まる緊張感。そしてついに掴んだ犯人逮捕の糸口。私刑人の正体とは?法に庇護されなかった弱者と、権力との壮絶な闘いを描く森村ミステリーの金字塔、衝撃のクライマックスへ。
(幻冬舎公式HP&アマゾンドットコムより)


管理人は原作文庫版をちらっと読んでみましたが、上下巻の壁の前に挫折しました。
内容もセンセーショナルなプロットの割には中身が……そして、展開も……。
正直、上下巻の必要性が……。
とりあえず、作者のシリーズキャラクター・牛尾刑事と棟居刑事の豪華タッグが見所でしょうか。

それと、流石は森村先生。
読ませる力(文章力)は充分にあります。
ファンは読んでおくべきか。

管理人は個人的に森村先生は短編の方が好きです。
特に毎年のアタミステリーは面白く読めるので、あれぐらいの方がいいのかも……。

ちなみに、ドラマ版出演者には吉田栄作さんらの名前が挙がっている様子。
原作は衝撃的な初期設定なのでドラマにした方が映えそう。
これは楽しみにしてもいいのでは。

◆森村誠一先生関連過去記事
【アタミステリー紀行関連】
「熱海の靴屋」(森村誠一著、アタミステリー紀行2010より)3つのミスにチャレンジ!!

近付く「アタミステリー紀行2010」の足音……

アタミステリーへの誘い……
(アタミステリー紀行2009について触れた過去記事です)

【関連ドラマ】
土曜ワイド劇場「森村誠一の終着駅〜新宿着あずさ22号の殺人同乗者・消えた姉と三千万の行方…顔のない脅迫者を追う!!」(7月31日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の灯〜終着駅の牛尾刑事vs事件記者冴子!!バス事故から生還した3人新宿〜妙高高原に運命の連続殺人!?」(12月12日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の棟居刑事 愛犬が暴く不倫四重奏!」(11月21日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
森村誠一先生「義仲・巴ネットワークフォーラム・イン・富山」にて講演

クリスマス(12月24日)の森村誠一さん!!
(「森村誠一 謎の奥の細道をたどる」についての過去記事です)

「正義の証明〈上〉 (幻冬舎文庫)」です!!
正義の証明〈上〉 (幻冬舎文庫)





「正義の証明〈下〉 (幻冬舎文庫)」です!!
正義の証明〈下〉 (幻冬舎文庫)





◆森村誠一先生の作品はこちら。






【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。