2010年12月29日

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第27話ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第27話ネタバレ批評(レビュー)です!!

三億円事件奇譚 モンタージュ1


登場人物一覧:

【現代】

鳴海大和:主人公、三億円事件の犯人の息子と呼ばれるが……
小田切未来:大和の幼馴染み、両親の行方不明後は大和と共に逃亡中

鳴海鉄也:大和の父、五つの首(首、手首、足首)を失くした遺体で発見されるが……
未来の両親:突然姿を消した。関口が行方を知っている?

鈴木泰成:未来の両親の後輩、要所要所にて不穏な動きを見せるが……
水原:福岡県警所属の巡査。上司曰く「検挙率100%男」。15話より登場。
夏実:泰成の塾の教え子。大和に一目ぼれする。現在は水原と行動を共にしている?14話より登場。

関口:元祖悪徳警官、眼鏡の男の命令に従い大和と未来を追う
眼鏡男:関口に指示を与えている男

沢田幹事長:19話で登場、謎の男を従えているが……
謎の男:シルエットのみ登場した沢田の腹心。実はキーマン?

森田:1話にて関口と共に現われた捜査員。以降、本編に出番なし。
血塗れの男性:元刑事、1話にて殺害される。これは関口の犯行だった
ボート小屋のオヤジ:軍艦島付近でボート小屋を営んでいた。6話で関口に殺害され、この殺人容疑が大和と未来にかかっている。
土居:18話に登場。ミステリ作家兼コメンテーター。三億円を信じていなかった。
島田:5話より登場。関口の部下だったが、19話で失態を犯し関口に処刑された。

【三億円事件当時】

川崎雄大:22話より登場。三億円事件では白バイ警官役を演じたらしい。
望月竜:23話(22話は名前のみ)より登場。雄大と共に三億円事件を実行した。
響子ギブソン:竜の恋人?竜と共に土門への対策を練っていた。
土門:地元の顔役(地廻り)。竜と対立するが……
東海林:25話より登場。土門を追う刑事。雄大の機智に興味を?
沢田慎之介:26話より登場。竜の顔馴染み&雄大の友人、日本の行く末を憂慮している。
横溝:26話より登場。竜の後輩。
和子:27話より登場。雄大と交際中の女性。雄大との子供を妊娠中。

<第27話あらすじ>

横溝の事件以降、雄大の新生活は順風満帆。
仕事に加え、落し物を拾ったことがきっかけで和子という女性と出会い交際を開始。
これを機に竜の家での居候生活も解消し、自らアパートを借りて生活するようになる。

そんな雄大の近況を聞いた沢田は、何故か「やっぱり、すげぇな……」と洩らすのだった。

その間も、雄大と和子の新生活は順調に推移。
ついに和子が雄大の子供を妊娠し、雄大は結婚を目標に和子の両親への挨拶を考え始める。

そんなある日のこと、帰りの遅い和子を心配する雄大の姿。
苛立ちを隠せない雄大の視線にふと入る水槽。
そこには和子が二人の記念に買ってきた金魚が腹を浮かべて死んでいた―――28話に続く。

<感想>

新キャラ・和子登場。
そして、早々に退場の予感……。

今回、気になる点は2つ。

@沢田が雄大に対して呟いた「すげぇな」の意味。何を指して「凄い」のか?

前後の状況から考えると新天地にも関わらず飄々と生きている雄大の力を指しているのかと取れますが……。
ただ、和子の名前が出てからの事でもあるので和子関係の線も捨てきれません。
これはAで述べます。

A和子はどうなったのか?

普通に考えれば金魚が和子を暗示しているだろうことは想像に難くありません。
とすれば、和子は事故か事件に巻き込まれた可能性が高いか。

大和の母親は和子だろうから、すぐに命を落とすとは考えにくい(この時点で、大和を出産していない)ので意識不明の重体になるのかな?
その治療費が雄大に3億円事件を起こさせる動機を与えるのかもしれない。

あるいは、沢田が体制に不満を抱いているようなのでそれと組み合わせれば、和子が有力者に危害を受け(車で轢かれる等)重体。
その恨みから沢田と結んで3億円事件を起こすのかも。

事件&事故以外でありうるのは、@で述べた沢田の「すげぇ」発言から和子の両親が不明なことを合わせて、実は沢田もよく知る良家の子女だった和子(家出中)が実家に連れ戻されてしまい雄大と身分差を背景に引き裂かれる。
そこで雄大が体制に反感を抱き3億円事件へ等の展開も……ないだろうなぁ……。

まぁ、妄想を逞しくするのもこのぐらいで置いといて。
どう展開しても、28話は悲壮な話の予感がします。
和子と雄大の蜜月はわずか27話中のみの話に終わるか……。

来週は気が重くなりそうな「三億円事件奇譚 モンタージュ」。

沢田は現代篇の沢田幹事長その人なのか?
泰成は過去篇の誰の関係者なのか?
そもそも大和は和子の子供と断定してよいのか?
そういえば、逃亡し続けている大和と未来の明日はどっちだ!!
28話に期待です!!

◆関連過去記事
「ヤングマガジン27号」(講談社刊)より「三億円事件奇譚 モンタージュ」連載開始!!

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第1話から20話までまとめ
(各話レビューへのリンクです)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第21話ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第22話ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第23話ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第24話ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第25話ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第26話ネタバレ批評(レビュー)

12月10日発売「モンタージュ(2) (ヤングマガジンコミックス)」です!!
モンタージュ(2) (ヤングマガジンコミックス)





10月6日発売「三億円事件奇譚 モンタージュ(1巻)」です!!
モンタージュ(1) (ヤンマガKCスペシャル)





本作の作者である渡辺潤先生が描き伝説のラスト(○○○落ち)を迎えた「代紋TAKE2(62)<完> (ヤングマガジンコミックス)」です!!
代紋TAKE2(62)<完> (ヤングマガジンコミックス)





全巻セットはこちら。
「代紋TAKE2 全62巻完結(ヤングマガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]」です!!
代紋TAKE2 全62巻完結(ヤングマガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]





「RRR(10) <完> (ヤングマガジンコミックス)」です!!
RRR(10) <完> (ヤングマガジンコミックス)





◆渡辺潤先生の作品はこちら。



【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。