2011年01月20日

「相棒season9」第12話「招かれざる客」(1月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「相棒season9」第12話「招かれざる客」(1月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

日本で100番目に早い(たぶん)、「相棒season9」第12話「招かれざる客」(1月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)。

相棒1


<ネタバレあらすじ>

勤務していた中堅ゼネコンでの横領の罪で逮捕され、2週間前に出所したばかりの市田亮一(山崎直樹)の遺体が発見された。
市田は死亡する直前まで豪華ホテルに宿泊していたという。
出所したばかりの男にそんな贅沢が出来るだろうか?
事故死という捜査一課の判断に疑問を抱いた右京(水谷豊)は、市田が持っていた観光ガイドから印のあったオーベルジュ(郊外型宿泊付きレストラン)へと神戸を置いて一人で出発することに。

オーベルジュはオーナーシェフである夫と客向き担当の妻、夫婦二人によって運営されていた。
右京は別荘の営業を名乗り、飛び込みの客を装う。
客向き担当の妻によれば、6人の予約が入っているが1人だけまだ到着していないと言う。
その場に居た客である税務コンサルタントの赤堀(木村栄)と君代(映美くらら)夫妻、桑原(中田博久)と修子(広岡由里子)夫妻、そして桑原の弟・副島(近童弐吉)の様子をそれとなくうかがう右京。

客向き担当の妻相手にデザートフォークとフイッシュフォークの間違いを糺す修子。
オーベルジュに飾られていた“少女を描いた絵”の保存法に「これでは西日が当たる」と不満を示す君代。
「このオーベルジュは接客業の基本が出来ていない」と接客の基本について語り出す桑原。
夕食時、一口するやオレガノを要求し調理法の不備を指摘する副島。
個性を発揮する4人の行動に右京は強く注目する。

同じ頃、置いていかれた為に右京の後を追った神戸(及川光博)は、右京とは別のアプローチで事件の真相に迫ろうとする。
まずは、元勤務先から市田がリゾート開発王・武本の親戚であることが判明。
武本は7年前に死亡していた。
次いで武本の孫娘・麻美から武本の遺産について意外な事実を聞かされる。
武本の遺産は麻美の後見人となった叔母・佳子がすべて受け継いでおり、麻美自身は学費程度しか貰えていないらしい。
さらに、執事、メイド、シェフ、絵画教師、顧問税理士など武本家の使用人は皆、7年前から杳として行方が知れないことも分かる。
しかも、武本の存命中、市田が頻繁に武本宅を訪れていたことも判明。
神戸はここに市田殺害の秘密があると見定めるが……。

その頃、右京は武本がオーベルジュの常連客だったことを知る。
例の“少女を描いた絵”も武本からの物らしい。
一方で、アウトレットモールの広告に興味を示す右京。
定期借地権による10年間の期間限定開業だったらしいが、一年ほど閉鎖が早まり去年から閉鎖されているらしい……。

オーベルジュの経営者夫妻から去年の同日に同じ面子が来ていたことを突き止める右京。
来客者名簿に名前が残っていたのだ。
さらに、営業マンである商売敵・山田公一として市田の写真を使用したところ、「眼鏡をかけてないから分からないなぁ」と洩らす夫に対して「あぁ、この人だったらいらっしゃいましたよ」と妻から確認を得ることに成功。
こうして、市田の来訪も明らかに。

ここで、ついに神戸と合流する右京。
二人は、競うようにこれまで互いに集めた情報を交換し合う。

一方、新聞で市田の死を知り驚く宿泊客。
そこへ現れた右京は手慰みとしてある話を語って聞かせる。

「顧問税理士と結んだ資産家が裏金を蓄えていました。しかし、その資産家は持病で急死してしまい……」と始まる物語は、もちろん、7年前に急死した武本についてだ。

実はオーベルジュの宿泊客は元武本家の使用人たちだった。
執事・桑原。
メイド・修子。
シェフ・副島。
絵画教師・君代。
顧問税理士・赤堀。

武本と顧問税理士・赤堀が協力し裏金を蓄えていた。
しかし、7年前に当の武本が急死してしまう。
武本には身内に孫娘の麻美が居た。
本来ならば彼女が遺産相続人であるが、なんといっても当時10代である。幼すぎた。
生前、武本は佳子が麻美の後見人を名分に財産を奪うことを怖れていた。
そこで、公的な財産は仕方ないがこの裏金分だけでも麻美の手許に残そうとしていた。
赤堀によれば、裏金の半分は麻美に。残りは赤堀の取り分にするよう言いつけられていたらしい。
赤堀の話の真偽はともかくとして、麻美にこの金を渡さなければと考えた桑原たち。
問題は、ほとぼりが冷めるまでの金の隠し場所だ。
これに頭を悩ませる面々に、話を立ち聞きしていた市田が、仲間に加えることを条件にオーベルジュ付近にある定期借地権付きアウトレットモールの存在を教えたのだった……。

ここまで語り終えた右京は市田の仲間を名乗り全員を揺さぶる。
そこへ神戸が登場。
逮捕状を携えた神戸の手により市田殺害容疑で右京は連行される。

そう、右京の正体を知らぬ全員の前で大掛かりな芝居をうったのだ!!

赤堀は連行されて行った右京から裏金の事が洩れるのを恐れ、急いで掘り出そうとする。
それに反対する残りのメンバー。
しかし、赤堀はひとりででも掘り出そうと隠し場所であるアウトレットモール跡地に向かう。
辺りを掘り起こし鞄を見つけるや、ニヤつく赤堀。
そこへ浴びせられるライトの群れ。
もちろん、神戸率いる所轄署の面々である。
こうして御用となった赤堀。
神戸は赤堀が市田を殺害したと考えるが、右京によれば市田殺害犯は別に居ると言う。

オーベルジュへと戻った右京は身分を明かし真実を語り出す。

桑原たちが武本邸から持ち出した金を埋めたのは7年前の1月19日。
窃盗の公訴時効は7年。
つまり、時効が成立する時を見計らい麻美に裏金を渡す計画だったのだ。
項垂れ認める桑原たち。

では、肝心の市田殺害犯は誰か?

「犯人はあなたですね」
オーベルジュのシェフ、つまり夫を指摘する右京。
宿泊者名簿に記された字の違いからその他の6名の予約を受けたのが妻であり、市田からの予約を受けたのが夫だと気付いたのがきっかけだと言う。

推理の決め手は眼鏡だった。
「眼鏡をかけてないから分からないなぁ」と口走ったシェフ。
市田の眼鏡は市田殺害の前日に作られたものだった。

7年前、市田たちが何かを埋めたことに気がついていたシェフは、今回の予約を受けて「もしかして……」と閃いた。
そこで、予約確認のふりをして市田の宿泊場所を聞きだすと密かに接触。
交渉するが揉み合いになり誤って市田を殺害してしまった。
オーベルジュの資金繰りに困っていたシェフは裏金に目をつけ分け前に与かろうとしていたのだ。

こうして事件は解決。
オーベルジュのシェフは連行された。

「なぜ、武本家の元使用人だと分かったのか?」
尋ねる桑原に気付いたそれぞれの行動を語って聞かせる右京。
“少女を描いた絵(少女は麻美のこと)”は水口君代の手によるものだった。

警察に出頭する旨、右京に告げる桑原たち4人はその場を去って行く。

「7年必要だったんでしょうねぇ」と感慨深げな右京に「なぜ?」と問う神戸。
「一流の名を汚すような行為は自らを貶めるということに7年かけて気付いたんですよ」
右京の答えに納得する神戸。

そんな神戸に小さなサプライズが。
「病院へ行く」よう右京が促したのだ。
神戸は、右京を連行する芝居の際に逮捕状代わりに自身の健康診断表を使っていた。
そのヘモグロビン値に右京が異常を見出したらしい。
「体質ですから」と拗ねた様子の神戸。
あくまで素っ気ない態度の右京に耐えきれず空腹を訴えるのだった―――12話了。

<感想>

シーズン9第12話。
脚本はシーズン8で4、10、15話、シーズン9では1、2、9話を担当した戸田山雅司さん。
シーズン4以降に参加し、映画版にも関与された「相棒」を代表する脚本家のひとり。
シナリオの基本傾向としては、突拍子もない大テーマがメインに据えられるものの、真相は割と小さいところに落ち着くことが多い。
結果として、大山鳴動して鼠一匹なことも割とある……。
ただし、これが嵌まった時の爆発力は凄く、また、話の破綻も少ない。
そんな戸田山雅司さん担当作品のネタバレ批評(レビュー)はこちら。

相棒season8 4話「錯覚の殺人」ネタバレ批評(レビュー)

相棒season8 10話「特命係、西へ!死体が握っていた数字と、消えた、幻の茶器の謎 東京〜京都・連続殺人と420年前の千利休の死の秘密が繋がる!?」(1月1日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

相棒season8 15話「狙われた刑事」(2月10日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

「相棒season9」第1話「顔のない男」(10月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「相棒season9」第2話「顔のない男〜贖罪」(10月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「相棒season9」第9話「予兆」(12月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

さて、今回はというと……。

どちらかというと、コメディ回っぽい!?
執事、メイド、シェフ、絵画教師と職分とそれに関連した出来事で正体を明かすという展開は好きです。
全体としてベストではないがベター。結構、面白かった。

それにしても、完全に先週の予告に騙されました……。
ちなみに11話批評(レビュー)での感想がコレ。

>それにしても、次週予告にビックリです。
>右京が容疑者ですか……これは一波乱ありそう。
>右京VS神戸、楽しみです。
>まぁ、VSではないだろうし、神戸の活躍で右京が救われる回になりそうかな。
>どちらにしろ、エポックメイキングな回になりそう。

と書きましたが、ぜんぜん違うやん!!(ツッコミ)
次回予告のミスリードに完璧にひっかかってしまいました。
管理人の想像していた12話とは、かな〜〜〜り違ってました。
この落差こそが12話の真価かもしれぬ……。

そういえば、ラストでの右京と神戸の会話もかなり印象的な回でした!!


現在、映画版「相棒−劇場版U−警視庁占拠!特命係の一番長い夜」が公開中です。
劇場ノベルス版のネタバレはこちら。

「相棒 ―劇場版2―」(大石直紀著、小学館刊)ネタバレ書評(レビュー)

ノベルス版は劇場版とは異なるラストとのこと。
CMや予告を見るに途中まではほぼ同じらしいが、ある一点で違う。
それが小野田のこと。

なんでも、劇場版では小野田の身に重大なことが起こるらしいのだ。
シーズン9に小野田が登場しないのも伏線らしいが……。
これについては「粋ダネ 相棒」で検索すると詳細が分かる。
(「粋ダネ」とはBS11にて放送の「柳家喬太郎の粋ダネ!」のこと。
番組中で、あるゲストが内容に関わるネタバレをしたらしい)
気になる方は、上記ノベルス版ネタバレ書評(レビュー)にもそれについて補足しているのでどうぞ。

劇場版に関連して2010年12月26日には「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」が放送されました。

「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」ネタバレ批評(レビュー)

他にもオリジナル小説も発売中。
ただ、こちらはオススメしかねるかも……。

「杉下右京の事件簿」(碇卯人著、朝日新聞出版刊)ネタバレ書評(レビュー)

関連書籍も多数登場。
興味のある方はチェック!!

「相棒」関連書籍続々発売!!あなたはどれを読む!?

2011年1月21日追記
砂時計さんよりコメントにてご指摘を頂き、感想部分を一部訂正しました。
砂時計さんありがとうございます<(_ _)>。

<キャスト>
●杉下右京(水谷豊)
警視庁特命係・係長。あまりにも切れ過ぎる頭脳と、何を考えているのか判別できない素行から変人扱いされ、窓際部署の特命係に追いやられた経緯が。しかし、その人事すら本人はまったく気にしてない様子。常に冷静で、どんな相手でも論破できるが、論客が元妻のたまきだと、高確率で敗北。動揺することもしばしば。

●神戸尊(及川光博)
警視庁特命係員。警察庁上層部からの密命の真実を知り、自ら特命係に残ることを志願。
(MSNエンタメさんより)


◆関連過去記事
「相棒-劇場版II-」ゲスト発表される!!

すぐそこに近付くあの二人の足音……「相棒-劇場版II-」前売り券が8月14日より発売開始!!

「相棒season9」&「相棒-劇場版II-」制作決定!!

「相棒season8」やその他の「相棒」情報はタグ「相棒」よりどうぞ!! 

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・相棒-劇場版II-(シネマトゥデイさん)
http://www.cinematoday.jp/movie/T0009098

「相棒 Season 9 オリジナル・サウンドトラック」です!!
相棒 Season 9 オリジナル・サウンドトラック





好評に終わった「相棒 season8 [DVD]」ボックス1です!!
相棒 season8 [DVD]





「相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン〈通常版〉 [DVD]」です!!
相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン〈通常版〉 [DVD]





「相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン 豪華版BOX (数量限定生産) [DVD]」です!!
相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン 豪華版BOX (数量限定生産) [DVD]





◆「相棒」に関連した商品はこちら。



【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。楽しい回でしたね。
ところで、気になったのですが。

>「相棒」生みの親のおひとりで、根幹に関わる設定や転換期のストーリーには必ず関わっている方。
シナリオの基本傾向としては、突拍子もない大テーマがメインに据えられるものの、真相は割と小さいところに落ち着くことが多い。
結果として、大山鳴動して鼠一匹なことも割とある……。
ただし、これが嵌まった時の爆発力は凄く、また、話の破綻も少ない。

これは、輿水泰弘さんのことではないのでしょうか?
戸田山さんの本格参加はシーズン5からですし(その前にシーズン4で1本)、それ以前は『相棒』に関しては一ファンであったと語っているのを読んだ記憶があります。
Posted by 砂時計 at 2011年01月21日 00:52
Re:砂時計さん

コメントありがとうございます(^O^)/。
管理人の“俺”です!!

本当だ……戸田山さんはシーズン4からの参加でしたね。
完全な勘違いだ……。
早速、訂正せねば……。

ご指摘ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します<(_ _)>。
Posted by 俺 at 2011年01月21日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。