2011年01月29日

大阪に文学バーが登場!!その名は「リズール」!!

大阪に文学バーが誕生しました、その名は「リズール(仏語で読書家の意)」だそうです。

文学+バーと言えば、以前の記事で文章作法を教わることが出来るバーとして「Fumi’s Bar」について取り上げました。

文章を学べるバーがある!?Fumi’s Barへようこそ!!

「文章を教わることが出来る」がコンセプトだった「Fumi’s Bar」に対し、こちらの「リズール」は「本好きの溜まり場」がコンセプト。
芥川賞作家である玄月先生が提唱され自ら始められました。
何でも読みたい本をボトルの如く「キープ」することも可能だそうで、その場合は自分の名前を書いた栞を挟むんだそう。

書く「Fumi’s Bar」に、読む「リズール」。
どちらもなかなか面白い空間となりそうです。
お近くまでお寄りの際は是非一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

期待の文学バー「リズール」は1月31日より営業開始予定!!
営業は午後6時〜午前2時。
問い合わせは06・6282・7260まで。

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・グラス傾け文学談義 作家・玄月さんら、大阪に文学バー(asahi.comさん)
http://book.asahi.com/news/OSK201101250170.html

文学バーと言うことで、「文壇バー―君の名は『数寄屋橋』」です!!
文壇バー―君の名は「数寄屋橋」





玄月先生の芥川賞受賞作「蔭の棲みか (文春文庫)」です!!
蔭の棲みか (文春文庫)





玄月先生の「眷族」です!!
眷族





ラベル:リズール 玄月
【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック