2011年02月06日

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・竜の寺密室殺人 理想の夫婦の裏の顔!愛人参加の紅葉ツアーで舞妓が殺された!?」(2月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・竜の寺密室殺人 理想の夫婦の裏の顔!愛人参加の紅葉ツアーで舞妓が殺された!?」(2月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

京都府警捜査一課・狩矢警部(田村亮)の娘・和美(藤谷美紀)は、編集プロダクション『唐竹企画』の記者兼カメラマン。夏目利彦(原田龍二)という新聞記者の恋人がいる。

“理想の夫婦を探せ”という特集記事のため、人気バッグメーカー“大前かばん”の社長・大前岳人(布川敏和)とその妻・美保子(筒井真理子)の取材を担当することになった和美は、2人が参加したバスツアーに同行する。
このツアーは、コンダクターの佐野理恵(中島ひろ子)のもと、京都に息づく伝統工芸の数々を体験してみようという企画。仲睦まじく旅を楽しむ大前夫妻の様子に理想の夫婦像を重ねた和美だが、高名な蒔絵師・倉科孝蔵(西田健)の工房を訪ねた際、突然2人が夫婦ゲンカをはじめてビックリする。
さらに、ツアーにひとりで参加していた若い女性・宮路香織(小川奈那)と大前が言い争うところを目撃。その後、美保子も現場に現れ、香織とつかみ合いのケンカをはじめてしまった。どうやら、香織は大前の浮気相手だったようなのだ。和美は、理想の夫婦の“裏の顔”にがっかりする。

ところがその直後、ツアー全員で立ち寄った“扮装スタジオ”で、舞妓姿に着替えた香織が、鏡台に置かれていた茶を飲んだとたんに苦しみ、絶命する事件が発生! 和美はそのとき、香織が身に着けていた着物から1枚のコインが転がり落ちてきたのを発見し、思わず写真を撮影する。そのコインは、竜の絵が刻まれた珍しいものだった…。
 
騒然とした現場に、狩矢警部が到着する。捜査の結果、コップの茶に毒物が混入していたものと判明。毒を入れたのは、不倫相手を疎ましく思った大前か、美保子か…!?
調べてみると、大前夫妻がツアーに申し込んだ5日後に、香織も参加を決めたことがわかる。香織は3年前までホステスとして働いていたが、今は無職にもかかわらず、派手な暮らしを送っていたようだ。だが、社長でありながら、婿である大前は美保子に財布を握られて自由になる金は少なかったらしく、和美は疑問を抱く。
そんなとき、夫妻に話を聞こうと、夏目と共に大前家の別荘を訪ねた和美は、口から血を流した大前の死体を前に、美保子が泣き崩れている場面に遭遇! 
大前が死の直前に口をつけた茶碗の中には、またしても竜の絵が刻まれたコインが浮かんでいた。いったい竜の絵は何を意味するのか…!? 2つの事件の犯人は美保子なのか…!? その後もツアー関係者が殺される事件が起きて…!?
(土曜ワイド劇場公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

美保子の証言により、以前に大前が原西という借金取りに追われていたことが分かる。
だが、ある日を境にピタリと原西は姿を現さなくなったと言う。
しかも、同時期から大前は過剰なほど竜に関して恐れを抱くようになっていた。

原西について調べたところ、保津峡に行くと言い残して行方が分からなくなっていた。
さらに、大前以外に倉科も原西から追われていたと判明する。
原西には竜の刺青があった。

もしや、倉科や大前、そして香織の手により原西は殺害されているのでは?
その為に竜の刺青に過剰な恐怖を抱いていたのでは?
そう考えた和美は、関係者でひとり生き残っている倉科を疑う。

直後に、倉科が密室で死体となって発見される。
発見者となったのは、和美、夏目、内藤の3人。
窓も扉も開かず現場は密室状況。
パソコン書きの遺書が発見され自殺と思われた。

遺書にあった場所から原西の死体も発見され、香織と大前殺害犯も倉科だと決まりかける。

しかし、和美は納得しない。
倉科の死体からも発見されたコインというわずかな違和感を理由に調査を続ける。

内藤がとあるコイン商に例のコインを持ちこんでいたことが判明。

和美は内藤ならば倉科の密室を作ることが出来ると気付く。

そう、内藤は外から接着剤で窓を止めたのだ。
玄関から中へ入った後、内側から鍵をかけたので密室となったのだ!!

こうして、真相に辿り着いた和美だったが内藤に捕まってしまう。

その頃、夏目はある記事を目にしていた。
そこには原西殺害と同時期に起きた保津峡でのある事故が載っていた。
それに気付いた夏目は和美の危機を察知、狩矢に連絡を入れると共にある人物を呼び出す。

和美を連れ回す内藤は全てを告白する。
原西殺害に協力させられた内藤。
そこを通りがかった少年に目撃されてしまう。
少年を追った内藤たちは、崖へと追い詰め殺してしまう。
その際、少年の持っていたコインを拾った内藤はそれを肌身離さず身に着けていた。

すべて自身の犯行と語る内藤は和美を殺害しようとする。
そこへ駆け付けて来る夏目と理恵。
夏目が連れ出したのは理恵だった。

理恵は内藤を止める。
崖で殺された少年こそ理恵の息子・竜一だったのだ。

内藤は拾ったコインをコイン商に鑑定依頼し価値のあるものだと知った。
後悔していた内藤は竜一の墓前にコインを返却するように。
そこを理恵に見咎められ真相を教えたのだった。

そう、今回の事件の犯人は理恵だったのだ。
計画的にツアーを企画し、香織、大前、倉科に毒を持ったのも理恵。
動機は竜一の復讐。
内藤は理恵を手助けしていた共犯だったのである。

自殺しようとした理恵だったが、和美に止められ逮捕されることに。

こうして事件は解決。
美穂子は新たな道へ踏み出すと言う。
そんな美穂子を和美と夏目は祝福するのだった―――エンド。

<感想>

狩矢警部の娘・和美が活躍する「狩矢父娘シリーズ」最新作(12作目)。
シリーズ前作についてはこちら。

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・美人女優連続殺人事件〜主役は2度殺される!?ガラス張りの密室殺人トリックを“股のぞき”が暴く」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

前回の11作目からほぼ1年ぶりの放送となりました。

さて、今回のドラマ。
原作は山村美紗先生の……何でしょうね……。
見つからないなぁ……。

とりあえず良く似たタイトルで山村美紗先生の原作ゲームを見つけましたがひょっとしてコレでしょうか?
その名も「京都竜の寺殺人事件」(本記事下部にアマゾンさんへのリンクあり)。

今は懐かしいファミコンソフトですね。
これには狩矢警部が登場するらしいです。

ただ、これだとタイトルから「密室」が抜けてますね……。
もしかしてと思うのですがこれと折中しているのでしょうか……。

その名も「京都花の密室殺人事件」(本記事下部にアマゾンさんへのリンクあり)。
こちらにはキャサリンが登場するらしいのですが……。

どちらも詳細が分かりません。

原作はどこだ!?
仕方がないので原作探しは諦めるとして、ここからはドラマの感想。

まずは、このシリーズの3要素について―――

@被害者のひとりは間違われて殺されている。
A効果があるとは思えない謎の密室。
B動機は過去の復讐。

AとBは満たしていますね。
@がないのが惜しいか。

それにしても、今回のAはかなり酷いですね。
様式美とはいえ、やっつけ感が凄い。

まず、接着剤で窓を止めたらそのままずっと開かないからすぐにバレるのではないでしょうか?

次に、内藤は玄関の鍵を持っていたので厳密には密室と呼べないのではないでしょうか?

最後に、あの密室は意味無いですよね。だって、毒殺だもの。現場に居なくても遠隔操作が出来るから。

いろいろな意味で、視聴者舐めとんのかいぃぃぃぃぃぃ!!

あとはいつも通り。

それにしても、酷かったなぁ。
実質2時間もたすために人が5人も死にました(原西、竜一少年、香織、大前、倉科)。
内容的にも、ストーリー的にも本当に酷いです。
久しぶりに視聴が辛くなりました……。

シリーズ補正かけて、やっと中の下くらいの評価でしょう。

<キャスト>

狩矢和美:藤谷美紀
狩矢警部:田村 亮
夏目利彦:原田龍二
山野美野里:山村紅葉
佐野理恵:中島ひろ子
大前美保子:筒井真理子
大前岳人:布川敏和
倉科孝蔵:西田 健
内藤 聡:林 泰文
狩矢澄江:中野良子 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


◆「山村美紗先生」関連過去記事

【ドラマ】
・船越英一郎さん版狩矢警部シリーズ
月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス「狩矢警部シリーズ8京都西大路通り殺人事件〜京の椿四姉妹連続殺人!椿の幽霊と密室アリバイトリックに狩矢と娘和美が挑む!」(5月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ9「坂本龍馬殺人事件〜11月15日は龍馬の命日今宵京都で連続殺人!変死体は狩矢の親友…辞表を胸に復讐の炎を燃やす!カギは龍馬」(11月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・その他
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 京都源氏物語殺人絵巻「香のかおりに殺意をのせて…男と女の狂った愛情と欲望が起こす殺人連鎖!死体に残された源氏物語の謎と哀れな過去」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車26最新作!「黒い同窓会〜25年の憎悪が女達を狂わせる次々殺される同級生…嘘で塗られた青春時代卒業旅行で何が?死体が握る百人一首の謎」(10月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【イベント】
「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展、ふたたび!!
(2010年11月28日まで開催)

娘・紅葉さんプロデュース!!「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展4月24日土曜より開催!!(すでに終了)

山村美紗原作「京都花灯路 恋の耀き」公演中!!

山村美紗先生原作のファミコンゲーム「京都龍の寺殺人事件」です!!
京都龍の寺殺人事件





同じく「京都花の密室殺人事件」です!!
京都花の密室殺人事件





「ファミリー コンピュータ(AV仕様 ファミコン)【メーカー生産終了】」です!!
ファミリー コンピュータ(AV仕様 ファミコン)【メーカー生産終了】





◆山村美紗先生の作品はこちら。



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。