2011年02月07日

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第31話ネタバレ批評(レビュー)

「講談社ヤングマガジン」にて連載中の「三億円事件奇譚 モンタージュ」第31話ネタバレ批評(レビュー)です!!

三億円事件奇譚 モンタージュ1


登場人物一覧:

【現代】

鳴海大和:主人公、三億円事件の犯人の息子と呼ばれるが……
小田切未来:大和の幼馴染み、両親の行方不明後は大和と共に逃亡中

鳴海鉄也:大和の父、五つの首(首、手首、足首)を失くした遺体で発見されるが……
未来の両親:突然姿を消した。関口が行方を知っているらしい……。

鈴木泰成:未来の両親の後輩、要所要所にて不穏な動きを見せるが……
水原:福岡県警所属の巡査。上司曰く「検挙率100%男」。15話より登場。
夏実:泰成の塾の教え子。大和に一目ぼれする。現在は水原と行動を共にしている?14話より登場。

関口:元祖悪徳警官、眼鏡の男の命令に従い大和と未来を追う
眼鏡男:関口に指示を与えている男

沢田幹事長:19話で登場、謎の男を従えているが……
謎の男:シルエットのみ登場した沢田の腹心。実はキーマン?

松葉杖の男:30話で登場、小田切家を訪ねたシルエットの人物。

森田:1話にて関口と共に現われた捜査員。以降、本編に出番なし。
血塗れの男性:元刑事、1話にて殺害される。これは関口の犯行だった
ボート小屋のオヤジ:軍艦島付近でボート小屋を営んでいた。6話で関口に殺害され、この殺人容疑が大和と未来にかかっている。
土居:18話に登場。ミステリ作家兼コメンテーター。三億円を信じていなかった。
島田:5話より登場。関口の部下だったが、19話で失態を犯し関口に処刑された。

【三億円事件当時】

川崎雄大:22話より登場。三億円事件では白バイ警官役を演じたらしい。和子との間に一子をもうける。
望月竜:23話(22話は名前のみ)より登場。雄大と共に三億円事件を実行した。
響子ギブソン:竜の恋人。竜と共に土門への対策を練っていた。
土門:地元の顔役(地廻り)。竜と対立するが……
東海林:25話より登場。土門を追う刑事。雄大の機智に興味を?
沢田慎之介:26話より登場。竜の顔馴染み&雄大の友人、日本の行く末を憂慮していた。28話にて後の幹事長と判明。
横溝:26話より登場。竜の後輩。
和子:27話より登場。雄大と交際中の女性。雄大との子供を妊娠するも事故死。
和子の子供:28話に登場。雄大と和子の子供。未熟児で生まれた。現代篇の誰になるのか?

<第31話あらすじ>

怯える夏実の前に現れたシルエットの正体は水原だった。

一方、“美しい夏より”のメッセージを受けて夏実に電話をかけた未来。
暫くして大和たちのもとへと戻るが、どこか様子がおかしい。

その頃、水原は怯える夏実の相談を受けていた。
水原によれば、夏実の言葉を誰も信用しない限り皮肉にも命を狙われることはないと言う。
夏実の命を奪うことで逆説的に夏実の言葉を真実であると認めてしまうことになるからだ。
ほっと一息つく夏実から携帯電話を関口に奪われたことを聞いた水原は携帯の電波から関口の所在を割り出そうと考える。

同夜、大和&泰成と未来とで別れて部屋をとったところ、未来が姿を消す。
部屋からは未来の鞄と三億円入りスーツケースの鍵が無くなっていた。
どうも、未来が持ち出したらしい。

大和は未来を追う為に、泰成がスーツケースの鍵に仕込んだ発信機を利用することを思い立つ。
黙って仕掛けていたことがバレているにも関わらず悪びれない泰成は、大和のアイデアに同意する。

同時刻、タクシーでひとり何処かへと向かう未来の姿があった。
そして、某所にはひとり待ち構える関口の姿も―――32話に続く。

<感想>

前回の小田切家を訪ねた松葉杖の人物と夏実宅を訪ねた人物は別人でした。
なんと、夏実宅を訪れたのは水原!!
ミスリードに完全に引っかかってしまったようです……。

というわけで、今後、夏実&水原がコンビで活躍しそうですね。
こちらの予想は当たりました。

これで―――

大和たち。
それを追う関口。
それを追う水原&夏実。

の構図が出来上がったか。

そして、姿を消した未来は両親を人質に関口に呼び出されたものと思われます。
つまり、未来の電話の相手は関口だったのでしょう。
それは、夏実が携帯を関口に奪われていたことからも証明済み。
こちらも予想が当たった……か?

ただ、スーツケース自体では無く鍵だけ持って行ったのがどう効果を発揮するのか。
関口の指示か?それとも……?
ここらも気になりますね。

以上、30話に続き大和サイドと夏実サイドから展開された31話。
未来のピンチは続きそうです。

逃亡し続けている大和と未来の明日はどっちだ!!
32話に期待です!!

◆関連過去記事
「ヤングマガジン27号」(講談社刊)より「三億円事件奇譚 モンタージュ」連載開始!!

「三億円事件奇譚 モンタージュ」(講談社ヤングマガジン連載)第1話から30話までまとめ
(各話レビューへのリンクです)

12月10日発売「モンタージュ(2) (ヤングマガジンコミックス)」です!!
モンタージュ(2) (ヤングマガジンコミックス)





10月6日発売「三億円事件奇譚 モンタージュ(1巻)」です!!
モンタージュ(1) (ヤンマガKCスペシャル)





本作の作者である渡辺潤先生が描き伝説のラスト(○○○落ち)を迎えた「代紋TAKE2(62)<完> (ヤングマガジンコミックス)」です!!
代紋TAKE2(62)<完> (ヤングマガジンコミックス)





全巻セットはこちら。
「代紋TAKE2 全62巻完結(ヤングマガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]」です!!
代紋TAKE2 全62巻完結(ヤングマガジンコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]





「RRR(10) <完> (ヤングマガジンコミックス)」です!!
RRR(10) <完> (ヤングマガジンコミックス)





◆渡辺潤先生の作品はこちら。



【関連する記事】
posted by 俺 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。