2011年02月18日

「警視庁心理捜査官 KEEP OUT」(黒崎視音著、徳間書店刊)

「警視庁心理捜査官 KEEP OUT」(黒崎視音著、徳間書店刊)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

警視庁の「心理応用特別捜査官」だった吉村爽子。世を震撼させた連続猟奇殺人事件を見事に解決したが、現場主義の組織と幾多の軋轢を生んだ。結果、爽子は強行犯係主任として所轄署に異動となった。さらにアクの強い刑事たちとの地道な捜査活動の日々。だが、爽子の心理捜査官としての眼は、平凡に見える事件の思わぬ真相を決して見逃さなかった。
(アマゾンドットコムさんより)


<感想>

黒崎視音先生のデビュー作である吉村爽子シリーズ「警視庁心理捜査官」の続編。
「警視庁心理捜査官」については過去記事ありますね。
興味のある方はどうぞ!!

「警視庁心理捜査官(上・下)」(黒崎視音著、徳間書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

そんな黒崎視音先生は性別不明の覆面作家さんです。
正体不明の作家さん。

ここから感想になりますが、批判的なモノとなっています。
正直、目にして不快になる恐れがあります。
あくまで、管理人個人の感想です。
趣味嗜好には個人差があることをご理解の上で先へお進みください。


この黒崎先生。
技巧、語彙力ともに優れた作家さんかと思いますが、「警視庁心理捜査官」シリーズに関してはあんまり……です。

特に「警視庁心理捜査官 KEEP OUT」については致命的に面白くない。
以前“華”について指摘したが、本作ではそれ以前の問題というか……2時間ドラマを活字化したものよりも酷い。
「警視庁心理捜査官」よりも悪化している。
描写や技巧は上手い方だと思うが、根本的に展開があんまり……。

まぁ、これは主観的なものなので面白く感じられる方も多いと思う。
あくまで、個人的な感想としては面白くないというだけなので、興味のある方は読んでみるのもアリかも。

2011年3月1日追記
前作「警視庁心理捜査官」がドラマ化されました。
それに伴い月曜ゴールデン「警視庁心理捜査官・明日香 夫の無念の死を胸に腐敗した警察機構への女一人での復讐…女子大生通り魔殺人事件の血文字に隠された意外な真実とは…」(2月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)追加しました。リンクよりどうぞ!!

<ネタバレあらすじ>

最終話「至急報」をネタバレ書評(レビュー)。

動物が虐待され殺される事件が多発。
地元住民が恐怖に怯える中、とある少女の飼っていた犬が行方不明に。
少女によれば犯人に石を投げつけたと言う。

柳原明日香が現場を任され、捜索を依頼された吉村爽子が乗り出した矢先、今度は人間である主婦が刺される事件が発生。

周囲の聞き込みなどから主婦を刺したのがその息子と判明。
直後に主婦がまたも刺されてしまう。

庇う主婦の口から犯人が息子であると聞き出した爽子。
動物虐待死事件の犯人も息子であると知り、石を投げつけた少女の身に危険が迫っていると気付く。

案の定、少女は襲撃を受けていた。
機転を利かせた爽子により、不意を突かれた犯人は逮捕。

こうして事件は解決したのだった―――エンド。

「警視庁心理捜査官 KEEP OUT (徳間文庫)」です!!
警視庁心理捜査官 KEEP OUT (徳間文庫)





「警視庁心理捜査官 上 (徳間文庫)」です!!
警視庁心理捜査官 上 (徳間文庫)





「警視庁心理捜査官 下 (徳間文庫)」です!!
警視庁心理捜査官 下 (徳間文庫)






【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。