2011年02月16日

【注目】「あたらしいみかんのむきかた」(岡田好弘著、神谷圭介画、小学館刊)が話題に!!

「あたらしいみかんのむきかた」(岡田好弘著、神谷圭介画、小学館刊)という本が話題になっているようです。

「あたらしいみかんのむきかた」はミカンの皮から様々な生きものをつくる工作を紹介した本。

十二支の動物、トナカイ、イカ、鶴、ネッシーなどの作り方を図入りで紹介しており、この本には全25作品が掲載。
一部につまようじやカッターを使うものの、基本は皮を切り出すだけのものと工夫も凝らしている。

感心させられるのは、目にあたる部分にミカンのへたを用いていたり、カエルやカマキリをつくるときは緑色の極早稲ミカンを使うよう勧めている点。
なかなか面白いです。

2011年2月現在で4刷5万6千部に達したとのこと。
興味のある方は下記アマゾンさんのリンクよりどうぞ!!

「あたらしいみかんのむきかた」です!!
あたらしいみかんのむきかた





類似コンセプトの「みかんでつくれるゾウ&仲間たち」です!!
みかんでつくれるゾウ&仲間たち





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 既刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。