2011年03月05日

鉄人28号とミステリ作家の意外な関係!?鉄人28号限定版BOX発売中!!

小学館さんから故・横山光輝先生の名作「鉄人28号限定版BOX」が発売中です。
内容については後述するとして、全5BOX発売予定で3月上旬現在、BOX2まで発売中。

さて、このBOXを此処で取り上げたのには意味があります。
実は、ミステリ作家の先生と深い関係があるのです。

なんと、芦辺拓先生、辻真先先生、瀬名秀明先生がこのBOXに参加されているのです。

<「鉄人28号限定版BOX」内容>

昭和40年前後に光文社から「カッパコミクス」として全20巻刊行された雑誌サイズ(B5判)の「鉄人28号」を3回に分け、それぞれ函入りで復刻。原本の4色、2色も忠実に再現。大判ならではの大迫力紙面で鉄人が甦る!巻末記事…瀬名秀明、芦辺拓、辻真先、いしかわじゅん各氏など、興味深いリメイク小説、コラムも充実。
(小学館公式HPより)


中でも、芦辺拓先生はBOX2にて連載探偵活劇「寝台特急あさかぜ鉄人事件」を上梓されているとのこと。
当然、辻先生&瀬名先生もそれぞれ各BOXに作品を提供していることになります。
これは、横山光輝先生ファンかつミステリファンにとっては垂涎物のコレクションアイテムとなりそうです。

◆関連過去記事

【芦辺拓先生関連過去記事】
森江春策シリーズ関連
・原作である森江春策シリーズ第1作にして初々しい学生・森江青年が初登場する作品はこちら。
「殺人喜劇の13人」」(芦辺拓著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・原作である森江春策シリーズ最新刊はこちら。
「綺想宮殺人事件」(芦辺拓著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・土曜ワイド劇場版「森江春策」シリーズ第1作となった「弁護士・森江春策の裁判員法廷 殺人レシピのさしすせそ」のネタバレ批評(レビュー)も含んでます。
「裁判員法廷」(芦辺拓著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

土曜ワイド劇場「弁護士森江春策の事件 殺人同窓会・すり替った友人の死体〜君は一体誰!!密閉空間の移動トリックで法廷が踊る!?」(8月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・「探偵Xからの挑戦状!」にあなたも挑戦!?「森江春策の災難」ネタバレ批評(レビュー)です。
「森江春策の災難」(芦辺拓著)ネタバレ批評(レビュー)

【辻真先先生関連過去記事】
夢枕獏先生、別名義で短編を執筆!!そして“牧薩次”の正体とは!?

「郷愁という名の密室」(牧薩次著、小学館刊)ネタバレ書評(レビュー)

【瀬名秀明先生関連過去記事】
「デカルトの密室」で知られる瀬名秀明先生が基調講演を!!テーマは「ゲームの知能と小説の感覚 ヒトの宇宙の究極(?) 問題を考える」

あの瀬名秀明先生がノベライズ版「ドラえもん」を手掛けることに!!世界初の試みとのこと

「カラー版鉄人28号限定版BOX1」です!!
カラー版鉄人28号限定版BOX1





「鉄人28号 2 カラー版 限定版BOX」です!!
鉄人28号 2 カラー版 限定版BOX





「カラー版鉄人28号限定版BOX(3) (小学館クリエイティブ単行本)」です!!
カラー版鉄人28号限定版BOX(3) (小学館クリエイティブ単行本)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック