2011年03月19日

科捜研の女・2時間スペシャル「狙われた大型客船!深夜の海上爆破!!奇妙な航路、不規則な数字の秘密!音カメラが暴く逃走迷路」(3月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

科捜研の女・2時間スペシャル「狙われた大型客船!深夜の海上爆破!!奇妙な航路、不規則な数字の秘密!音カメラが暴く逃走迷路」(3月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

京都府警科学捜査研究所の榊マリコ(沢口靖子)らが、科学捜査を駆使して殺人事件に迫るドラマシリーズのスペシャル。謎のテロリスト集団が、大型レストラン船に爆発物を仕掛ける。脚本・桜井武晴、監督・森本浩史。 京都市内で、男性の遺体が見つかる。死因は側頭部に受けた傷だと分かるが、現場に血痕はなく、遺体はどこか違う場所から移されたものと思われた。マリコ(沢口)ら“科捜研”のメンバーは、中途採用試験に合格し、新たな仲間となった宇佐見(風間トオル)と共に鑑定を開始。遺体に残された微細な手掛かりから、遺体の身元が発破技師の岸田(酒井敏也)と分かる。京都府警の土門刑事(内藤剛志)らが岸田のアパートを捜索したところ、彼は来月から始まる空港の拡張工事の現場で働く予定だったことが判明。さらに、プラスチック爆弾の原料となる粘土を隠し持っていたことも明らかになった。間もなく、その粘土から岸田以外の指紋が見つかる。先月、空港の拡張工事事務所に侵入して逮捕された啓子(田畑智子)のものだった。
(@nifty tv番組表より)


まず、先に注意を。

今回の放送ですが、管理人は出先でちょっとずつしか観ていません。
ラストは一応観たので、大筋は合っていると思います。
その点をご了承下さりお進みください。

では、続きから……

出張中の日野に代わり、新たな仲間・宇佐美を加えた科捜研を新たな事件が待ち受けていた。
岸田という男性が殺害されたのだ。

岸田は爆発物の専門家。
岸田宅からはプラスチック爆弾の材料が発見される。
どこかを爆破しようとしているのか?
材料を調べたところ、有村啓子の指紋が検出される。
啓子は兵庫県にある茅ヶ崎空港の拡張工事事務所に侵入し逮捕されていた。

有村啓子の部屋を調べたところ、岸田と同じ爆弾の原材料が発見。
土門は啓子の行方を追う。

啓子が友人に残した電話のメッセージから、啓子が海辺に居ることを突き止めた科捜研メンバー。
ここで、民間から研修に来ているメンバーの1人・泰乃が音カメラを使う捜査を提案する。
音カメラとは音を色として認識する機械。
これによりたびたび鑑定することなく検証することができ、飛躍的な時間短縮が望めるのだ。
あとは、啓子が電話に残したメッセージの背景に流れる音と現地の音を音カメラで比較するだけで居場所を捜すことが出来る。

音カメラを使用したところ、大阪湾を周遊する大型レストラン船付近に啓子が居たことが判明。
マリコは大型レストラン船に啓子が乗り込んだと推理、爆弾がそこに仕掛けられていると考える。
こうして、船内にあると思われる爆弾を捜すことに。

一方、レストラン船内の乗客を調べる土門は、空港拡張工事に携わる業者と自治体の担当者が船に乗り込んでいることを知る。
彼等は啓子と何らかの関連性があるのか?

そんな中、宇佐美が岸田宅から押収した証拠品の地図が大型レストラン船の航路図だと気付く。
その地図には、17時31分以降の航路が存在していない。
その意味するところに気付いたマリコの父・伊知郎はマリコの身を案ずる。

17時31分に爆破される可能性が高いと知ったマリコたち。
リミットまで2、3分しか残されていない。
そこへ爆弾が発見される。
解体作業に挑むマリコたちだが、奮闘虚しく時間が来てしまう……。

悲鳴を上げる泰乃。
だが、爆弾は爆発しない。
確認すると起爆装置が取り除かれていた。
一体、何故!?

混乱するマリコの耳に女性の悲鳴が……駆け付けると啓子が人を突き落としたところだった。
突き落とされたのは自治体の担当者・井上。
啓子は現行犯で逮捕される。

ここで京都府警と兵庫県警との合同捜査に発展。
宇佐美の活躍により井上の遺体が発見される。

その頃、土門は啓子の父・有村が過去に事故死していたことを知る。
有村の死に不審を抱くマリコに、拘束された啓子はレストラン船に連れて行けば全てを話すと要求する。

船上で真相を語り始める啓子。
啓子の父・有村は死亡した井上の部下。
空港建設時に有村と工事を引き受けた業者の癒着を知った彼は告発を決意。
だが、それを察知した井上たちに事故に見せかけ殺害されたのだ。

父の死を不審に思った啓子は真相を追及すべく調査を始めるが、具体的な証拠は見つからない。
だが、父を殺害した者への確信はある。
そこで、父の命を奪った者たちへ復讐する為に岸田と手を組み爆発物による殺害を計画したと言う。
自身ごと爆破するつもりだったらしい。
しかし、肝心の爆弾が爆発せず呆然としていたところ、目の前に当の仇が現われたので天佑とばかりに殺害したのだった。

此処まで告白した啓子は警備の隙を突き、逃走。
船上から海へと身を躍らせてしまう……。

啓子の行方は不明、被疑者死亡で送検された。
こうして、事件は解決したかに見えた。
だが、謎は残されている。
岸田の爆弾が爆発しなかったのは何故か?
そもそも、岸田を殺害したのは誰なのか?

マリコが疑問に思う中、新たな事件が発生。
空港の拡張工事事務所が爆破されたのだ。
こうして、拡張工事は頓挫してしまう……。

マリコは岸田を殺害した犯人は別に居ると確信。
空港に恨みを持つ人物。
ある程度、爆弾に詳しい人物。
爆破された事務所に出入りできる人物。
これらの条件からある人物に絞り込む。

呼び出されたその人物にマリコは決定的な証拠を突き付ける。
それは、靴跡だった。
追い詰められた犯人は、拡張工事が取り止めになったことで目的を達成したからと罪を認める。

その犯人の正体は―――拡張工事の下請業者に勤める従業員の青年だった。
彼の父は地元の漁師で空港建設時から反対運動を行っていたが、金により櫛の歯が欠けるように仲間が減って行くの見て絶望。
空港が建設されるに及んで自殺していた。

息子である彼は父を殺した空港を憎み、岸田を通じて啓子と接触。
同じ父を殺害された子供であるシンパシーを利用して仲間に引き込み、以前から胸に秘めていた爆破計画を推進しようとしたのだ。

だが、啓子が自爆することを知った岸田はギリギリで翻意。
計画の中止か、警察への出頭を持ち出して来る。
そこで、焦った彼は殴りつけたところ、誤って岸田を殺害してしまったのだ。
船に仕掛けた爆弾が不発に終わったのは岸田が細工していたからだった。
本来の目的では、船を爆破する予定地点は空港の埋め立て地の上。
この爆発すらも、空港の拡張工事を中止させる手段に過ぎなかったのだ。

自身こそが正義だと語る彼に、マリコと土門は「無関係の者を巻き込んだこと」、「父親の愛した海を汚そうとしたこと」を挙げ批難するのだった。

こうして、今度こそ本当に事件は解決した。

伊知郎は、政府が設立した東京の新しい研究所に請われて科捜研を去ることに。
後任の所長には日野が就任。
泰乃は科捜研の空気に触れたことで理想を見出し、民間を辞し科捜研で働き続けることになった。

マリコと土門はと言えば、消息が杳として知れない啓子について想いを馳せるのだった―――エンド。

<感想>

2010年9月16日に放送されて以来、ちょうど半年ぶりの「科捜研の女」となりました。

一本テーマに沿ったシナリオで、なかなか良かったかなと思います。
ただ、サブタイトルにもある音カメラが紹介程度の扱いだったことがちょっと不満かな。
せめて、決め手に使って欲しかったかも……。

それにしても、音を色に変換するという発想は凄いですね。
共感覚を思い出しました。
そう言えば、「キョウカンカク」の主人公・音宮美夜も音を色として視ることが出来る能力の持ち主でした。
「キョウカンカク」についてはネタバレ書評(レビュー)ありますね。
興味のある方はどうぞ。

「キョウカンカク」(天祢涼著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

さて、スペシャルとなるとシリーズレギュラーの異動に注目されますが、今回はマリコを支え続けた科捜研の大黒柱・伊知郎が去ることとなりました。
これは大きな損失ですね。
現在の「新・科捜研の女」シリーズは、マリコと土門の友情(愛情?)とマリコと伊知郎の親娘関係が大きな2本柱となっているのでこの1本が失われるのは痛いかなぁ……。
少なくともシナリオの幅が狭くなることは間違いなさそう。
あるいは、人情モノを制限してリアル路線に走るのか?
そうすると、「科捜研の女」のもともとの持ち味に帰ることになるのかな。
後任の所長が日野であることや、宇佐美の加入を見るとアリそうだ。

それにしても……2時間ドラマを普通に視るだけのことがこんなに幸せだとは思いもしませんでした。
今後も2時間ドラマを愛する多くの人が、のんびり普段通りに笑って(時には泣いて)ドラマを視ることが出来ればと願って止みません。
一刻も早い復興を望みます。

◆関連過去記事
【科捜研の女】
科捜研の女2時間スペシャル「恐怖の200メートル狙撃疑惑の体内弾道!?矛盾する発射タイミング!!京都〜小豆島、逃げる女vs迫る狙撃者の謎」(3月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

科捜研の女スタートスペシャル「狙われた科捜研!残された指紋容疑者にされた研究員DNAの罠!仕組まれた誤認逮捕!!接点なき二つの殺人」(7月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

木曜ミステリー 科捜研の女・最終回スペシャル「予告された連続殺人刑務所の中からの告発無実の人間が殺される京都の街を殺意で結ぶ五本線の罠」(9月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【木曜ミステリー関連過去記事】
・「853〜刑事・加茂伸之介」
「853〜刑事・加茂伸之介」(テレビ朝日、2010年)
各回ネタバレ批評(レビュー)あります。

・「女刑事みずき」
京都ミステリーSP 女刑事みずき「二人きりの特命捜査…毒殺事件は序章だった!!死者が死者を隠す殺人トリック!?偽りの夫婦、哀しき過去」(6月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・「京都地検の女」
木曜ミステリー 京都地検の女スタートスペシャル「母を殺しにきた天才画家!上海〜京都、34年目の再会が招いた殺意!!二つの名を持つ女の謎」(10月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【沢口靖子さん主演ドラマ】
月曜ゴールデン 警視庁機動捜査隊216〜長い夜「眠らない街で交差する二つの殺人…エリート女性がなぜ売春を?大都会に潜む心の闇に機捜が迫る!リミットは24時間!?」(7月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン 夏樹静子サスペンス「見えない貌〜イソ弁里村タマミの事件簿〜ダムに美しき水死体!出会い系美人妻の孤独と禁断愛…真相を追う母を襲う新たな殺人…真実のカギは親子愛」(6月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「科捜研の女 オリジナル・サウンドトラック」です!!
科捜研の女 オリジナル・サウンドトラック





「新・科捜研の女’06 VOL.1 [DVD]」です!!
新・科捜研の女’06 VOL.1 [DVD]





「新・科捜研の女’06 VOL.2 [DVD]」です!!
新・科捜研の女’06 VOL.2 [DVD]





「新・科捜研の女’06 VOL.3 [DVD]」です!!
新・科捜研の女’06 VOL.3 [DVD]





「新・科捜研の女’06 VOL.4 [DVD]」です!!
新・科捜研の女’06 VOL.4 [DVD]





「新・科捜研の女’06 VOL.5 [DVD]」です!!
新・科捜研の女’06 VOL.5 [DVD]






【関連する記事】
この記事へのコメント
2011年3月17日に、放送された科捜研の女スペシャル。
福島の方では、放送されませんでした。  
震災で、放送されませんでした。 
いつ、放送されるんだろうか
Posted by キラ at 2013年07月02日 17:07
Re:キラさん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

上記「科捜研の女 狙われた大型客船!」の放送日程についてお知りになりたいとのことで、出来る範囲になりますが調べてみました。

調べた範囲でのお答えとなりますが、放送日程については残念ながら分かりませんでした。
お力になれず申し訳ありません。

実際にドラマを視聴することとは異なるとは思いますが、「あらすじ」で良ければ本記事をご覧頂ければと思います。
Posted by 俺 at 2013年07月03日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。