2011年03月25日

アガサ・クリスティ原作「ねじれた家(Crooked House)」が映画化!!

ミステリーの女王であるアガサ・クリスティ。
彼女の業績が、現在のミステリの創業を為したと言っても過言ではありません。
この意見に否定的な方でも、彼女の功績それ自体を認めない方はいないでしょう。

そんなクリスティの作品のひとつ「ねじれた家(Crooked House)」が映画化されることが明らかになりました。

映画化される「ねじれた家」とは―――

<あらすじ>

ねじれた家に住む心のねじれた老人が毒殺された。根性の曲がった家族と巨額の財産を遺して。内部の者の犯行と思われ、若い後妻、金に窮していた長男などが疑心暗鬼の目を向け合う。そんななか、恐るべき第二の事件が……マザー・グースを巧みに組み入れ、独特の不気味さを醸し出す童謡殺人。(解説 末國善己)
(早川書房公式HPより)


2011年3月27日追記
「ねじれた家」(アガサ・クリスティ著、早川書房刊)ネタバレ書評(レビュー)追加しました。
リンクよりどうぞ!!

気になる映画版については―――

「ゴスフォード・パーク」でアカデミー賞脚本賞を受賞したジュリアン・フェローズが脚色。
監督には、ニール・ラビュートを迎えるとのこと。
2011年3月時点ではキャストは不明。

詳細は下記関連外部リンクよりどうぞ!!

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・アガサ・クリスティの傑作「ねじれた家」が映画化(エイガドットコムさん)
http://eiga.com/news/20110324/1/

◆関連過去記事

【書評(レビュー)】
・「ホロー荘の殺人」ネタバレ書評(レビュー)
「ホロー荘の殺人」(アガサ・クリスティー著、中村能三訳、早川書房刊)

・ポアロシリーズ最終作「カーテン」ネタバレ書評(レビュー)はこちらから。
「カーテン」(アガサ・クリスティー著・中村能三訳 、ハヤカワ書房刊)

【イベントその他】
アガサ・クリスティー生誕120年展覧会開催中!!

早川書房、アガサ・クリスティー賞を新設!!

金沢にてアガサ・クリスティー原作「検察側の証人」舞台上演決定!!

舞台「検察側の証人」東京公演決定!!

「名探偵ポワロ」ニュー・シーズン DVD-BOX3は2010年12月3日発売開始!!

アガサ・クリスティ「ポアロにうんざり」発言にファン「え〜〜〜っ!!」と叫ぶ

「ザ・リッツ・カールトン大阪」にて「アガサ・クリスティー ナイト」開催!!

【注目】「アガサ・クリスティ大事典」が話題に

「名探偵ポワロ DVDコレクション」刊行中!!

第1回「アガサ・クリスティー賞」募集締め切られる!!果たして状況は!?

映画原作「ねじれた家」です!!
ねじれた家 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)






「ゴスフォード・パーク [DVD]」です!!
ゴスフォード・パーク [DVD]





アガサ・クリスティーを語るには下記の3作は必須!!
是非、この機会に一読を!!

「そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)





「アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)





「オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。