2011年04月23日

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査 私の夫が連続殺人犯?レモンの匂いと消えたハーブ畑の謎」(4月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査 私の夫が連続殺人犯?レモンの匂いと消えたハーブ畑の謎」(4月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

福原太一(石塚英彦)は、警視庁捜査一課の警部。キレ者として名高いが、同時に食に対する探究心も人一倍旺盛なものがある。
ある日、福原は、友人の小宮山健(杉崎真宏)と奥多摩にある隠れ家レストランを訪れた。オーナーシェフの河島真砂子(雛形あきこ)は美人で気立てもよく、料理も素晴らしかったが、健によると、彼女の夫で陶芸家の河島孝之(寺泉憲)は癇癪持ちで有名な気難しい人物だという。
 
そこへ以前、事件を通して知り合った奥多摩署の椿和美刑事(藤谷美紀)が、上司の野口警部補(宇梶剛士)と共にやって来た。近くの別荘で女性2人が一昨日の夜から行方がわからなくなったため、調べに来たという。だが、その直後、雑木林で女性の遺体が発見されたという報が入る。事件発生を知った福原は、野口たちと一緒に現場に向かった。
見つかったのは、行方不明になっていたイベント会社の経営者・前島苑子(松田沙希)の遺体だった。現場の血痕が少ないため、どこか別の場所で殺され、林まで運ばれて遺棄されたものと思われた。 
もうひとり行方不明になっているのは、苑子と共に会社を経営する吉岡由利(藤井聖子)で、2人は最近、由利に交際相手ができたのを機に、もめていたという。由利は、つきあっている男にそそのかされ、会社から手を引き、持ち株も手放そうとしていたらしい。仲違いした由利が苑子を殺し、逃走したのか…!? それとも由利も何者かによってすでに殺されているのか…!?

その後、正式に奥多摩署の捜査に協力することになった福原は、由利が飼っていた愛犬がおなかを空かせているのではないかと気になり、エサをあげに行く。
すると、元気になった由利のイヌは突然走り出し、河島の窯場から血のついたハンカチを見つけ出してしまう。 だが、河島は「陶芸家にとって窯は神聖な場所だ」と激怒し、捜索を拒否する。
イヌはさらに走り出したが、まもなく、そのイヌの奇妙な動きを見た福原は、林の中のある地点に目をつけ、そこを掘ってほしいと言い出す。理由もわからないまま野口がブツブツ言いながら堀りはじめると…なんと由利の死体が埋められているのが見つかったのだ! 
だが、犯人はなぜ由利の死体だけは埋めて、苑子の死体は埋めなかったのか…!? もし由利を犯人に見せかけるつもりならば、苑子の死体のそばに由利の遺留品を置いておけばよいのに、由利の血のついたハンカチが河島の窯の中から発見されたことも気になった。しかも、2人の死亡推定時刻には2時間も開きがある。福原は、この事件は単純な殺人事件ではないとにらむ。

その矢先、以前、由利と交際していた美術店主・松永幸一(池田政典)が捜査線上に浮上する。松永は、由利に黙って、有名な陶芸家だった由利の祖父の作品を売却し、彼女からその代金1,000万円の支払いを迫られていた。
だが、疑われた松永は、河島こそが怪しいと訴える。河島は由利の祖父の弟子だったため彼女から下僕のように扱われ、この付近一帯の地主である彼女から最近、強く立ち退きを迫られていたというのだ。その矢先、河島が犯人であり、彼は殺人鬼だという匿名の通報も入って…!?
(土曜ワイド劇場公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

河島孝之が死体で発見される。
これにより、孝之が苑子と由利を殺害したと結論付けられてしまう。

しかし、福原はこの結論に疑問を抱く。

捜査線上にカメラマン・波多野洋一が浮上。
実は、波多野の実母は孝之の前妻・河島輝子。
輝子は洋一を里子に出したものの陰から支援を続けていた。
だが、輝子は数年前に行方不明になってしまう。
洋一は河島孝之が輝子を殺害し、どこかに埋めたと疑っていたらしい。
しかも、洋一は由利と男女の関係にあった。

一方、河島真砂子は真犯人に心当たりがあり、その犯人を告発したいので協力して欲しいと椿に申し出る。
しかも、埋もれ火との謎の言葉を呟く真砂子。

真砂子は洋一の妻・美奈代に接触を開始する。

直後、美奈代に黙って洋一を呼び出した真砂子。
洋一と真砂子は密会する。
そこへやって来た美奈代。
その表情は怒りに満ち溢れ、手にはナイフが……。

「洋一を返して」と真砂子を襲う美奈代だがそこへ椿が現われ、美奈代を取り押さえる。

事件の真相を語り始める美奈代。

洋一と由利が不倫していることを知った美奈代は嫉妬から由利を殺害。
途方に暮れていたところを洋一が帰宅。
ここで洋一は、輝子が埋められている場所を暴く為に警察に介入させるべく孝之の窯に埋めようとした。
ところが、そこを由利を心配した苑子に見つけられてしまう。
そこで、口封じに苑子も殺害することに。
こうして、由利は埋められ、苑子は放置された。

疑惑が自身に向けられるよう仕組まれたことから、洋一の関与を察した孝之は洋一を詰問し、美奈代に殺害されたのだ。

苑子、由利、孝之殺害は洋一と美奈代夫妻の犯行だったのだ。
こうして事件は解決……していなかった。

もう一件、輝子の事件が残っている。
福原は真砂子が埋もれ火と口にしたことから、過去に美奈代同様の殺害を行ったと推理。
輝子を真砂子が殺害したと断定する。

否定する真砂子だが、輝子の遺体が発見され観念することに。

こうして、事件は真に解決したのだった。

笑い合う福原と椿たち―――エンド。

<感想>

福原警部シリーズ3作目。
シリーズ生みの親は浅見光彦シリーズの作者である内田康夫先生。
ちなみに、シリーズ前作にして2作目となるドラマはこちら。

土曜ワイド劇場「内田康夫の福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査“幸せなカップル”の心中の理由」(6月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

では、早速批評(レビュー)を。

う〜〜〜ん、割とかき回した割には微妙なところに落ち着いた感じ。
シリーズ前作の方がトリックメインぽくて面白かったかなぁ……。
微妙でした……うん、微妙。

ちなみに同じ内田康夫先生の浅見光彦シリーズは2012年に完結する旨を先生が宣言されています。
こちらの動向も注目です。

内田康夫先生から浅見光彦シリーズ完結宣言が!!「最後の事件」は2012年に!!

<キャスト>

福原太一:石塚英彦
椿 和美:藤谷美紀
南田署長:宅麻 伸
河島真砂子:雛形あきこ
野口警部補:宇梶剛士
北島 誠:賀集利樹
山崎悠子:原 千晶
河島孝之:寺泉 憲
波多野洋一:田中幸太朗
波多野美奈代:村井美樹 ほか
(公式HPより、順不同、敬称略)


◆関連過去記事
あなたに内田康夫先生の本に登場する権利を上げよう!!by大日本印刷&角川書店

名探偵・浅見光彦さん、卒業証書授与される

【内田康夫先生著作関連記事】
「死線上のアリア」より「死あわせなカップル」(内田康夫著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

【浅見光彦シリーズ(フジテレビ版)】
金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ第36弾 鐘」(1月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ37・長崎殺人事件『肥前路島原・長崎〜父の殺人容疑の陰に悲恋の過去現場に残された短刀と蝶々夫人のロザリオに秘められた驚愕の真実とは?』」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ38最新作・十三の冥府「呪われた津軽王朝〜古代史の謎を追う者は殺される!?20年前の産婦人科で何が起きた?連続殺人事件のカギは子守歌」(9月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ39 遺骨「淡路島の古寺に隠された骨つぼに巨悪の影!秘密を知った者は次々殺される!絶対に知られてはいけない黒い過去とは?遺骨に隠された驚愕の真実」(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【浅見光彦シリーズ(TBS版)】
月曜ゴールデン 内田康夫作家30周年 浅見光彦シリーズ29「菊池伝説殺人事件〜火の国熊本で出会った謎の美女と名門一族を襲う連続殺人!一門の掟と哀しき恋・光彦が見た血塗られた記憶」(2月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【内田康夫先生原作ドラマ】
金曜プレステージ 内田康夫ミステリー・湯布院殺人事件「遺産相続を巡る旧家の呪い霧の里で起こった骨肉争いに次々人が消える犯罪心理のプロ和泉が暴く悲しい家族の怨念待望の新シリーズ!」(11月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜ブレステージ「内田康夫旅情サスペンス岡部警部シリーズ〜シーラカンス殺人事件〜幻の魚奇跡の捕獲に仕組まれた完全犯罪物言わぬ生きた化石のみが知る陰謀とは!?」 (11月27日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

【その他関連過去記事】
2010年6月12日、世田谷部文学館にて内田康夫先生講演会開催!!

・2010年5月30日まで開催されていました「ミステリーウォーク2010『記憶の中の公園』」についての記事です。
浅見光彦の住む町で推理に挑戦!?

2011年3月5日「小説舞台を巡る“名探偵★浅見光彦ワールド!横浜ミステリーWalk”」開催!!

福原警部が活躍する短編が収録された「死線上のアリア (徳間文庫)」です!!
死線上のアリア (徳間文庫)





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

内田康夫サスペンス・福原警部3
Excerpt:  テレビ朝日系の土曜ワイド劇場で23日に放映された「内田康夫サスペンス・福原警部」の第3弾。原作は、「逃げろ光彦」の収録されている「埋もれ火」。原作には、福原警部は登 ...
Weblog: 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]
Tracked: 2011-04-30 09:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。