2011年04月15日

【推理完了!?】探偵Xからの挑戦状!「殺人は難しい」(貫井徳郎著)第2回配信分(4月15日配信)ネタバレ批評(レビュー)

【推理完了!?】探偵Xからの挑戦状!「殺人は難しい」(貫井徳郎著)第2回配信分(4月15日配信)ネタバレ批評(レビュー)です!!

まず、昨日の批評(レビュー)ですが、拓真の友人の名前を誤って「鈴木」としておりました。
実際は「三木」です。

で、なんでこの訂正を此処に記すかと言うと、第2回配信を読んだところ、この友人の名前が重要である可能性が非常に高いと思われる為。
詳しくは【管理人の推理】部分をお読みください。


登場人物一覧:
あたし:主人公、拓馬の妻
拓馬:あたしの夫
三木:拓馬の友人
ミホ:あたしが拓馬の携帯で見つけた名前

推理投票は2011年4月19日から!!

下記のあらすじについては「携帯で配信する」との「番組の意義」を考えて、あくまで管理人版のあらすじに留めています。
正確な内容をお知りになりたい方は携帯サイトかミステリーメールよりご確認されることをオススメします。


<第2回配信分あらすじ>

パスワードを解除し、拓馬の携帯を確認した「あたし」は大きな衝撃を受ける。
其処には「ミホ」という見知らぬ女性の名前がたびたび登場していた。

拓馬の浮気は間違いない!!

ショックと共に裏切られた気持ちでいっぱいの「あたし」。
拓馬との蜜月を思い返す―――。

あの頃は良かった。
邦画や洋画などを拓馬と一緒に楽しんだ日々。

しかし、韓国ドラマを拓馬が視るようになってからは字幕を読むのが苦手なあたしは吹き替えまで待たねばならず拓馬とドラマを楽しむ事が出来なくなった。

次第に1人の時間が増え、その時間を埋める為にナンプレを嗜むようになった。
「あたし」はクロスワードよりもナンプレが好きなのだ。

それにしても、まだ見ぬ相手・ミホが憎い。
「あたし」はミホへの殺意を募らせていった―――第2回了。


とりあえず、今の段階だと殺害の対象は拓馬では無くミホに向いている様子。
では、ここから【管理人の推理】です。

とりあえず、第1回で述べた拓馬女装説は消えました。
ミホ=拓馬なら自分自身に携帯で連絡を取る必要はない。

しかし、管理人は基本路線である「拓馬に浮気相手は居ない」は正しいと考えています。
それは、シナリオ上「あたしは思わぬミスを犯す」筈なので、まず考えられるミスが「拓馬に不倫相手はいない」ことだと思われること。


ここで、管理人は「あたしは日本人では無い」との推理を展開したく思います。


これには、第1回あらすじに書き洩らしてしまった「あたしは漢字が苦手」が大きな意味を持つ。
さらに、同じく第1回「あたしが本棚に積まれた自身の本の背表紙を読むときに首を傾げた」も同様。
他には、第2回の「あたしは字幕が苦手、吹き替えが好き」や、「クロスワードが苦手、ナンプレが得意」も。

これらはそれぞれ。

・「漢字が苦手」=そのまま。漢字が読めない。

・「あたしの本の背表紙を読むときに首を傾げた」のは「それが横文字表記の本だった(英語)」から。

・「字幕が苦手、吹き替えが好き」=漢字が苦手なので字幕が読めない。音として日本語は分かるので吹き替えが好き。

・「クロスワードが苦手、ナンプレが得意」も、日本語に詳しくないのでクロスワードが苦手。ナンプレは数字なので得意。

つまり、「あたし」は日本語を話すことは出来るが、読み書きは苦手なのだ。

ここから、主人公「あたし」は日本人ではなく、日系人かそれに近い外国籍の人物の可能性が高い。
主人公が名前ではなく「あたし」の一人称なのはそれを隠す為ではないか。
おそらく、映像化されることも考慮に入れると、「あたし」は日系人かアジア系の設定となるだろう。
この推理が正しければ「あたし」の本名は外国名となる。

で、この設定を受けると具体的なミスの内容も明らかに。

「あたし」は日本語を話すことは出来るが、読み書きは苦手……だとすると、携帯の「ミホ」の表記が怪しくなってくる。

ここで拓馬の友人・三木に注目。

「三木」と「ミホ」……字が似ていませんか?

つまり、「あたし」が浮気相手だと思っている「ミホ」は拓馬の友人「三木」の勘違いの可能性が高いのだ。

これは公式の登場人物一覧に「三木」と「ミホ」が表記されていないことも傍証となりそう。
併記しちゃうと明らかなので。

それもこれも、「あたし」が「日本人では無く、漢字が苦手」なために起こったミスだったのだとの結末になるのではないでしょうか。

これなら、設問としても活きてきそうな感じです。
まだまだ油断はできませんが、今のところはコレを推理としておきます。

果たして3話は如何なる展開を見せるのか……楽しみです。

◆「殺人は難しい」前回までの批評(レビュー)はこちら。
探偵Xからの挑戦状!「殺人は難しい」第1回配信分(4月14日配信)ネタバレ批評(レビュー)

ちなみに、参考までに「殺人は難しい」の公式HP上のあらすじとその作者・貫井先生のデータをまとめてみたので推理の手掛かりにどうぞ!!

<「殺人は難しい」あらすじ>

「あたし」(内田亜希子)は、理想的な夫・拓馬(永岡佑)と結婚できたことを心から喜んでいた。ところが、いつしか、その拓馬が浮気をしているのではないかという疑惑が心に芽生え、ついには押さえがたいまでに膨らんでいった。
そしてある日、拓馬の携帯電話の中に、決定的証拠とも言える女の名前を発見する。狂気にかられた「あたし」は、女の居場所をつきとめて、そして・・・。
今回は、「刑事コロンボ」や「古畑任三郎」のように、殺人犯の側から事件が描かれる“倒敍ミステリー”。証拠を残さず、完璧に行われたかに見える殺人。しかし、犯人が犯した一つの「ミス」で、事件は意外な展開を見せる。あなたは果たして、名探偵のように、犯人の「ミス」を見抜き、事件の真相に迫ることができるだろうか?
(NHKさん公式HPより)


<貫井先生データ>

個人的な感想だと割と叙述を多用される方。
本作品にも意外なトリックが潜んでいるかもしれない。
時系列や「あたし」との人称などにも注目すべきか。
さらに、貫井先生と言えば「ななつのこ」で知られる加納朋子先生の旦那様でもあります。
そんな貫井先生の傾向と対策は下記過去記事からどうぞ。

【貫井徳郎先生関連過去記事】
「乱反射」(貫井徳郎著、朝日新聞出版刊)ネタバレ書評(レビュー)

「慟哭」(貫井徳郎著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「光と影の誘惑」(貫井徳郎著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)


◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・「探偵Xからの挑戦状!」公式HP(NHKさん)
http://www.nhk.or.jp/tanteix/

◆関連過去記事
【「探偵Xからの挑戦状!」シーズン3情報】
「探偵Xからの挑戦状!」が3度帰って来る!!シーズン3放送決定!!出題者には北村薫先生、貫井徳郎先生、米澤穂信先生と豪華作家陣の名が

「探偵Xからの挑戦状!」シーズン3続報!!

【続報】「探偵Xからの挑戦状!」シーズン3、担当回&シナリオタイトル&出演者判明!!

【最終報】「探偵Xからの挑戦状!」シーズン3、シナリオ内容が明らかに!!そこにはサプライズが……。

「探偵Xからの挑戦状!」シーズン3、放送延期!!

【速報】延期されていた「探偵Xからの挑戦状!」シーズン3が2011年4月21日より放送決定か!?

【続報】「探偵Xからの挑戦状!創刊準備スペシャル」が「NHKワールド プレミアム」にて2011年4月14日(木)に放送決定!!

【確定報】「探偵Xからの挑戦状!シーズン3」放送は2011年4月21日から。14日にはスペシャル版がスタート!!

【貫井徳郎先生関連過去記事】
「乱反射」(貫井徳郎著、朝日新聞出版刊)ネタバレ書評(レビュー)

「慟哭」(貫井徳郎著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「光と影の誘惑」(貫井徳郎著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【北村薫先生関連過去記事】
「冬のオペラ」(北村薫著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

【米澤穂信先生関連過去記事】
書評(レビュー)対象著作一覧
当ブログにてネタバレ書評(レビュー)した作品のまとめです。

【「探偵Xからの挑戦状!」シーズン2ネタバレ批評(レビュー)】
探偵Xからの挑戦状! メゾン・カサブランカ(解決編) ネタバレ

探偵Xからの挑戦状!「殺人トーナメント」本放送(11月5日)感想

探偵X「殺人トーナメント」最終解答への道!!

探偵Xからの挑戦状!「殺人トーナメント」解決編ネタバレ感想(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!「記憶のアリバイ」(11月18日)本放送ネタバレ批評(レビュー)

探偵X!「記憶のアリバイ」完全解答への道!!

探偵Xからの挑戦状!「記憶のアリバイ」解決篇(11月25日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

・シーズン1より「森江春策の災難」(芦辺拓著)ネタバレ批評(レビュー)です。
「森江春策の災難」(芦辺拓著)

「探偵Xからの挑戦状! (小学館文庫)」です!!
探偵Xからの挑戦状! (小学館文庫)





「探偵Xからの挑戦状! season2 (小学館文庫)」です!!
探偵Xからの挑戦状! season2 (小学館文庫)





「探偵Xからの挑戦状! DVD-BOX」です!!
探偵Xからの挑戦状! DVD-BOX





「綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(1) 安楽椅子探偵登場 [DVD]」です!!
綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(1) 安楽椅子探偵登場 [DVD]





「安楽椅子探偵 ON AIR [DVD]」です!!
安楽椅子探偵 ON AIR [DVD]





【関連する記事】
posted by 俺 at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 探偵Xからの挑戦状! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
日本人ではないっていう推理に驚きました。でもいわれてみるとそうかもしれません。

私も最初から「三木」ってのを「ミホ」って読み違えたんではないかってことには気づいたんですが、なかなかそこまでは考え付きませんでした。

最終章まで読んで、私が出した答えは
「三木と飲んでた」ってのは「三木」ではなく、「ミキ」っていう人だったのではないかと。
で、携帯に登録してた「三木」ってのは「ミキ」って子をわざと漢字にして登録していた・・・という推理ですw

それか、旦那の好きな子っていうのは、
三木さんなのかなぁ〜とか、ホモ説も考えてみたりw

長文失礼しましたー;;
Posted by MiSaki at 2011年04月19日 15:24
Re:MiSakiさん

こちらこそ、はじめまして(^o^)/。
管理人の“俺”です!!

現在のところ、管理人は「三木は女性ではないか」と考えています。
確か未確認なのですが「三木が男性」である記載はなかったように思います。

拓馬が友達と言っていたので「女友達」の可能性もあるかな、と。

でも、確かに「ミキ」説も捨てがたいですね。
現実にもありそうな対処法ですし。

う〜〜〜ん、ギリギリまで頭を悩ますことになりそうだ……。


Posted by 俺 at 2011年04月19日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。