2011年04月30日

土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス鉄道捜査官 伊勢鉄道引き返せない単線列車からの脱出トリック!!2000万円の絵馬が連続殺人の謎を解く」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス鉄道捜査官 伊勢鉄道引き返せない単線列車からの脱出トリック!!2000万円の絵馬が連続殺人の謎を解く」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

花村乃里子(沢口靖子)は、警視庁鉄道捜査隊東京駅分駐所に所属する鉄道捜査官。新たに分駐所に赴任してきた課長の野川一郎(筧 利夫)はまったくやる気を見せず、乃里子の後輩・立花広太郎(金子昇)らは冷ややかな目を向けていた。

そんなある日、“村田みゆき”と名乗る女性が、分駐所に妙な落し物を届けに来た。それは扇の形をした絵馬で天狗の絵が描かれていた。「落し物は忘れ物保管所に届けて下さい」というと、彼女は「急いでいるから」と逃げるように絵馬を託して去って行ってしまう。
記入した住所がデタラメなことに気づいた乃里子が後を追うと、みゆきは2人組の男たちにバッグを奪われ、階段から突き落とされたところだった。乃里子たちはすぐにみゆきを救急病院に搬送するが、彼女はまもなく病院から姿を消してしまう。

絵馬が事件に関係していると考えた乃里子が忘れ物保管所を訪ねると、すでに落とし主が名乗り出ていた。橋本慎二(河相我聞)という男で、彼は業務上横領で起訴され、先週、拘置所を出たばかりだった。
橋本が泊まっていたビジネスホテルを乃里子たちが調べたところ、あの絵馬が見つかった。その絵馬は2枚が貼り合わされていて、内側に何かを挟んで隠していたことがわかる。

乃里子は、橋本が勤めていた会社“貴島ホールディングス”の社長・貴島慶介(浅野和之)を訪ねる。貴島は橋本を横領罪で告訴した張本人だったが、乃里子は社長室の前で大学の後輩・涼子(伊藤裕子)と再会。キャリアウーマンだった涼子は、貴島の強引さに負けて結婚を決めたと話す。貴島ホールディングスはショッピングモールを全国展開している会社で、涼子はこれから夫と共に、新規出店する三重・松阪に出張するという。

そんな中、みゆきを襲った2人組のひとりの身元が判明する。不動産ブローカーの佐伯弘輝(金山一彦)で、内縁の妻によると、三重県に行くといって今朝早く家を出たという。あの天狗の絵馬も、三重県にある神社のもの…。
すべての手がかりが三重県に関係していると直感した乃里子は、立花らと共に三重県に向かう。すると、橋本には三重県で出会った“三田村加奈”(中原果南)という恋人がいるとわかる。その加奈こそが、絵馬を分駐所に届けて逃げた“みゆき”だった。
やがて加奈の父・重雄(志賀圭二郎)が不審な死を遂げたことを知った乃里子たちは、かつてその事件の捜査に当たった元刑事・渡部達郎(大鶴義丹)に話を聞くが…!?
(土曜ワイド劇場公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

橋本と加奈は恋人同士だった。
しかも、加奈の父・重雄が貴島たちにより死亡したことが判明。

直後に貴島が殺害されてしまう。
佐伯には鉄壁のアリバイが。
復讐殺人の可能性が浮上し、必然的に容疑は橋本と加奈へと向かうが……。

貴島に続き新社長となった合田も殺害。
またも、佐伯と原口には鉄壁のアリバイが。
乃里子たちは橋本と加奈への疑惑を決定的とするが、野川は判断を保留する。
そんな野川に「煮え切らない」と不平を洩らす広太郎たち。

だが、野川が別に真犯人が居ると主張し始めるに従い、反撥していた乃里子も彼に賛同。
じょじょに意見がまとまり始める。
やがて、乃里子たちは殺害の実行犯を佐伯と原口と睨み、アリバイを崩すことに成功。
佐伯と原口は実行犯に過ぎず依頼主と接触するに違いないと考えた乃里子たちは罠を張ることに。

一方、そうと知らない佐伯と原口。
その前に現れた依頼人の正体は涼子と―――渡部!?

涼子たちが佐伯たちに殺害の成功報酬を払おうとしたそのとき、乃里子が登場し涼子たちを犯人であると指摘する。

貴島殺害は佐伯の犯行。
佐伯は、高田本田を経由し伊勢中川方面へ戻るとそこで乗り換え、近鉄大阪線快速急行で現場へ向かい貴島を殺害したのだ。

合田殺害は佐伯と原口の犯行。
合田は外で殺害されたのではなく、涼子宅で殺害されていた。

このトリックにより2件ともアリバイを成立させていたのだ!!

そして、渡部は重雄の死の真相を知りながら、貴島に恩を売るべく揉み消していた。
渡部は悪徳警官だったのである。
そのうちに涼子と男女の関係となり、社長の椅子と金を手に入れる為に殺害を指示したのだ。

渡部の命令で、乃里子に襲いかかる佐伯と原口。
そこへ立ち塞がったのはなんと野川!!

野川は華麗な体捌きで佐伯と原口を圧倒。
蹴散らしてしまう。

こうして、佐伯と原口、渡部も逮捕された。

涼子は貴島と結婚したものの彼の冷たさに絶望。
渡部に愛を求め、利用されてしまったと嘆く。
そんな涼子に、罪を償うよう促す乃里子。
涼子もまた連行されていく。

事件は解決した。

橋本と加奈は事件を通じ絆を深め、結婚を決意する。
一方、新課長・野川の活躍に、彼を蔑視していた課員たちも見直すことに。
新生「警視庁鉄道捜査隊東京駅分駐所」が軌道に乗り始めるのだった―――エンド。

<感想>

「鉄道捜査官」シリーズ12作目。
前作よりほぼ一年を経ての登場となりました(前作放送は2010年4月10日)。
残念ながら&意外なことに、このシリーズの過去記事はありません。

原作は西村京太郎先生の「十津川警部」シリーズ。
「鉄道捜査官」の原作は「十津川モノ」だったんですねぇ、これまた意外。

ちなみに前作で地井さん演じる倉田課長は辞職しているので前作を視ていなかった人は注意!!

では、ドラマ版感想を。

今回は新加入の野川課長のお披露目回でしたね。
他はあんまりだったかな……。
視てて「おっ」と思う箇所が無かった。
従って感想も少ないです。

「“好き”の反対は“嫌い”ではなくて“無関心”」とはよく聞くが、「“面白かった”の反対は“面白くない”よりも“感想?別にないねぇ”」なのかもしれない。

<キャスト>

花村乃里子:沢口靖子
野川一郎:筧 利夫
立花広太郎:金子 昇
三崎真弓:今村惠子
望月春樹:長谷川朝晴
手塚真理絵:山村紅葉
貴島涼子:伊藤裕子
橋本慎二:河相我聞
三田村加奈:中原果南
渡部達郎:大鶴義丹 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


◆関連過去記事
【月曜ゴールデン版の十津川シリーズはこちら】
月曜ゴールデン「十津川警部シリーズ44 特急ソニック殺人事件〜十年目の真実〜・DVDは殺人指令か?北九州の連続殺人に隠された驚愕の事実は」(4月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【土曜ワイド劇場版の十津川シリーズはこちら】
土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー 伊豆の海に消えた女(西村京太郎スペシャル 伊豆の海に消えた女特急踊り子160分間の殺意!遺書と指紋の罠十津川警部vs謎の5人の美女)」(10月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎スペシャル 山形新幹線・つばさ111号の殺人!謎の駅に途中下車のトリック十津川警部vs黒い帽子の女…」(2月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス(西村京太郎トラベルミステリー55) 寝台特急カシオペア殺人事件・函館駅6分停車の罠!走る密室で妻が誘拐され消えた…十津川警部に謎の挑戦状!!」(11月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【金曜プレステージ版の十津川シリーズはこちら】
金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像3 危険な判決「許されざる復讐心…容疑者への憎悪が生む第2の殺人…ナイフに刻まれたギリシャ語が示す真犯人の殺意」(10月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像2「都民1300万人を誘拐した…都知事への脅迫電話で始まる連続殺人事件…死体に隠された秘密とは?愛と憎しみの復讐劇」(6月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【原作者・西村京太郎先生関連記事】
・関連するドラマはこちら。
金曜プレステージ 西村京太郎スペシャル警部補・佐々木丈太郎「告白〜狙われた小学校…次々殺される育児放棄の親達!容疑者は女教師、生徒が目撃者崩壊した教室で何が」(8月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・関連するその他の事柄はこちら。
西村京太郎先生が選ぶ自身のベスト3作品とは?

「湯河原文学賞」作品募集!!(審査員をされてます)

「第二回麻雀トライアスロン 雀豪決定戦」に綾辻行人先生&西村京太郎先生が参加!!

「鉄道」ということで今回はこちら。
「芸能界鉄道研究会 鉄研 濃縮版[DVD]」です!!
芸能界鉄道研究会 鉄研 濃縮版[DVD]





他にはこんなものも!!
「箱根登山鉄道 あじさい電車 箱根湯本~強羅 往復(Blu-ray Disc)」です!!
箱根登山鉄道 あじさい電車 箱根湯本~強羅 往復(Blu-ray Disc)





「線路を楽しむ鉄道学 (講談社現代新書)」です!!
線路を楽しむ鉄道学 (講談社現代新書)





【関連する記事】
この記事へのコメント
はじめまして。

鉄道捜査官、今回ちょっとテンポが悪く、
途中で寝てしまいました。
(ーー;)

最後に涼子が連行されたシーンで起きたのですが、
犯行動機が判らず、コチラでとても助かりましたm(__)m

涼子と渡部の設定俳優陣が、最初から怪しいと思って観てしまいましたが、ヤハリ…!!でした(笑)

ネタバレありがとうございました。m(__)m

Posted by ベアトリーチェ at 2011年05月01日 01:48
Re:ベアトリーチェさん

こちらこそ、はじめまして(^o^)/。
管理人の“俺”です!!

今回の鉄道捜査官は、総じてちょっと盛り上がりに欠けましたね。
メリハリも余り無かったような気がします。

一方で、キャストは豪華でした。
これこそが「2時間ドラマ」とでもいうべき布陣でしたね。
そこをもっとシナリオ面に活かせていればなぁ……。

管理人の拙い批評(レビュー)ですが、お役に立てたようで良かった!!
批評(レビュー)については、今後も続けられるだけ続けていくつもりですので宜しくお願い致します(^o^)/。
Posted by 俺 at 2011年05月01日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。